テレビ番組の良き時代

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は日本人の常識の範囲で造られていました。

常識は、時代の変化によって変わるもので、現代の常識は10年後20年後になると全く通じなくなる事があるかも知れません。

その様な典型的な問題が、第14回のグランドテイトンで出されていました。

問・ラジオCMが六月から解禁になり、来年一月にはテレビのスポットCMも解禁になる、おかたい業界は?

答・銀行

解説 当時はスポットCMだけで、番組提供の広告は行わないものとし、実施後、状況を見て見直しを行うとの事でした。

今から三十二年前のクイズ問題で、その頃は景気が良かったのかテレビやラジオのCM で宣伝したい企業が多かったのです。

また、メディアの側も強気で企業の質を厳選し、問題の起こりそうな業種のCMは幾らお金を積んでも了承しませんでした。

具体的に挙げるなら、健康食品、美容整形のように結果が明瞭に判断出来ない業種のCMは不可能に近かったのです。

処が、現代のテレビのコマーシャルを思い起こしてください。健康食品のオンパレードといっても過言ではありません。

朝のワイドショーから、夜中の深夜番組まで、大小健康食品メーカーの通販のCMで溢れています。

昔は、お堅い職業の銀行でさえCMを流せなかったのですから、クレジット会社など無理なのは当然でした。

しかし、令和の現代では「各種のカード会社」のCMも上位にランクされるほど目立つ存在ですね。

メディアは国の認可事業ですから、細かな規則の上に成り立っていて、思い付きで勝手な事は出来ません。

更に、放送倫理番組向上機構(BPO)との組織がNHKと民放連の加盟各社によって組織、不当な発言や番組を監視しています。

従って、番組の制作者は好き勝手に番組を造る事は出来ません。一部のお笑い芸人が、勝手に遊んでいるような番組もあります。

しかし、収録時は兎も角、編集でカットするので、放送上の問題は起こらないように気を配っているのです。

昔のように思い切った番組が無いのは、こうした事情があるからなのです。

その点、ウルトラ・クイズの名物「罰ゲーム」などは現代では絶対に許されないでしょうね。

テレビ番組が、自由に面白かった時代が懐かしいです。

本日の裏話は、メディアのCM事情に付いてのクイズ問題から、古き良き時代の番組を懐かしく思い出す話になってしまいました。

最近は「コロナ騒動」で、昔の番組が再放送されています。この際、良い時代の番組をじっくりと楽しみましょう。

熟年の懐かしい思い出の地?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は日本人の常識を問う問題が基本でした。

日本は昔から天皇家を中心に歴史を重ねて来た国です。明治維新後は憲法で、天皇は国の「象徴」であり元首とされています。

元首ですから、国民は天皇家の歴史は当然として、天皇家の事情を知るべきで立場にあります。

そこで、天皇家に関する簡単な常識問題が第16回のレイクパウエルで出されていました。

問・皇室の御用邸は日本に三カ所あるが、須崎、葉山ともう一つはどこ?

答・那須

解説 那須の御用邸は一九二六年に栃木県那須郡に作られたもので、三カ所の中では二番目に作られていました。

一番古いのは神奈川県三浦郡の葉山御用邸で、一八九四年。須崎の御用邸は一九七一年に静岡県下田市に作られました。

中でも、葉山の御用邸は東京に近い事もあり、湘南地域の夏の海水浴場として人気の浜辺となっていました。

特に、葉山は昭和の人気スター石原裕次郎の出身地で、太陽族の発祥の地として若者の聖地的存在でした。

昭和三〇年代~五〇年代までは、アロハシャツを着た若い男女が数多く集まっていました。

大磯海岸、江ノ島、鎌倉、逗子、それに葉山、湘南海岸の黄金時代といっても良いかも知れません。

熟年の皆さんに取っては、若き日の思い出の地になっている方も多いのではないでしょうか。

本日の裏話は、皇室の御用邸に関するクイズ問題から、熟年の皆さんには、懐かしい日の思い出につながりました。

それにしても今年はコロナ騒動で、湘南地方の海水浴場は全面的に閉鎖されています。

「GO TOトラベル」に関しても、全国的に波紋が大きく何時になったら、この騒動は収まるのでしょう?

毎回お馴染みの結論! コロナよ、消えて無くなれ~ ですね。

祇園祭の歴史を覗くと?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の常識となっている事柄から多くのクイズが創られていました。

常識といえば、誰でも知っていると思われますが、そうはいかないのが世の中です。

常識を知らない人、知っていても守らない人、人は様々ですから世の中を平穏にわたるのは大変と言えるでしょう。

日本人の風習、習慣、言葉の常識の中にも知っている人、知らない人がいるのは当然ですね。

そこで、皆さんはこの「諺」の本当の意味を問う問題がありましたのでご紹介しましょう。

第8回のフィラデルフィアの準決勝で出された次の問題です。

問・ことわざ「あとの祭り」の祭りとはどこの祭り?

答・京都の祇園祭

解説 祇園祭には前の祭りと、あとの祭りがあります。前の祭りは山鉾(やまほこ)やお囃子で賑やかなお祭り騒ぎです。

処が、あとの祭りは、山鉾もお囃子もないので、見物人も少なくて面白く無いという事からこの諺が生まれたのです。

この祇園祭は八坂神社の祭礼で、貞観年間(9世紀)に疫病の流行があり、無病息災を神様に祈念したのが起源です。

前の祭りは7月14~16日。後の祭りは7月21~23日。本来なら本日は「後の祭り」の最中です。

しかし、本年は「コロナ騒動」の影響を受け、4月に祭りのハイライト山鉾巡行の中止が発表されました。

歴史を辿ると、この様に祇園祭の中止は何度もあり、最初は「応仁の乱」の時だったそうです。

また、安土桃山時代には織田信長が殺害された本能寺の変、或は将軍や上皇の死、戦争などで何度となく中止はありました。

「コロナ騒動」以外の疫病では1879年コレラの流行で11月に延期などの他、第2次世界大戦中は取りやめになっていました。

祇園祭に限らず、全国各地で行われる「祭り」は地元の人間には大切な仕来りですが、喜べない時代には中止も止む終えません。

誰もが心から喜べる平和な時代。今まで日本はそんな日が永い事続いたので、我々は平和呆けしていたのかも知れませんね。

本日の裏話は、諺のクイズ問題から「祇園祭」の歴史にまで話が及んでしまいました。

それにしても今回の「コロナ騒動」と「応仁の乱」や「本能寺の変」が祇園祭中止の同じ原因に並ぶとは驚きですね。

こうなったら世界中の神様に祈願する「世界共通の祭り」を創設したら? こんな話を真面目に考える国あるわけ無いよね~。

 

庶民の娯楽NO1

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、森羅万象の中から日本人の常識となっている事象を問うのが基本でした。

日本人の常識ですから、老若男女を問わずまた時代を乗り越えて、何時の時代でも通用する知識なのは言うまでもありません。

第11回、今から30年以上前のニュージャージで行われた準決勝で、現在の状況にピッタリの問題が出されていました。

問・将棋で勝負を翌日に持ち越す場合、その日の最後の一手を指さずに手紙を書いて次の日まで立会人が保管する事を何という?

答・封じ手

解説 「コロナ騒動」や「大雨による洪水」で暗い出来事の多い今年の夏、唯一明るい話題が将棋の王位戦でしょう。

高校生の藤井聡太七段が挑戦する、第六一期王位戦七番勝負第二局が、7月13、14日に札幌市で行われました。

対戦相手は「中年の星」と呼ばれる木村王位。年齢差が親子ほどありながら、藤井七段が木村王位に勝ちました。

第3局は、8月4・5日に兵庫県神戸市で行われる予定で、全国の将棋愛好家の楽しみと注目を集めています。

この対戦は、連日ニュース番組で報じられ「封じ手」に関しても作法と細部に亘るルールが紹介されていました。

何れにしても、将棋は古く江戸時代から庶民の「遊び」として日本人に親しまれたゲームなので、一般常識となっています。

尚、7月16日に第91期棋聖戦で藤井聡太君は渡辺明棋聖と対戦し、17歳11か月の最年少でタイトルを獲得。

遂に「棋聖」と呼ばれる名誉を得たのです。おめでとう!

将棋には伝説的な「名人」も数多いのですが、その代表的な人物を一人ご紹介しましょう。

明治から昭和にかけて活躍した阪田三吉で、北条秀司・原作による新国劇「王将」のモデルになった人物です。

この作品が大当たりした為、舞台や映画で何度も再演されました。

更に、村田英雄の歌謡曲「王将」のモデルになり、将棋ファンに限らず日本中の人々に愛唱されました。

将棋の強さで伝説となった人物は、阪田三吉を頂点として名前を上げれば数限りなく存在します。

日本人にとってはそれだけ愛好者の多い遊びであり、ゲームだったという証拠でしょう。

本日の裏話は、将棋のルールのクイズ問題から、庶民の娯楽である将棋に関する伝説的なお話でした。

それにしても「将棋」が面白いのは、大ベテランのお爺ちゃんと小学生が対等に戦えるし、孫が勝つ場合も珍しくありません。

高齢化社会の現代、年齢を超えて楽しめる「将棋」こそ日本の国技にしたら如何でしょう?

「うーん、小さな子供に、頭を使って負けるのは耐えられない」それは、年寄りの冷や水といって若者に嫌われますよご用心!

 

 

 

高校野球の聖地物語

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、その時代の人々の関心の高い出来事から多くの問題が創られていました。

今になって問題を見ると、「ああ、そんな事もあった」と懐かしい出来事が思い浮かびます。

また、「歴史は繰り返される」という言葉もあるように、或る周期で同じような事象があるようですね。

今年は、コロナ騒動で世の中は大騒ぎですが、同時に異常気象で各地に洪水が起こるなど災難の多い年でもありました。

今年に似たような時代が第14回平成2年、30年前に有ったようです。レバノンで出された次の問題です。

問・今年は大分県大野郡の「黒土」と兵庫県西宮市の「白い砂」をプレゼントしました。これはどこの土?

答・甲子園

解説 クイズの行われたレバノンと聞けば、中東の国を思い浮かべるでしょうが、実はカンザス州の小さな田舎町なのです。

しかも、地平線の彼方まで見渡せば真っ平らな畑ばかり。実はレバノンこそアメリカ合衆国の地理的なヘソなのです。

そこで、各州の州都までの距離を測り、クイズに正解すれば州都までの距離が得点となりその合計が五千キロになれば勝ち抜け。

つまり、アメリカの地理が頭に入っていれば、上手く行けば二問で勝ち抜け、運が悪ければ5問6問と正解しなければなりません。

さて、甲子園の土ですが、高校野球で甲子園に出場した記念に選手達が毎年持ち帰る姿が有名ですね。

図らずも今年は選抜高校野球が中止になりました。その代り各地域の選抜高が一対一で、一試合だけ甲子園で戦える事に決定。

しかし、彼らは自分の手で土を持ち帰る必要はありません。

何故なら、甲子園球場をホーム・グランドにしている阪神タイガースの監督以下全選手が粋な計らいをしたのです。

日本高野連に加盟する高校の野球部の三年生全員に、甲子園の土の入ったキー・ホルダーをプレゼントしたのです。

この土は、タイガースの選手全員が総係りで集めたもので、歴史上初めての美談と言えるでしょう。

高校野球の甲子園大会は1,915年、全国中等学校優勝野球大会として豊中球場で第1回が行われました。

その後、1,924年の第10回大会から甲子園球場に変更され、春の選抜大会、夏の高校野球大会共に甲子園で行われています。

プロ野球選手の多くが、甲子園の土を踏んでいるために野球少年の憧れの地です。

とは言え、甲子園に出なくてもプロ野球で活躍した選手は多勢いますが、野球選手にとっては聖地で有る事は確かでしょう。

本日の裏話は、甲子園球場の土のクイズ問題から、高校野球の歴史に話が及んでしまいました。

処で、話題のキー・ホルダーは、遅くても8月中には高校の三年生の野球部員に届く手はずになっているそうです。

結論として、タイガースの選手って素晴らしいですね。成績も今のところは快調だし観客も入ったし頑張ってくださ~い。

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話