カテゴリー別アーカイブ: 未分類

平和な時代の有難さ

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って見ると、現代に通じる問題が時々出てきます。

第9回は33年前の事で、アルバカーキーで次のような問題が出されていました。

アメリカの戦闘機の名前に必ず付くアルファベットは何?

答・F

解説 軍事オタクと呼ばれている人なら簡単な問題ですが、一般人には難度の高い問題かも知れません。

しかし、この問題は現代人なら多くの人が正解出来る易しい問題と言えるでしょう。

理由は、毎日のようにニュースを賑わせている北朝鮮問題があるからです。

アメリカの戦闘機、攻撃機、爆撃機など、機種のニュースが事細かく解説されているからです。

「アメリカ 北朝...」の画像検索結果

因みにFはFighter(ファイター)攻撃機はA、爆撃機はBとなります。

戦時中の子供達は、B29といえば爆弾を落とす飛行機、p38は偵察機のように敵の飛行機を知っていました。

年配の方にとっては、不安な思い出で空襲警報のサイレンと共に忘れたい記憶でしょう。

戦争は絶対に反対! と叫ぶデモが行われますが、年配者の参加が多いのは良く理解が出来ます。

戦後70年が過ぎた今、改めて平和の有難さを再確認する時と言えるでしょう。

 

お酒の美味しい季節です

アメリカ横断ウルトラクイズの問題を振り返って見ると、日本人の風習、季節感など人々の暮らしぶりが解ってきます。

これ等は、日本人の常識的な知識となって、クイズ問題として出題されて来ました。

昔から秋ともなると、食欲の秋との言葉を使い、美味しい食物を求め、食べ歩く人達がいました。

同時に、お酒の好きな人達は「酒が美味い季節」など勝手な言い分で、1年中お酒を飲んでいます。

さて、お酒好きには忘れられない出来事が今から25年前にあり、第16回のサンフランシスコで出題されました。

問・今年の4月から、1級、2級などの級別制度が廃止となった飲み物と言えば何?

答・日本酒(酒、清酒でも可)

解説 最近の若い人は知らないでしょうが、平成4年までは日本酒に等級を付け区別していたのです。

等級によって価格に差が出来、自然に金持ちは高い酒、貧乏人は安酒を飲めとの格差が出来ていたのです。

現在、日本には1,500以上の酒蔵が存在すると言われています。

各地の酒蔵が、土地の気候や水に合った伝統的な味を生み出し、受け継がれ一定の愛好者を抱えていました。

しかし、情報社会の現代では、酒の評価の方法も大きく変化しています。

「清酒 日本酒 ラ...」の画像検索結果

日本酒の場合、様々な視点で毎年ランキングが発表されています。

例えば「地元の料理に合う酒ベスト100」「酒好きの専門家がお勧めの100銘柄」「今最も多くの人が注目している日本酒はどれ?」

何れも公平な評価を唱えていますが、宣伝のニオイは払拭出来ません。

中には、世界の銘酒コンクールで優勝した日本酒とのニュースもあり、この種の情報は玉石混淆(ぎょくせきこんこう)です。

結論としては、自分の好きな酒を飲む、これが秋に限らず1年中の愉しみ方ですよね~。

時々起こるパンダブーム

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、時代を超えて時々起こる社会現象から出される事があります。

今から凡そ30年前、第11回に今年の社会現象に似た出来事がありました。

今年の6月に上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれ、9月25日に名前が小池都知事によって発表されました。

ご存知の通り、メスの赤ちゃんは香香(シャンシャン)と命名されました。

「パンダ 名前 一...」の画像検索結果

30年近く前にも、日本で初めてパンダの赤ちゃんが生まれ、クイズ問題になっていました。

第11回のグアムでの問題です。

問・日本で最初に生まれたパンダの赤ちゃんの名前は何?

答・初々(チューチュー)

解説 この問題は、勘違いされやすく童々(トントン)と間違われます。

実は、童々の生まれる前の年、1,985年に「初々」という赤ちゃんが生まれていたのです。

でも、母親の下敷きになって死亡、わずか3日の短い命だったのです。

因みに他の動物園も含め、日本では多くの赤ちゃんが誕生していますね。

有名なのは1,986年の童々で14歳1か月、人々を楽しませてくれました。

次に有名なのは1,988年生まれの悠々で、15歳9か月長生きしたのです。

パンダは、世界でも類を見ない希少動物で、姿形が人々の心を癒します。

動物園の他でもパンダ・グッズとして人形、置物、印刷物などで広く愛されています。

香々シャンシャンは、日本では物事が順調に片付いたのを祝う手締めの音ですね。オメデトウ!シャンシャン。

 

 

車社会の常識?

 

 

アメリカ横断ウルトラクイズの問題を振り返って、最近の出来事と比べると、世の中の変化が見て取れます。

時代が変われば、世の中が変化するのは当然ですが、でも不変のものもあり、その辺の違いが面白いですね。

今や世の中は選挙モードが一杯で、30年前に比べるとどうなのでしょう?

第12回のグアムで、現在と比較出来る次のような問題が出されていました。

「選挙カー」の画像検索結果

問・選挙運動中の候補者が選挙カーの助手席に乗った場合、シートベルトをしなくても良い。〇か✖か?

答・〇

解説 シートベルトは車の事故が発生した場合、着用していれば生命を守る上で効果が絶大です。

従って、段階を経て現在では、後部座席も全員に着用が義務付けられています。

但し、違反者に反則金が無いために、軽く考え着用をしない人もいます。

罰金が無くても、減点は1で点数が加算されると不利になるのをお忘れなく。

最近では、車がブザーを鳴らすように改良されているので、違反者が減っています。

さて、問題の選挙カーの候補者はベルトをしなくても良い、は現在も有効です。

理由は車に乗ったり下りたり、動作が激しい事が挙げられていました。

同じ理由で、清掃中の清掃車の助手、また妊婦や肥満者など不都合な理由があれば着用を免責されています。

自分の生命は自分で守る、昔から何処の社会でも同じですよね。

事故は思わぬ処で起こる。シートベルトはお忘れなく! 現代の車社会では常識です。

犯罪の現実を知ろう

 

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には市民生活に役立つ情報が多々含まれていました。

日本人の生活に役立つ知識なので、知って得する情報でクイズ問題の主流とも言えます。

第11回のグアムで、次の様な問題が出されていました。

問・警視庁の分類で留守宅に忍び込む「空き巣狙い」とは、陽が沈む前に入る泥棒の事である。〇か✖か?

答・✖

解説 「空き巣狙い」とは、窃盗の手口で家人が留守中に金品を盗むこと、時間には関係がありません。

「空き巣狙い」の画像検索結果

深夜に忍び込んで盗んでも、留守宅で盗めば空き巣狙いには違いがありません。

窃盗には空き巣の他、置き引き、ひったくり、掻っぱらいなどが有り、いずれも秘密裏に静かに行われます。

同じ犯罪でも、知能的な詐欺や暴力的な強盗などとは区別されています。

勿論、警察の担当部署も異なり、それぞれ防犯の注意や心構えをテレビなどで広報活動を行っていますね。

「空き巣狙い」を防ぐには、鍵のかけ忘れ2重ロックの他、留守に見せないための工夫が必要との意見もありますね。

勿論、他人の物を盗む人間が悪いのですが、一方盗られる側にも隙があるのかも知れません。

因みに、世界の国に較べると、昔から日本は犯罪の少ない国として有名でした。

世界の犯罪の少ない国トップテンでは、現在の日本は第3位でした。

第1位がシンガポール、2位ルクセンブルグ、次が日本で4位アイスランド、5位デンマーク、6位ノルウェー、7位ドイツと平和な国が続いています。

最近のニュースでは、アジア系外国人の凶悪犯罪が増えています。

日本は科学技術の先進国と胸を張っています。

だったら、外人観光客が増えるのは歓迎ですが、犯罪者を見分けるカメラくらい発明して欲しいものです。