日本語の数の数え方はややこしいデス。

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本語の知識を試す問題が多数ありました。

日本人なら当然理解している一般常識、やや難解な知識、更に専門家しか知らない高度の知識とレベルは分かれています。

高度の知識は、準決勝、決勝戦のようなクイズに強い人達の戦いで出されましたが、普通は一般常識の問題で争いました。

日本語には、昔から伝わる決まり事があり、その中でも義務教育で学習するものに、数の数え方があります。

第8回のサンフランシスコで、数え方の間違い易い典型的な問題がありました。

問・習字に使う墨の数え方は?

答・一丁二丁

解説 数の数え方は、昔からローソクのように長い形のものは「丁」で数えていました。

また、豆腐も一丁、二丁と数えていますが、若しかすると昔は形も長かったのかもしれませんね。

但し例外もあって、刀は長くても「丁」ではなく「振り」と数えていました。

これは振り下ろして切り口をつける事から「口」の漢字を使いますが「ふり」と読むのが一般的だったそうです。

一方、鉄砲も長いので「丁」ですが、漢字は「挺」と書くように区別されているのです。

数の数え方、箪笥は「一 棹」、これは長持ちなどの数え方に由来するもので、昔は同類と考えられていたのでしょう。

動物の数え方もそれぞれで、ウサギは鳥と同じで一羽二羽、牛や馬は「頭」、犬や猫、キツネ、狸は「匹」。

では、同じ四本足の鹿は? 頭なのか、匹なのか判然としないので迷ってしまいます。

長い歴史の中で作られた、数の数え方。これを正しく使うのは結構大変で、日本語って難しいですね。

本日の裏話は、ややこしい日本語の中でも、若者が混乱しそうな数の数え方の常識でした。

熟年の皆さんは、若者が間違えても非常識!などと攻めずに優しく教えてあげましょう。無駄に生きてた訳でない証拠として……。

金魚に関する疑問?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、誰もが疑問に思える事象を取り上げたものが多数ありました。

これらは「素朴な疑問」との分類で、書籍も多数出ていますが我々の問題は、そうした書籍からの記憶では解けません。

何故なら、問題には作者が出典を記さなければ、問題選考会議を通過しないシステムになっていたからです。

従って、作者自身が疑問に感じた事象を、自らが調査し正解を導き出しているので、新鮮なイメージがあったのでした。

そんな素朴な疑問の問題が、第9回のグアムの突撃〇✖泥んこクイズで出されていました。

問・「デメキン」は、生まれた時から目が出ている。○か×か?

答・✖

解説 デメキンは春に生まれ、目が出て来るのは秋口になってからだそうです。

金魚は生まれた時は、だいたい同じような姿をしており、半年くらいでそれぞれの姿に変身し、成長するようです。

そもそも金魚は、フナの突然変異を人為的に選択し、観賞用に交配を重ねた結果生まれた鑑賞漁なのです。

原産地は中国で、日本に伝来したのは1,502年和泉国堺でした。しかし、飼育方法や養殖技術が伝わらず、定着しなかったのです。

何んとも杜撰な伝来で、笑い話のようです。

金魚の特徴の一つは独特な尾の形です。フナ尾、三つ尾、吹き流し尾、孔雀尾など多数あります。

色は白、オレンジ、金色、赤、黒などが混ざっていたり、単色だったり様々です。

大々的に養殖が始まったのは、江戸時代の初期。その後、メダカと共に庶民の愛玩物として広まったのです。

毎年春になると、金魚売の姿が江戸市中に見られるようになり、金魚すくいが庶民の遊びになったのです。

又、金魚鉢もそれぞれ工夫され、江戸城などでは豪華な金魚鉢が飾られ、映画やドラマでご覧になった方も居るでしょうね。

金魚の寿命は10年~15年で、池のように広い場所で成長すると30Cmにもなる事があるそうです。

本日の裏話は、初夏に相応しい金魚の疑問に関する情報を幾つかご紹介しました。

金魚すくいは夏祭りの定番ですが、近頃観賞魚としては熱帯魚に押され気味です。金魚は値段は安価なのに惜しいですね~

 

日本史は面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本の歴史に関連する問題が時々出てきます。

日本史の中では、歴史年表に準じて登場人物、誰と誰の戦い、文学、演芸など細かな出来事をクイズ問題にしていました。

中でも一般に日本史が苦手という方の意見を聞くと、人の名前が覚え難いとの指摘があります。

同じ人物が、何度も名を変えたり、親の名前を息子が継いだりするので何代目〇〇となるので混乱し易いとの話もあります。

要は、記憶するのが面倒! という事で日本史を敬遠する事になってしまうようです。

そんな日本史の中でも、比較的覚えやすい「戦い」の問題がありました。

第4回のニューヨーク決勝戦での問題でした。

問・勝負を決する天王山とは、秀吉と誰が戦った山か?

答・明智光秀

解説 1,582年(天正10年)豊臣秀吉が天王山に布陣して、光秀を迎え討ったもので、別名山崎の戦いと呼ばれています。

これは本能寺の変を受け、備中松山城の戦いから引き返してきた秀吉軍が、山崎で布陣を敷き光秀軍を迎え討った戦いです。

この時の勢力は、秀吉軍40,000。これに対して光秀軍は16,000で力的には劣っていました。

この戦いでは、有名な言葉が三つ生まれ、日本語として永く使われるようになっています。それは、以下の通りです。

「洞ケ峠」。有利な方に味方しようと眺めている日和見な人物を指す言葉で、筒井順慶がその人でした。

「三日天下」。本能寺の変から、光秀が敗れるまでの期間で実際は12日~13日ですが、極端に短い日で三日と表現したようです。

「天下分け目の天王山」。大阪と京都の境界に位置する山崎の事で、歴史的には「関ヶ原の戦い」もこのように表現されました。

これは、徳川家康と石田三成の戦いで、家康軍が勝利し江戸時代と呼ばれる長い平和な時が流れました。

江戸時代から明治維新を経て、近代、現代となるのですが、我々は江戸時代までの出来事を日本史問題と呼んでいたのです。

本日の裏話は、比較的解り易い日本史のクイズ問題と、歴史から生まれた日本語のお話でした。

歴史は、書籍やドラマになる素材が多く、ノンフィクションなので調べると結構面白い分野です。

近頃は「歴女」と呼ばれる歴史好きな女性が増えているようで、若しかすると女性の方が勉強が好きなのかもしれませんね~。

名作映画の歴史を振り返る

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には「映画」の枠がありました。

映画ファンは多いので、国内、洋画などを含め名作と呼ばれた作品のキャスト、監督、映画賞などの問題が多かったです。

古い作品から新作まで、幅広く映画を観た人が関連の知識は豊富で、有利になるのは当然です。

日本映画の中で、数多く映画化された文学作品に関する、典型的な問題があったのでご紹介しましょう。

第5回のアカプルコで、作品の主演女優から映画の題名を問う問題がありました。

問・田中絹代、美空ひばり、鰐淵晴子、吉永小百合、内藤洋子、山口百恵。この六人が主演した共通の映画は?

答・伊豆の踊子

解説 この作品は日本を代表するノーベル賞作家、川端康成の自伝とも言える名作で、読んだ方も多い事でしょう。

それだけに、その時代を代表するトップ女優が主演し、各映画会社が競って映画化しました。

因みに最初の映画化は、松竹で昭和八年。田中絹代さんは伝説的な女優なので、名前はご存知の方も多いでしょう。

しかし、当時映画を観た方は少ないと思うので詳しくは割愛。

戦後の第一作は昭和二十九年。当時の人気スター、美空ひばりで相手役は学生スターだった若き日の石浜朗さん。

監督は野村芳太郎、この作品以下はご覧になった人も多いと思いますが、いずれも時代を代表する人気女優ばかりでした。

共演者は当時の人気スター、監督もヒット作品の多い巨匠と呼ばれる人達が担当しています。

最後の作品は山口百恵さんと三浦友和さんで、二人は結婚し百恵さんは人気絶頂の時に芸能界を引退してしまいました。

熱烈なファンの復帰の声も大きいのですが、残念ながら願いはかなえられていません。

それだけに、伝説のスターとして永く日本の芸能史に残る事でしょう。

名作「伊豆の踊子」は映画では六作品創られ、日本の映画史に足跡を残しています。

本日の裏話は、映画化された文学作品に関するお話でした。

現在も、現役で活躍中の関係者も多い作品だけに、ご覧になった方は、久々に当時を思い起こす事でしょう。

 

番組の中の落とし穴とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、世の中の8割~9割の方が正解出来る超易しい問題がありました。

こうした問題は、特別な時に出題される場合が多く、番組の名物である「落とし穴」と呼ばれていました。

具体的な例を説明しましょう。

第6回の羽田空港、ジャンケン・クイズの時に使われた「落とし穴」です。

ジャンケンで3回勝てば、文句なく航空券を獲得。飛行機に乗れるのがウルトラ・クイズの売り物でした。

処が、「落とし穴」には悪魔の企みが潜んでいたのです。即ち、勝者は超簡単なクイズに正解しなければなりません。

若し、そんな易しい問題を誤答する人間には罰として、勝者の権利を敗者に譲るというものです。

その超簡単な問題とは?

問・映画「男はつらいよ」の主人公 ”フーテンの寅さん”の本名は?

答・車寅次郎

解説 フーテンの寅さんは、老若男女問わず日本人の誰からも愛された人物で、本名を知らない人は罰ゲーム行となった訳です。

ウルトラ・クイズの合い言葉は、知力、体力、時の運。

物知りで知力があり、健康で体力があっても、運が無いと勝者になれないのが特徴の番組だったのです。

「そんなの、クイズ番組としてアンフェアだ」との意見もあるでしょう。

でも、我々は単なるクイズ番組とは考えず、視聴者が楽しめるクイズ・ドキュメンタリー番組として制作していました。

従って、敗者には過酷な罰ゲームをプレゼント。貰ったご当人は四苦八苦、それを見た視聴者は大笑いです。

そのような「落とし穴」を毎日考えるとは、悪魔のようなスタッフですね。

でも、多くのライバルを倒し、クイズ王になった勝者には、素晴らしい賞品を用意したのです。

それが又、アッ!と驚くようなオチがあるとは……。

やっぱり、悪魔のようなスタッフでした。

今だから話せる裏話、本日は超易しいクイズ問題の陰には、必ず「落とし穴」が仕掛けてあるとのお話でした。

テレビが大衆娯楽の王様だった昭和時代は、こんな企画に大金を掛けるテレビ局があったという自由な時代でした、懐かしい。

 

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話