tsutomu のすべての投稿

プラスチックが公害に!

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、新旧様々な知識を試す問題が多数ありました。

中には、最近ではあまり使われない材質や言葉の問題も時々含まれています。

第7回のジャスパーで、次のような問題がありました。

問・童謡「青い目の人形」で、人形の材質は何?

答・セルロイド

解説 野口雨情・作詞、本居長世・作曲の「青い目の人形」は昔は日本人なら誰でも知っていた童謡でした。

でも、最近ではテレビで流れるアニメの歌などが主流で、童謡を教える親も少く、歌詞までは覚えない人が大多数でしょうね。

歌詞に青い目をしたお人形は、アメリカ生まれのセルロイド、とあり、昔の子供達はみんな歌った童謡でした。

セルロイドとは、ニトロセルロースを原料としたプラスチックの1種で、数多くの製品に加工されていました。

プラスチックも、硬さや重量などが改良され、現代ではセルロイドの姿が消えているのは時代の流れでしょう。

ところで、このプラスチックですが、現代では世界中の公害として大問題になっているのです。

最近発表された数字では、年間に800万tのプラスチックゴミが世界の海に流れこみ、大小の海洋動物が飲み込むなどの被害を受けているとの事です。

中には、イワシの体内から微小のプラスチック片が出るなど、これを人間が食べれば害になるのは明らかです。

各国でプラスチックを海に流さないように、対策を立てていますが、効果を出すのは至難の技との事。

便利なプラスチック製品も、使用後は公害になってしまう、化学製品の開発とは難しいものですね。

原子力発電の使用済燃料も大問題ですが、プラスチックまで、公害になるとは、学問の難しさを象徴しているようです。

本日の裏話は、科学の発展は便利さ公害の板ばさみのようですね。こうした状態を日本語では諸刃の剣と言います。

 

日本女性のイメージ転換

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、秋をテーマに造られた問題が沢山ありました。

番組の収録が、毎年秋に行われたので、挑戦者のホームシックを誘う季節だったからなのかも知れません。

第12回のサンフランシスコで、次の問題がありました。

問・「常夏」という別名もある秋の七草の一つで、おしとやかな日本女性の形容にも使われる花は?

答・ナデシコ

解説 夏から秋まで咲き続けることを意味して「常夏」と呼ばれていました。

この問題は「おしとやかな日本女性の形容」のヒントで、超易しい問題と言えます。

サンフランシスコでは、街の坂道を走りながらの「マラソン・クイズ」だったために、挑戦者は思考力が鈍っていました。

そのため、ヒントを与えて挑戦者を救っていたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

万葉の古来から、ナデシコは女性のおしとやかな形容に使われていました。

花の色を含め植物としての形態が、弱弱しく健気な女性のイメージで、このように呼ばれていたのでしょうね。

しかし、平成16年を境に、このイメージが大きく変貌してしまったのです。

弱弱しい女性どころか、逆に強く勇ましい日本女性にイメージ転換したのです。

言うまでも無くアテネ五輪で脚光を浴びた、ナデシコ・ジャパンの活躍のお蔭です。

このネーミングは、一般公募によって選ばれたもので、あんなに活躍するとは想像も出来なかったのでしょう。

そう言えば、日本女性が逞しいのは、サッカーだけではありません。スポーツ界を見渡すとその数の多い事。

女子レスリング界を見渡すと、第1に吉田沙保里選手。個人で世界大会16連覇を遂げ、霊長類最強女子と評されました。

次に、伊調馨選手。アテネ、北京、ロンドン、リオネジャネイロと女子個人としては人類史上初のオリンピック4連覇の偉業。

その他、体操、卓球、アイススケート、水泳、とスーパー・スター女性が綺羅星のごとく並んでいます。

日本女性は優雅なナデシコから、今や頼れる最強ウーマンにイメージは変身してしまったのです。

本日の裏話は、日本女性のイメージ大転換のお話でした。そう言えば、昔から女性は強くてかかあ天下って言葉もありましたね。

 

秋の到来です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には季節に関する設問が多く有りました。

本日は待ちに待った秋の始まりの最初の「裏話」なので、秋に因んだ問題を振り返って見ましょう。

第10回のエルパソで、次の問題が出されていました。

問・日本に住む最大の肉食獣といえば何?

答 ヒグマ(北海道の)

解説 肉食獣といっても、熊は分類上では雑食で80%は木の実などを食べています。

肉食とはいえ、陸上の小動物を捕える訳ではなく、川を遡上する鮭を食べているのですね。

熊の鮭漁

人間に限らず、自然界の動物達も、秋は食材の減る冬に備えて、食欲旺盛になる季節なのです。

一方、人間界でも好きな季節は? の問いかけに老若男女を問わず、秋と答える方は多い事でしょう。

秋を表す実りの秋、食欲の秋、読書の秋、など秋を待ちわびた言葉を、我々の先祖が残してくれました。

又、全国各地に伝わる祭りも、豊作を願った秋に開催されるものが多いですね。

気象予報によると、9月にはまだまだ残暑が続き、台風の本土上陸も予測できるとの事。

今年は、異常気象に苦しんだ夏でしたが、早く快適な秋が来て欲しい昨今です。

本日は、この秋最初の投稿なので、夏の思い出の総括でした。

 

8月の総決算は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、もしも今年の8月に出題されたなら、全ての挑戦者が正解出来たであろう問題がありました。

今年の8月と言えば、猛暑と共に台風の発生が歴史上最高の数との話題で持ちきりでした。

テレビでは連日のように台風情報が伝えられ、台風の成り立ちや歴史についての情報が伝えられていました。

の影響台風

従って、現代人は台風の知識が十分に備わり、どんな問題にも対処出来る知識を持っている事でしょう。

でも、30数年前には、状況が異なりました。

第7回の後楽園球場での1次予選で、次のような問題が出され多くの挑戦者が右往左往と迷いました。

問・台風か熱帯性低気圧かは、風の強さで決まる。〇か×か?

答・〇

解説 台風は風力八(風速17m)以上のもの。それ以下は熱帯性低気圧と呼びます。

台風と同じ性質の暴風雨でも、発生した場所によってハリケーン、サイクロンなど呼び方が変わるのも面白いですね。

それにしても、今年の台風による被害は史上最高であり、まだ集計が発表されていません。

年末の重大ニュースでは、8月の異常気象台風被害は間違いなく上位を占める出来事でしょう。

洪水や山崩れで、家が流されたり土砂に埋まったりの被災者は広がっています。

台風の水害

しかも、台風が次々に発生するため2度、3度と同じような被害が重なる地方も多いのが特徴でした。

この異常気象は世界的な出来事で、地球の危機と言えるかも知れません。

原因は、産業の発展によって、二酸化炭素の排出が増え、地球が温暖化された事です。

そのため、北極の氷が解けて海水が増えフィージーのような島国は水没してしまう危機にさらされています。

こうした状況を防ぐ目的で、京都議定書、パリ協定などが批准されました。

しかし、二酸化炭素の最大の排出国であるトランプ大統領が昨年6月にパリ協定から離脱を表明しています。

選挙目的で様々なパフォーマンスを繰り返し、上り詰めた人物だけに、この問題もどのように変化するか不明です。

世界中が被害を受けている異常気象だけに、国連の力を利用しても、この問題を良い方向で解決して欲しいですね。

本日の裏話は、クイズ問題から地球の存亡にまで話が広がってしまいました。

話は戻って、台風の被害者の皆様にはお見舞いを申し上げます。

 

 

サマータイム導入は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、現代で話題になっている事柄が、当時の時事問題としてありました。

第14回のグランドテイトンで、次のような問題がありました。

問・アメリカや北欧など、多くの国で採用されている「DaylightSaving  Time」とは何のこと?

答・サマー・タイム

解説 夏の一定期間、日照時間を有効に活用する目的で、標準時よりも1~2時間進める事を言います。

効果は、家族で過ごす時間が増える。このため家庭が平和になるなど良い点が挙げられています。

これは外国の話で、日本では事情が異なります。

実は、日本でも、戦後サマー・タイムを導入した事がありましたが、利害より弊害の方が多く廃止された歴史があります。

そんな国情に合わない制度を、オリンピックのために復活させる議論があり、何故起きたのでしょう?

そもそもは、今年の異常気象で日本が熱暑に襲われたため、マラソン・ランナーが走れないだろうとの心配でした。

マラソン

それなら、スタートの時間を早めれば解決する問題です。

しかし、欧米の国はサマー・タイムを導入しているので、世界の時計に合わせて競技が進行しなければ困るのです。

そこで、出てきたのが2,020年の東京オリンピックのために、その年に限りサマー・タイムを導入するという案です。

この話は、オリンピック組織委員長の森喜朗が安倍総理に、この案を考えてくれと提案した事に端を発しています。

総理は無碍にも断れず「検討しましょう」と答えたと伝えられています。

勿論、国会で検討すれば、我が日本では効果が無いと過去に否定された議案が通るはずがないと思いますよ。

簡潔にまとめると、オリンピックは大スポンサーであるアメリカ人のゴールデン・タイムに合わせて成立しているのです。

と、なるとアマチュア・スポーツの祭典プロ・スポーツ選手も参加=ビジネス・チャンス、と大きく変貌しています。

近年のオリンピックは費用が掛かり過ぎるために、候補地に立候補する国も減っているとの批判もあります。

このままでは開催に手を上げる国も無くなり、消滅の運命を辿るかも知れません。

スポーツのワールド・カップは増えていますが、でも選手にとってはオリンピックは格別の重みがある筈です。

だから無くなっては困るのです。

本日の裏話は、クイズ問題からオリンピックの在り方の話になってしまいました。気になるんですよ~。余計なお世話かな?