カテゴリー別アーカイブ: 未分類

サンマは炭で焼くに限ります

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、日本人なら誰でも知っている知識で、これを知らない人は「常識外れ」と呼ばれてしまいます。

日本では、常識外れとのイメージが定着すると、仲間との付き合いもスムーズに行かないので、常識は必ず備えましょう。

第10回のモニュメントバレーで、誰でも知っている筈の常識問題がありました。

問・詩人、佐藤春夫の歌、「あわれ秋風よ、心あれば伝えてよ」に出て来る魚は何?

答・サンマ

解説 この詩の題名は「秋刀魚の歌」で、「今日の夕げに一人サンマを食らいて思いに深ける」とあります。

佐藤春夫は日本の代表的な詩人であり、気分的に寂しさを感じる秋の、素晴らしい作品と言えるでしょう。

サンマの漢字「秋刀魚」と書くくらい、日本人はサンマを食べる季節を待ち望む国民でした。

東京の目黒では、毎年旬のサンマを炭火で焼いて無料で都民の皆さんに振舞う習慣が根付いていました。

例年は、東北地方のサンマでしたが、昨年は不漁で北海道のサンマを漁協の協力で間に合わせたようです。

サンマは、七輪で炭で焼いて食べるのが最高です。でも近年はマンション住まいも多く、煙が出るので家庭で焼くのが困難です。

秋になると、街中でサンマを焼く匂いが漂うのが昭和の風物詩でした。平成時代にはこの景色も懐かしい思い出になりました。

最近では、サンマ漁が不漁続きです。原因は中国の人々が秋刀魚の美味さを知ったために、中国漁船の大量捕獲だそうです。

サンマは南の海で生まれ、北の海へ移動する習性があるようです。日本近海に来る前に数が減ってしまう訳です。

秋刀魚に限らず、鯨やマグロなど水産資源が減少するのが20世紀の重大問題でした。

これに関しては、国際的な組織も様々な規則を作っていますが、守らない国も在ったりして大変な時代を迎えます。

本日の裏話は、詩人の詩に関する問題から、サンマ談議になってしまいました。

結論は、炭で焼いた「旬」のサンマ。この味を知っているのは最高です。日本人に生まれて良かった~、と思える瞬間ですね。

まだ、春なのに秋の話とは、食い時の張り過ぎでした、ゴメン!

 

有名文化人の盲点です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、日本人なら誰でも知っている筈ですが、そうは行かないのが知識を競うクイズ番組です。

第11回のニュージャージーで行われた準決勝で、一般常識の盲点とも思える問題が有りました。

問・直木賞、芥川賞と言えば文学賞。では、吉田五十八(いそや)賞、BCS賞といえば何の賞?

答・建築

解説 吉田五十八賞は設計家に、BCS賞は建築物、建築家、施行会社の三者に送られる賞ですが、知識の盲点でも有ります。

吉田五十八は、明治二十七年に東京・日本橋の旧家に生まれ父親が五十八歳だったので、五十八の名を付けられたそうです。

建築家としては大正、昭和にかけて活躍。和風の数寄屋建築を独自に近代化した建築家でした。

代表作は数多くあり、戦後の歌舞伎座復興改築、吉田茂首相の大磯邸の原型の他、著名人の私邸も数多く手がけました。

要は、伝統的な日本建築と西欧の良い部分を取り入れた独自の建築風を確立した、日本を代表する建築家と言えるでしょう。

本日の裏話は、日本の有名人の盲点に関するクイズ問題で、建築界の父とも言える人物のご紹介でした。

建築界の大物と言えば、近代では丹下健三、黒川紀章の大物は故人となってしまいました。

現役では国際的に活躍する安藤忠雄さん。木材をテーマに印象的な作品の隈研吾さんが有名ですね。

特に隈研吾さんは、オリンピックで注目を集める国立競技場の建築にも参加しているので、今後世界に名が知られる事でしょう。

日本人は世界中の各界で活躍していますが、建築という文化の面でも知名人が増えるのは我々も誇らしい気分ですね。

この処、世界は暗い話ばかりでしたが、久々に明るい話が紹介出来たので本日は気分爽快で~す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統的な芸能の問題

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識ですから、日本人なら誰でも知っている知識のはずですが記憶力は人によって異るので、忘れる人も居るでしょう。

忘れ易い人には、しっかり思い出して欲しい問題をご紹介したいと思います。

第16回のフロリダキーズで出された次の問題です。

問・日本の伝統芸能の一つで、セミクジラのヒゲが使われる人形劇は何?

答・文楽(人形浄瑠璃でも可)

解説 文楽は日本最古の人形劇で、歌舞伎、茶道、能などの伝統芸能と同じ元禄時代に開花したものです。

東京の歌舞伎と大阪の上方歌舞伎と二つの歌舞伎が存在しますが共にファンが多いのはご存知の通りです。

同じように、古典芸能の人形劇も愛好家は多く、全国各地で公演されているのでご覧になった方も多い事でしょう。

人形劇の劇団員は、人形が生きているような細かい動きをするので高度の技術を要します。

頭を動かすのに、黒子の劇団員がヒゲ鯨のヒゲを使って操作するなどの技術が要求されるお芝居です。

歌舞伎と同じように、昔の庶民や武士、貴族などが素材の伝統的な芝居を受け継いでいるのです。

本日の裏話は、日本の古典芸能のクイズ問題から、文楽(人形浄瑠璃)のお話でした。

世界中には、オペラやミュージカル、また中国の雑技団など様々なお芝居が有ります。

そういった中でも、日本の文楽は一きわ珍しいお芝居と言えるでしょう。時には古典芸能を観るのも良い刺激になる知れません。

 

童謡の秘話です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識と言うからには、日本人なら誰でも知っている常識ですが、中には忘れて咄嗟に思い出せない事もあります。

そんな人でも、日本人の半分は知っているであろう問題は、易しい問題と我々は判定していました。

クイズ地点で、こうした易しい問題は最初の設問として出していました。正解すれば挑戦者に勢いが付くからです。

第15回のハワイで出された、易しい問題をご紹介します。

問・童謡「黄金虫」で、金蔵を建てたお金持ちの黄金虫は、子供のために何を買ってきた?

答・水飴

解説 日本の代表的な童謡「水飴」は、野口雨情・作詞、中山晋平・作曲の作品で大正11年(1922)に発表されました。

一般に「黄金虫」といえば、丸っこい昆虫を思い浮かべるのが普通ですね。

処が、この歌の真実は「ゴキブリ」を歌ったものだと言われていました。何故か?この辺が面白いエピソードです。

作詞家の野口雨情の故郷である茨城県の北関東では、ゴキブリを「コガネムシ」又は「カネムシ」と呼ばれていたそうです。

ゴキブリは産卵前に、腹の下に卵の入った袋を抱えているので、これがガマ口の財布に似ていたのです。

そこで、野口雨情さんは ♬黄金虫は金持ちだ、金蔵建てた蔵建てた、との詞を書いたのだろうとの推察が生まれたのです。

勿論、野口雨情さん本人に聞かなければ真実は解りません。でもあの有名な童謡に、こんな異論があるとは面白いですね。

本日の裏話は、童謡の歌詞を巡るクイズ問題から、驚くべきエピソードのご紹介でした。

あの可愛い「黄金虫」が、何と嫌われ者のゴキブリと間違えられたとは、天と地ほどの逆転ですね。

現代では「ゴキブリほいほい」のCMソングが有りますが、愛唱歌にはなりませんね。嫌われ者は世を忍んで生きましょ~。

 

コロナ騒動はいつ終わる?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

クイズ番組ですから、日本の問題に限らず世界の常識も当然知っていなければ、勝ち進む事は出来ません。

第7回のボストンで、現代に置き換えてもタイムリーな問題が有りましたのでご紹介しましょう。

問・ラテン語で「毒」と言う意味を持つ病原体は何?

答・ビールㇲ(ウイルス)

解説 現代は世界中が新型ウイルスの「コロナ菌」によって大騒動になっています。

日々のニュースは、コロナの現状報告がトップニュースになっているほど、人々の関心が高まっています。

日本で久々に行われる「TOKYOオリンピック」も、コロナ騒動の為に外人の観戦は禁止され、各方面に被害が出ています。

何れにしても、今世紀最大の災難と言われるくらい世界の国々がダメージを受け、立ち直るには長い年月が掛かりそうです。

また、この新型ウイルスによって死亡した人は、世界大戦で亡くなった人数をはるかに超えているとの数字も出ています。

目には見えない小さな細菌が、文明社会の人間を脅かしている訳で、そろそろ解決して欲しいものです。

本日の裏話は、病原体のクイズ問題から「コロナ騒動」に関するお話になってしまいました。

このところ同じような結論になり、心苦しいのですが「コロナ騒動」はもう御免蒙りたいですね~。

震源地の中国は、「他国から持ち込まれた」との姿勢に転換しています。責任逃れにしてはあんまりなお言葉でビックリで~す。