カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日本史は面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本の歴史に関連する問題が時々出てきます。

日本史の中では、歴史年表に準じて登場人物、誰と誰の戦い、文学、演芸など細かな出来事をクイズ問題にしていました。

中でも一般に日本史が苦手という方の意見を聞くと、人の名前が覚え難いとの指摘があります。

同じ人物が、何度も名を変えたり、親の名前を息子が継いだりするので何代目〇〇となるので混乱し易いとの話もあります。

要は、記憶するのが面倒! という事で日本史を敬遠する事になってしまうようです。

そんな日本史の中でも、比較的覚えやすい「戦い」の問題がありました。

第4回のニューヨーク決勝戦での問題でした。

問・勝負を決する天王山とは、秀吉と誰が戦った山か?

答・明智光秀

解説 1,582年(天正10年)豊臣秀吉が天王山に布陣して、光秀を迎え討ったもので、別名山崎の戦いと呼ばれています。

これは本能寺の変を受け、備中松山城の戦いから引き返してきた秀吉軍が、山崎で布陣を敷き光秀軍を迎え討った戦いです。

この時の勢力は、秀吉軍40,000。これに対して光秀軍は16,000で力的には劣っていました。

この戦いでは、有名な言葉が三つ生まれ、日本語として永く使われるようになっています。それは、以下の通りです。

「洞ケ峠」。有利な方に味方しようと眺めている日和見な人物を指す言葉で、筒井順慶がその人でした。

「三日天下」。本能寺の変から、光秀が敗れるまでの期間で実際は12日~13日ですが、極端に短い日で三日と表現したようです。

「天下分け目の天王山」。大阪と京都の境界に位置する山崎の事で、歴史的には「関ヶ原の戦い」もこのように表現されました。

これは、徳川家康と石田三成の戦いで、家康軍が勝利し江戸時代と呼ばれる長い平和な時が流れました。

江戸時代から明治維新を経て、近代、現代となるのですが、我々は江戸時代までの出来事を日本史問題と呼んでいたのです。

本日の裏話は、比較的解り易い日本史のクイズ問題と、歴史から生まれた日本語のお話でした。

歴史は、書籍やドラマになる素材が多く、ノンフィクションなので調べると結構面白い分野です。

近頃は「歴女」と呼ばれる歴史好きな女性が増えているようで、若しかすると女性の方が勉強が好きなのかもしれませんね~。

名作映画の歴史を振り返る

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には「映画」の枠がありました。

映画ファンは多いので、国内、洋画などを含め名作と呼ばれた作品のキャスト、監督、映画賞などの問題が多かったです。

古い作品から新作まで、幅広く映画を観た人が関連の知識は豊富で、有利になるのは当然です。

日本映画の中で、数多く映画化された文学作品に関する、典型的な問題があったのでご紹介しましょう。

第5回のアカプルコで、作品の主演女優から映画の題名を問う問題がありました。

問・田中絹代、美空ひばり、鰐淵晴子、吉永小百合、内藤洋子、山口百恵。この六人が主演した共通の映画は?

答・伊豆の踊子

解説 この作品は日本を代表するノーベル賞作家、川端康成の自伝とも言える名作で、読んだ方も多い事でしょう。

それだけに、その時代を代表するトップ女優が主演し、各映画会社が競って映画化しました。

因みに最初の映画化は、松竹で昭和八年。田中絹代さんは伝説的な女優なので、名前はご存知の方も多いでしょう。

しかし、当時映画を観た方は少ないと思うので詳しくは割愛。

戦後の第一作は昭和二十九年。当時の人気スター、美空ひばりで相手役は学生スターだった若き日の石浜朗さん。

監督は野村芳太郎、この作品以下はご覧になった人も多いと思いますが、いずれも時代を代表する人気女優ばかりでした。

共演者は当時の人気スター、監督もヒット作品の多い巨匠と呼ばれる人達が担当しています。

最後の作品は山口百恵さんと三浦友和さんで、二人は結婚し百恵さんは人気絶頂の時に芸能界を引退してしまいました。

熱烈なファンの復帰の声も大きいのですが、残念ながら願いはかなえられていません。

それだけに、伝説のスターとして永く日本の芸能史に残る事でしょう。

名作「伊豆の踊子」は映画では六作品創られ、日本の映画史に足跡を残しています。

本日の裏話は、映画化された文学作品に関するお話でした。

現在も、現役で活躍中の関係者も多い作品だけに、ご覧になった方は、久々に当時を思い起こす事でしょう。

 

番組の中の落とし穴とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、世の中の8割~9割の方が正解出来る超易しい問題がありました。

こうした問題は、特別な時に出題される場合が多く、番組の名物である「落とし穴」と呼ばれていました。

具体的な例を説明しましょう。

第6回の羽田空港、ジャンケン・クイズの時に使われた「落とし穴」です。

ジャンケンで3回勝てば、文句なく航空券を獲得。飛行機に乗れるのがウルトラ・クイズの売り物でした。

処が、「落とし穴」には悪魔の企みが潜んでいたのです。即ち、勝者は超簡単なクイズに正解しなければなりません。

若し、そんな易しい問題を誤答する人間には罰として、勝者の権利を敗者に譲るというものです。

その超簡単な問題とは?

問・映画「男はつらいよ」の主人公 ”フーテンの寅さん”の本名は?

答・車寅次郎

解説 フーテンの寅さんは、老若男女問わず日本人の誰からも愛された人物で、本名を知らない人は罰ゲーム行となった訳です。

ウルトラ・クイズの合い言葉は、知力、体力、時の運。

物知りで知力があり、健康で体力があっても、運が無いと勝者になれないのが特徴の番組だったのです。

「そんなの、クイズ番組としてアンフェアだ」との意見もあるでしょう。

でも、我々は単なるクイズ番組とは考えず、視聴者が楽しめるクイズ・ドキュメンタリー番組として制作していました。

従って、敗者には過酷な罰ゲームをプレゼント。貰ったご当人は四苦八苦、それを見た視聴者は大笑いです。

そのような「落とし穴」を毎日考えるとは、悪魔のようなスタッフですね。

でも、多くのライバルを倒し、クイズ王になった勝者には、素晴らしい賞品を用意したのです。

それが又、アッ!と驚くようなオチがあるとは……。

やっぱり、悪魔のようなスタッフでした。

今だから話せる裏話、本日は超易しいクイズ問題の陰には、必ず「落とし穴」が仕掛けてあるとのお話でした。

テレビが大衆娯楽の王様だった昭和時代は、こんな企画に大金を掛けるテレビ局があったという自由な時代でした、懐かしい。

 

クイズ問題、分類の意味は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、同じ系列を分類して幾つかの「枠」に分けていました。

これは挑戦者の得意な分野を知るためで、特定な人に有利になる事を避けるのが目的です。

例えば芸能問題、スポーツ問題に強い人が居たとします。そんな時に同じ系列問題が続けば、その人が有利になります。

これでは、挑戦者も視聴者も「不公平だ!」と不満を持つ事になってしまい、番組は成立しません。

我々はその様な配慮から、毎回クイズ問題の配分には相当神経を使って選んでいました。

この分類に「日本語」の枠があり、語源、諺、文字などに関する多岐の問題がありました。

その中で、多くの人が正しい意味を勘違いしそうな、日本語の問題があったのでご紹介しましょう。

第14回のレバノンで、次のような問題がありました。

問・「夢うつつ」の「うつつ」とは何のこと?

答・現実

解説 この言葉は「夢うつつ」でも解るように、夢と同時に使われるので、夢見心地、半覚醒と誤解され易いそうです。

しかし日本語の正しい意味は、目が覚めている正常な心の状態で「現実」と日本語の辞書には記されています。

また、この言葉を使ったもので、江戸時代「現責め」と呼ぶ拷問があり、眠らせずに自白を迫る手段もあったそうです。

現代の刑事ドラマでも、眠らせずに自白を迫る場面がありますが、これは冤罪を生む可能性が高いのです。

被疑者を怒鳴ったり、威圧したりは人権を犯すので、取り調べの可視化(録音、録画)が検討されました。

これは、今年の6月までに施行されるそうで、今後は冤罪事件のような不幸な出来事は減るであろうと予測されています。

本日の裏話は、誤解し易い日本語の問題から、犯罪被疑者の人権保護問題にまで及んでしまいました。

日本人でありながら、正しく日本語を理解するのは難しいですね。だからクイズは面白いゲームと言えるのでしょう。

 

占いの本質を知ろう

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、言葉の問題が多数ありました。

普段使われている言葉の意味、外来語の正しい解釈、語源の問題など多岐に亘って、間違い易い言葉を問題にしていました。

日頃から、正しい意味を理解して使っている方にとっては、正解は簡単ですが、そうでない方は迷ってしまいます。

そんな言葉の正しい意味を問う問題が、第15回のグアム・突撃〇×泥んこクイズで出されていました。

問・「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の「八卦」とは、「八掛け」つまり「八割」のことである。〇か✖か?

答・×

解説 「八卦」とは占いの方法の名称であり、当たる確率を表している訳ではありません。

古代の中国人は八つの要素が、自然と人生を支配するものだと考えたのだそうです。

その八つとは、天、沢、火、雷、風、水、山、地であり、これを様々な方法で組み合わせ、その並び方で占ったのです。

当たる確率が八割などという解釈は、「八卦占い」の専門家が聞いたら、さぞお怒りの事でしょう。

尤も、どの占いにしても、正確な裏付けとなる資料などはあり得ません。

従って、100%当たるなどという事はあり得ないので、占いを信じて行動を起こすのは止めるべきでしょう。

とは言え、人間は誰しも悩みを抱える事があります。そんな時に占いを頼りたくなる気持ちは理解出来ます。

でも、人生を左右するような重大な判断は、信頼出来る家族か友人の意見を聞いた方が得策と言えるでしょう。

占いを信じて莫大な損をしても、それは信じた自分の自己責任という事をお忘れなく。

本日の裏話は、「当たるも八卦当たらぬも八卦」の真実の意味をご紹介しました。

「占い」は神社の御神籤くらいの軽い気持ちで見てもらえば、もし外れても悔しさが高まる事は無いと思いますよ~。