提案です。ウルトラクイズ復活への道①

アメリカ横断ウルトラ・クイズの裏話を書いていますが、読んで戴いているのは、当時番組を見てくれた皆さん、或は親や兄弟、友人、知人に噂を聞いた皆さんだと思います。

何れにしても、クイズ大好きな皆さんに違いありません。

先日ウルトラ・クイズのスタッフの同窓会がありました。

30年以上前の番組ですから、亡くなった方もいましたが、当時と同じように元気な顔も結構いました。

但し、頭のテッペンはそれぞれ変化して、時の流れには逆らえない事を思い知りました。

blog_import_53c399792296f

そこで、あの番組を復活させたいねえ、との話も出ましたが現実的に日本テレビで復活の可能性はゼロでしょう、が結論でした。

理由は、当時と異なり、あのような莫大な予算を組める番組は現在のテレビ業界では無理、との事です。

とは言え、ウルトラ・クイズも当時面白いがこんな番組は無理各テレビ局で拒否された企画だったのです。

無理、で諦めていたのならあの番組は生まれませんでした!!

日本テレビの木曜スペシャルのプロデューサー、石川和彦氏が「木曜スペシャル」の一本でやろう、と決定したのです。

石川氏はエジプトの砂漠の中に、ピラミッドを建てるような破天荒な企画を実現した敏腕Pだったのです。

そこで、私達は石川氏へこの企画を持ち込んだのです。

企画書の冒頭にある知力・体力・時の運とは何か? と尋ねられました。

時の運とは誰でも知っているジャンケンです。ジャンケンに負けたら羽田まで行っても飛行機に乗れないのです。

「馬鹿気てるけど、面白そう!」と乗ってくれました。

以後、石川氏自身も企画会議に参加し、アメリカ大統領に親書を渡す、大統領のそっくりさんを出演させる、など無責任な案が次々出されたのです。

結果的には1本では収まらず、3回に分けて放送。それが、当時驚異的な視聴率を上げたので、その後、17年も続いたのでした。

その意味では、石川氏は育ての親と言えます。産みの親は我々構成者が所属していた制作会社の山崎社長でした。

残念ながら、産みの親も育ての親も鬼籍に入り、同窓会には出席出来ませんでした。

さて、本題に入ります。

クイズ大好きな皆さんが、ウルトラ・クイズを懐かしく思っている理由は、次の通りでしょう。

1、今のテレビでは視聴者参加のクイズ番組が少ない。

2、芸能人が出るクイズ番組は多数ありますが、お笑い芸人の話術に面白さを求め、形式や解答者の楽しさが見えない。

そこで提案です。私は、ウルトラ・クイズの基本である「知力・体力・時の運」を生かした番組制作に再度トライしたいと思います。

とは言え、最初からテレビの地上波を目指す必要はありません。

今はインターネット時代です。SNS、ツイッターなどを含めスマホやパソコンなどで、個人の意見を誰でも発信できます。

先ずは、この様な「媒体」の中で、クイズ番組を始めるのが第1歩ではないでしょうか?

勿論、スポンサーも無ければ、制作会社も参加していないので、賞品、制作費も決まっていません。

従って「ウルトラ・クイズ準備委員会」を募集、若い学生さんから、往年のクイズ経験者まで、多くの人の参加を希望します。

最初に集まった皆さんで、番組として完成させるまでの計画を作りたいのです。

幅広い年齢層の、アイディアを歓迎します。

スタートが楽しい番組であれば、参加者も協力者も増え、インターネットで話題になるでしょう。

準備委員会の仕事は、ウルトラクイズ実現への目標を定め、どんな方法で番組にするのか?

私はパソコンの知識が乏しいので、詳しい人の知識も大歓迎です。思わぬアイディアが出そうで期待します。

私の腹案では、最終的に「復活・世界1周ウルトラ・クイズ」勿論テレビの地上波です。

それまでの段階では、連絡船を使用した「復活・日本1周ウルトラ・クイズ」ユーチューブでの番組が適当かと思います。

放送の媒体も、一歩づつ進歩させ、最終的にテレビの地上波を目指します。

私自身、夢のある腹案も多数ありますが、順次発表したいと思います。

先ずは「ウルトラ・クイズ準備委員会」のメンバーを募集いたします。

このメンバーで、会議を行いながらどのような手順で進めるかを検討したいのです。

東京都内で集まるので、近郊の人が望ましいです。ウルトラ参加者で本土上陸経験者を歓迎します。

勿論、若いクイズ愛好者は大歓迎です。

希望者は、氏名、クイズ好きなエピソード、ウルトラとの関わりなどをダイレクト・メッセージでお知らせください。

ウルトラクイズ復活への道②をお楽しみに。

 

東京オリンピック期待の星

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、現代の話題に結びつく問題が時々出て来ます。

時代が変化しても、世の中の出来事は繰り返されるという事ですね。

最近は、スポーツ選手の活躍が話題になりますが、サッカー、野球、テニスなどの陰に隠れ活躍ぶりが薄れている選手がいます。

水泳の池江璃花子選手の活躍ぶりです。彼女は16歳の高校2年生ながら、9種目の日本記録を樹立しています。

ブログ用写真

現在は「世界水泳2,017」がハンガリーのブタペストで、7月30日まで開催中ですが、池江選手の活躍は世界を驚かせています。

と、言うのは自身の持つ日本記録を次々と更新しているのです。

彼女は、水泳の全種目が得意で、特に個人メドレーでバタフライが群を抜いて好記録を出しています。

さて、ウルトラ・クイズでもバタフライに関するクイズ問題がありました。

第8回のグアムでの問題でした。

問・水泳のバタフライ、そのけり足の元祖となった動物は何?

答・イルカ

解説 以前は、バタフライの足は平泳ぎと同じ蛙足で泳いでいました。

しかし、1,954年日本の長沢二郎選手によって、イルカの泳ぎ方を取り入れたドルフィン・キックが完成したのです。

これによって、バタフライの記録も著しく更新され、現在では蛙足の選手は皆無と言って良いでしょう。

現在が16歳の池江選手。2年後の東京オリンピックでは18歳で尤も体力的に充実している年代です。

結論として、金メダル候補の最有力選手と期待できますね。

「本日の裏話」は、クイズ問題から話は進み、東京オリンピックの明るい希望のお話でした。

 

サッカー少年が奇跡の生還

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は「旬」の話題から作られた例が多く、それだけに視聴者も興味を持ちました。

今月の話題の中で、世界中の興味を集めた出来事に、タイのサッカー少年の洞窟騒動がありましたね。

言うまでも無く、サッカー少年12名とコーチを合わせた13名が、洞窟の中で仲間の誕生パーティーを計画しました。

洞窟を5kmほど進んだ処で、大雨となり戻れなくなって、何日も閉じ込められてしまった出来事です。

この災難が世界に報道されると、世界中からプロのダイバーが駆けつけ、救出作戦が始まりました。

ここで、登場するのが水中を潜るスキューバー・ダイビングの道具です。

実は第14回のタヒチで、このスキューバーに関する問題が出されていました。

問・ダイビング用具の「スキューバ」を発明したフランスの軍人は誰?

答・クストー

解説 第2次大戦中に、海軍の兵士だったクストーは特攻兵器の1つとしてスキューバーを考案しました。

彼は退役後、海洋学者、映画製作者として、数々の業績を残していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドキュメンタリー映画「沈黙の世界」は世界の映画賞をそうなめにし、アカデミー賞も獲得していました。

それだけに、この映画を観た人も多く、「海の恋人」と呼ばれたクストーの名前は世界中に知れ渡っていたのです。

話は戻って、タイのサッカー少年達13名は、ダイバー達の協力で奇跡的に救助され、目出度しメデタシで終わりました。

まだ、気は早いのですが恐らく、今年の重大ニュースでは「奇跡の生還」で取り上げられる事でしょう。

本日の裏話は、スキューバー・ダイビングのクイズ問題と、今年の世界の重大ニュースとの関わりについてのお話でした。

常識も時代によって変化する?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の常識が中心に創られていました。

日本の教育制度では、義務教育で基本的な常識を身に付けるようになっているので、普通の日本人は常識を備えているはずです。

学校で習った事を記憶していれば、必ず出来る見本のような問題が、第16回のグアムの早押しクイズで出されていました。

問・太陽系の惑星。火星と金星の間にあるのは地球。では、土星と火星の間にあるのは何?

答・木星

解説 太陽系の惑星、太陽から近い順に理科の時間に習ったはずですよね。

記憶の方法として、水、金、地、火、木、土、天、海、冥と記憶した人は多かったと思います。

ブログ用写真

これを瞬間的に思い出せば、木星との答えは出せた問題でした。

尤も、これはクイズの行われた平成4年の話で、現在は太陽系の惑星の概念が変わっています。

実は、2,006年に国際天文学連合の総会で、冥王星は太陽系の惑星では無いと定義されたのです。

宇宙は広いですから、科学の発達で観測も正確さが増し、新しい発見や意見が出て来るのは当然の成り行きです。

結論として、時代の変化で科学の常識も変化するとの事です。

「本日の裏話」は、1つの問題から太陽系の常識が変わった発見でした。

 

外国の事情を探る

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、世界各地の知識から作られた問題も多数ありました。

国内だけでなく、目を世界に向けると興味のある事象が沢山あり、知識の奥行きが深くなります。

こうした人は知識欲が旺盛で、クイズの好きな人にはこのタイプが多いですね。

さて本題に戻り、外国の都市に関わる問題が第16回の東京ドームの1次予選で出ていました。

問・オランダの首都、アムステルダムは、アムステルという川にダムが造られたためにこの名がついた。〇か×か?

答・〇

解説 あまりに単純で、思わず笑いが出そうな問題でした。

これは単なる引掛け問題だ、と考える人が半分。否、そうした事実を発見したので問題にしたのだ、と深読みをする人が半分。

恐らく、正解を知っていて〇に走る人は皆無だろう、と我々は予想していました。

予想の通り、会場の挑戦者は迷いに迷って、他人の動きを気にして判断が尽きません。

MCはいつものように「他人の事は気にするな。自分の判断で動こう」と呼びかけます。

オランダの首都アムステルダムは、その昔アムステル川の河畔にあった小さな漁村でした。ブログ用写真

この川に13世紀ダムを造り、港町として、栄えてきたのです。運河沿いに立つ住宅は、独特の美しさを残しています。

現代では、ヨーロッパのハブ空港であり、世界中から旅行者が訪れる国際都市として有名です。

オランダと言えば風車、ドン・キホーテが思い浮かびますね。最近では、スケート王国のイメージが高く、冬季オリンピックでは金メダルを独占状態で獲得しています。

平昌(ピョンチャン)オリンピックでは、1,000mで小平奈緒、高木美帆のコンビが金メダルを取って溜飲を下げました。

ブログ用写真

実は、小平奈緒選手はオランダに2年間留学し、オランダ式の練習を繰り返し成果を上げたとの事です。

外国の1つの都市でも、深く調べると興味深い話が様々思い浮かんできます。

本日の裏話は、その1つの例をご紹介しました。

 

 

 

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話