tsutomu のすべての投稿

挑戦者とスタッフの距離

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返りながら、今だから話せる番組の裏話を書いています。

クイズの専門誌「QUIZ JAPAN」の最新版を見たところ、クイズ番組の出演者が、テレビ番組の体験談を語っていました。

中でも、「ウルトラ・クイズの体験談」が数多く語られていましたが、我々スタッフの考えも及ばない意見もありました。

ウルトラ・クイズはスタート以来、一貫してスタッフと挑戦者が親しく話をしない事、との規則がありました。

旅は長い挑戦者の場合、1か月に及びます。短い場合は1日でお別れになりますが…。

この旅の中で、スタッフと親しい挑戦者が出来ると、翌日のクイズの情報、問題等が漏れる事があったら、番組は成立しません。

勿論、その様な不心得なスタッフはいませんが、それにしても挑戦者に疑念を持たれるだけで不愉快でしょうね。

こうした不快感を生むのを避ける意味で、挑戦者と親しく話をしないという基本的な決まりがありました。

但し、例外がありました。

旅の途中の都市で、スタッフの数名と挑戦者が食事をする「励ましの食事会」がありました。

blog_import_53c39727e8a7e

スタッフ側の数名は、審査委員長(PD)司会の福留さん、その回を担当する(D)、構成の私、近畿日本ツーリストの責任者、以上です。

挑戦者側は、その日まで勝ち抜いた皆さん。

この食事会では、挑戦者の意見、希望、など番組に反映させる情報を得るのが目的で親しく話をします。

また、「次に負けそうなのは誰?」のような冗談めいた話題も出ていました。

実は、これには航空券の問題があって、業界の規則で氏名を空欄で予約する事は出来ないのです。

従って、予想される敗者の氏名で予約をし、外れた場合は一度キャンセルをして、再発行してもらう事になります。

複雑なこの手間を省くため、近畿日本ツーリストの責任者はこの食事会では、挑戦者の敗者予想を熱心にメモしていたのです。

話は「QUIZU JAPAN」の体験談に戻ります。

ウルトラ・クイズの挑戦者の皆さんは、常にスタッフの動向を観察し、自分たちなりに分析しています。

その中で、大きな誤解をしていた事がありました。それは問題の配列に関する意見です。

「難問が続くと、急に易しい問題になるのがパターン」との意見を自分が発見した、と得意そうに語っていました。

しかし、残念ながらそのようなパターンはありません。

Q問題は20問を1束として、挑戦者の数によって総数は変化しますが、1チェック・ポイントに100問程度準備します。

この配列は、クイズ前夜の問題会議で、易しい、中程度、難問、などリズミカルに並べます。

難問が続くと、警戒して早押しボタンを押さなくなります。1度出された問題は廃棄されるので、経費の無駄になります。

構成の他、プロデューサーの立場も兼ねていた私は、経費の無駄は避けなければなりません。

問題の経済効率も考えながら、厳密な打ち合わせで真剣に配列していたのですよ。これが1日の仕上げの仕事だったのです。

今だから楽しい思い出も、当時は寝る間も無いほどの強行軍であり、我々スタッフにとって罰ゲームのような番組でした。

 

 

クイズと試験問題の違い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には「文学」の分類があり、多くの問題が出されていました。

ウルトラクイズの問題の特徴は、学校のテストや入試問題と違い作品名と作者を結ぶような単純な設問はありません。

文学作品の場合は、少なくとも中味を読んでいるか、せめて粗筋位は知らないと正解は出せないのでした。

日本を代表する作家、夏目漱石や川端康成に関する問題は多数出ていましたが、小説の冒頭の文章を暗記するような問題も結構ありました。

これは、試験問題にもなり易いので、暗記していた方も多いかもしれませんね。

第14回のニューヨーク決勝戦で、文学の中味に関する典型的な問題がありました。

問・池波正太郎のヒット作「鬼平犯科帳」。主人公・鬼平のお役目は何?

答・火付盗賊改方・長官

解説 放火や盗賊を取り締まる役所の長官。現代風に訳せば、警察庁長官であり、江戸のトップなので警視総監に当たります。

本名は長谷川平蔵。年齢、家族、役職、俸禄などもありますが、故・池波正太郎氏の小説であり、実在の歴史ではありません。

尤も、テレビ・ドラマのヒット作品だったため、小説を読んでいなくても正解出来た人は多かったでしょう。

中村吉右衛門や梶芽衣子の当たり役といえる演技が印象に残っている方も多いはず。

一方、江戸時代の正義の味方と言えば、「東山の金さん」がいますね。

こちらは実在の人物で、東山金四郎景元(1793~1855)は江戸の人気者であると同時に、テレビ時代劇のヒーローでした。

008d1a024c0411e19896123138142014_7

役職は警視総監、都知事、東京地裁長官を兼業した形で、お白州での迫力ある裁きで、悪党を平伏させていました。

名物の「桜吹雪の入れ墨」も実際に入れていたそうです。

実在の人物ですから、子孫の方もいますし、旧屋敷跡なども江戸の古地図に示され、歴史ファンの探索場所になっています。

ウルトラ・クイズの問題と学校のテストの違いを、文学の問題を引用し解説してみました。

 

諺の真実とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、様々な諺の問題がありました。

「諺」とは我々のご先祖様が、生活や習慣の中で学んだ教訓を簡潔な言葉でまとめ、後世に伝えたものです。

従って有難い教えが多く、為になる言葉と言えるでしょう。

第14回のニューヨーク決勝戦で、為になる諺の問題が出されていました。

問・諺で「鵜の真似をする」鳥は何?

答・鴉(からす)

解説 この諺を知らなくても、鵜に似た鳥を連想すれば、勘で鵜(う)と正解する事が可能な問題でした。

isan_01

諺では「鵜の真似をして水をくぐる鴉は溺れる」とあります。

これは鴉自身の事ではなく、鵜と鴉の習性を見た人が、人間の行いに対して戒めて考えた言葉なのですね。

自分の腕前を知らずに、やたらに他人の物真似をする者は、やがて失敗をする、との教えです。

芸術でも商売でも、一時のブームに乗って真似するだけの行いは、必ずと言って良いほど失敗しますね。

芸能界では、他人の真似をして成功した芸人が、アッという間に忘れ去られ「一発屋」と呼ばれ消えて行った例は多数あります。

商売でも、職人さんでも、自分の努力で特色を出さないと成功には結び付きません。

多くの成功者が語っているのは、何の業界でもオリジナリティの大切さなのです。

諺の素晴らしいのは、その辺の真理でしょうね。

ご先祖様が残してくれた諺は、伊達や酔狂ではありません。奥に潜む有難い真実を掴む事、これこそ先人の願いだった筈です。

本日は諺の問題から、ご先祖様の有難味を噛みしめるお話でした。

 

言葉の妙?

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、語源と名付けられた分類がありました。

語源には、日本古来のもの、外来語など範囲が広いので、中には思わぬ面白いエピソードが隠されたものなどがあります。

そんな中から、記憶に残る傑作な問題をご紹介しましょう。第15回のグアムで行われた「突撃〇✖泥んこクイズ」での問題です。

問・ズボンは、足を「ズボン」と入れるところから、この名が付いた。〇か✖か?

答・✖

解説 一般の日本人がズボンを履くようになったのは、明治時代になってからです。従って、語源は外来語と考えるのが普通ですね。

そこまでは正しく、フランス語でペティコートを表す「ジュボン」が訛って「ズボン」になったようです。

「ジーンズパンツ」の画像検索結果

最近の若者は「パンツ」と呼んでいるようですね。ジーンズパンツ、「ジーパン」からこの呼び名になったという説が有力です。

言葉は時代によって変化する、そうした性格を持っているようで、古い言い回しをすると、「トシだねえ」とからかわれたりします。

その意味で考えると、ズボンもやがて「死語」になる運命かも知れません。まだ20~30年は大丈夫でしょうがね。

本日はクイズ問題から発して「語源の妙」についてのお話でした。

 

漢字は面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には日本語に関する問題が数多く出されていました。

日本語は漢字、平仮名、カタカナなど、文字の種類も多く、世界的にも難しい言語の中に入るようです。

特に難しいのが「漢字」の読み方で、音読み、訓読み、重箱読みなどを正確に使い分けるのは大変です。

「漢字検定」の画像検索結果

従って、毎年「漢字検定試験」が有り、能力によって資格が取得出来ます。一般人でもこの位関心が高いのですが、国会議員の先生は如何でしょう?

日本の政治家センセイでも時々失敗をして、話題になる事がありますね。最近では官房長官が大阪の枚方市を読み間違えてニュースになりました。

又、財務大臣殿も、「未曽有」「思惑」「順風満帆」など中学生の国語の試験に出る様な漢字を間違えて読み、漢字の読めない大臣の印象があります。

さて、難しい日本語の話に戻ります。

普段使い慣れている言葉は、「スッ!」と頭に浮かびますが、反対に日頃使わない言葉は咄嗟に頭に浮かびません。

そんな代表的な言葉の問題が、第5回のサイパンで出されていました。鳥に関する問題です。

問・季節によって棲む場所を変える鳥は渡り鳥。では、一年中同じ場所に棲む鳥は?

答・留鳥(りゅうちょう)

解説 渡り鳥は普段よく使う言葉ですが、留鳥はほとんど使われない表現かもしれません。

キジ、カラス、スズメ、オナガなど、留鳥の数は多いのですが、それだけに注目する事も少なく、使われない日本語の部類に入るでしょう。

ウルトラ・クイズの問題が面白いと評価されていたのは、クイズ作家の皆さんが、こうした常識の盲点を探して作っていたからなのです。

本日の裏話は、日本語は難しい。でも奥が深くて面白い、これが結論です。