罰ゲーム撮影チームも罰ゲーム状態

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、クイズに敗れた挑戦者が罰ゲームを受ける、というルールが有りました。
クイズに挑戦するだけで、アメリカまで旅をしているのだから、視聴者から見ればうらやましい存在です。
「巧い事やりやがって!」
という気持ちもあるのでしょう。
そうなると焼き餅的な感情が生まれるのが人情というものでしょう。
敗者に与える罰ゲームが厳しいほど、視聴者は喜ぶという現象が起こりました。

だから、我々番組の構成者にはあの手、この手で厳しい罰ゲームを考えるようにとの注文が来ました。
ところで罰ゲームは、受ける人は大変ですが、それと同じく撮影するロケ・チームにとっても同じくらい大変な体験でした。
その大変さを具体的にお話してみましょう。

8回の9チェックポイント、フェニックスでの状況を思い出してみます。
フェニックスは広いアリゾナ砂漠の中がクイズ会場でした。
見渡す限りが、砂漠とサボテンの乾燥地帯です。

arizona

1年の内300日以上が快晴と来ているので乾燥地帯なのは言うまでもありません。
こんな場所でのクイズとなれば、ご存じばら撒きクイズしか有りませんね。
挑戦者はこんな過酷な中で、クイズ問題を拾いに走り回ります。
体力勝負の典型的なクイズ会場です。
この様な中で走り回る訳ですから、勝ち抜けた人も、負けた人もヘロヘロに疲れ切ってしまいます。

収録が終わるとスタッフも、同じようにヘロヘロになっています。
先ずは水分を補給し、一休みしてから機材の撤収作業に入るのが通常のスタッフの仕事でした。
ところが、罰ゲームの撮影班には、その様な悠長な事は言っていられません。
休む間もなく罰ゲームの撮影場所に移動しなければなりません。

の前に、勝者と敗者の「涙のお別れシーン」がお決まりのパターンだったので、これは全スタッフの目の前で撮影が行われました。
その後に、撮影班は車に乗って砂漠の中に消えて行きます。

この時の罰ゲームは、広い砂漠の中を1人でトボトボと歩いて帰るという罰でした。
その時に負けたNさんは、10日後に結婚式を控えているとの事でした。
と、なれば何を置いても無事に日本へ帰っていただかなければならない。
そのため、彼に与えられたのは、砂漠を生き抜くサバイバル術「砂漠で水の作り方実践」というものでした。
その手順は以下の通りです。

1、砂漠に人間が横たわれるほどの穴を掘る。
2、その穴に仰向けに寝る。そしておへその上に水を入れるカップを乗せる。
3、首だけ出して、穴の全面をビニールで覆う。
4、ビニールの上(おへその上あたり)に小石を1つ乗せる。
5、身体から水蒸気が発生し、ビニールの下側に水滴となって付着し、ポタポタとカップの中に落ちる、という計算でした。
これを、灼熱の砂漠の中で実践しなければなりません。

罰ゲーム_フェニックス

敗者のNさんは蒸し風呂状態です。
その間スタッフもジッと撮影を続けます。
待つ事2時間、Nさんの身体から蒸発した水蒸気で本当に水が作れたのです。

敗者もスタッフもご苦労さんでした。

でももし、これで水が出来なかったら?
それは当然この様な案を提案した我々構成者の責任で、私がスタッフからキツーく罰せられる事になったと思いますよ。
罰ゲームで笑っている陰には、こんなヒヤヒヤの裏話もあったのです。

クイズの実力を計るのは早押し問題

メリカ横断ウルトラ・クイズは、クイズの祭典として、テレビで長い事放送されました。
クイズ番組は出演者が知識を競うのを見て楽しむと同時に、視聴者も問題を一緒になって考える事が出来るので、お茶の間の娯楽としては恰好の要素を含んでいます。
ウルトラクイズの場合、クイズ形式は○×問題3択問題早押し問題と3つの形式が有りました。

クイズ挑戦者の実力が1番発揮出来るのは、やはり早押し問題でしょう。
誰よりも早く正解を導き出して、早押しボタンを押さなければなりません。
スポーツ競技のように、ボタンを押すタイミングも勝つための重要な要素になります。
だから、各大学に出来たクイズ研究会などでは、ボタンを押す練習も熱心になされていたという話を聞いた事が有ります。

ウルトラハット

我々は、その様な訓練をしてきた挑戦者といえども、問題を正確に最後まで聞かなければ答えられないように、問題の文章に気を配りながら清書したものです。
つまり、問題の途中で答えを予測できないように気を配りました。
何故なら、勝手に答えを想像して、早とちりされては折角作った問題が無駄になってしまうからです。
でも、いくら注意しても、せっかちな人はフライングをしてしまいます。
その様な時には司会の福留さんが
「問題をよく聞いて!」
ときつい調子で注意していました。

て、3つある問題の形式で、クイズの実力がハッキリ解るのは、早押しクイズであるのは誰の目でも明らかです。
つまり正解の言葉が、本人の口から出ない限り、正解にならないからです。
これに対して、○×は正解を知らなくても2分の1は、正解できるチャンスがあります。
同じように3択は3分の1は正解できるのですから、楽と言えばラクなものです。

従って、クイズ王を決める決勝に近い場所では、早押しクイズというのが恒例になっていました。
しかし、このような形式も番組が続く内にだんだんと確立されていったもので、最初の頃は手探り状態でした。
だから、第2回の時は、準決勝という大事な場面で、我々は○×クイズという信じられないようなクイズを行っていました。
ボストンの郊外で行った「バルーン・アップ・ダウン・クイズ」というものです。

台のバルーンにそれぞれ挑戦者を乗せ、地上12メートルのところでクイズがスタートします。
1問正解で4メートル地上に近付きます。3問正解で、地上に降り立つ事が出来、早く降り立った2名が決勝の地ニューヨークへ進めるという訳です。
決勝の地に向かうのに、自分の口で正解を答えずに進出出来るという事になっていたのです。

勿論、ここまで勝ち残った4人でしたから、実力があるのは十分に証明されていました。

でも、準決勝で○×クイズというのは、後半のクイズ会議だったら絶対に採用されない形式だったでしょうね。
最初は、この様ゆるゆるのクイズ形式でスタートしたのでした。

祝②東京オリンピック開催 うんちくを1つご紹介

メリカ横断ウルトラ・クイズの思い出を書いていますが、今週は世の中オリンピックの話題で持ちきりのようです。
そこで、このブログでも、今ウルトラクイズがあったなら、という視点でオリンピック関連の出来事を調べてみました。
そこで、思いついたのが以下のクイズ問題です。

オリンピックを日本では「五輪」と表記しています。この表記を考案したのは?
1、大学教授
2、著名な作家
3、新聞記者

解説・読売新聞の運動部記者だった川本信正氏(1,907~96)が、その人でした。
川本氏は運動部記者として32年のロス五輪を取材。男子100mで活躍した吉岡隆徳選手を「暁の超特急」と名付けた事でも知られています。
戦後はスポーツ評論家としても活躍し、後にJOCの委員も務められた方だそうです。

五輪

「五輪」という表記のきっかけは、新聞社特有の事情があったのですね。
オリンピックという言葉は、6文字になってしまいます。
これは新聞の見出しには長すぎるので、編集を担当する整理部から何とか略せないかと相談を受けたのだそうです。
普通に考えれば「世界運動会」とか「国際運動会」とか、案は出るでしょうね。
でも、これらも文字が多いという点では、50歩100歩です。
そこで、あれこれ思案したところ、5つの輪がシンボルマークなので、「五輪」ではどうか、と答えたところ、それが即採用になったのだそうです。
オリンピックの「オリン」と五輪も語呂が合うところから、これで文句なしとなったのでしょうね。

「五輪」にしても「暁の超特急」にしても、今的に言えば、コピーライターとしても、素晴らしい才能の持ち主だった事が解ります。
今では、誰でもが口にする「五輪」という言葉にも、この様な誕生秘話があったのでした。
この様な事が解るという意味でも、結構楽しめる要素を含んでいるのが、クイズ番組と言えるでしょう。

祝!東京オリンピック開催

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、沢山のクイズ問題が作られました。
4年に1度のオリンピックがあった年には、それなりにオリンピック関連の問題が多く出題されたと思います。
クイズ問題は、その時代を反映する問題が喜ばれるので、当然の成り行きだったといえるでしょうね。
ところで、今週の日曜日に東京が2,020年のオリンピック開催地に決まりましたね。

東京オリンピック2020


この日は朝からテレビでは大騒ぎになりました。
オリンピック招致レースはフィーバーしていたので、国民の喜びようは大変なものでした。
暗いニュースが多かった最近、本当に明るい話で、これをきっかけに日本も景気を盛り返してくれると良いですね。

東京オリンピック


さて、今ウルトラクイズがあったなら、オリンピック関連で、どの様な問題が作られたでしょうか?
私なりに幾つか考えてみました。
最近の選手の記録は別にして、オリンピック開催地関連で考えると、以下の様な問題が出来るような気がします。

・1,896年近代オリンピック第1回がアテネで開かれた時には、14か国が参加しました。さて、参加国が100か国を超えたのは、どこで開かれたオリンピックだったでしょうか?
・メキシコ 

解説・第19回メキシコ大会で112か国が参加し、世界中の国がオリンピックに関心を持つようになりました。

・夏季オリンピックと冬季オリンピック、合わせて最も多くオリンピックを開催した国はどこ?
・アメリカ

解説・アメリカは夏季4回、冬季4回、計8回もオリンピックを開催しています。
第3回のセントルイス、10回のロス、23回のロス、26回のアトランタがそれでした。
冬季も、レークプラシッド、スコーバレー、レークプラシッド、ソルトレークシティーと4回開催しています。

我々のウルトラクイズはロス、アトランタの時代に関連の場所を訪れ、クイズをやりました。
でも、当時の印象では、今ほど街を挙げて大騒ぎをしていなかったように感じます。

本は今度の東京で2度目、冬季は札幌と長野で開催しているので2回づつになり、アメリカの半分という事ですね。
国力を考えると、日本も良く頑張っている事が解ります。
7年後に備えて、はたして東京の街がどの様に変わって行くのでしょうか?
以前は東海道新幹線が出来たり、東京の高速道路が整備されるなど、日本が大きく変わりましたが、今度は想像が追いつきません。
きっと超近代化した未来都市に生まれ変わってしまうのでしょうね。

未来都市


ロケ隊が黒い軍団に変身!

メリカ横断ウルトラ・クイズのロケ隊は、多くの国を訪れ、撮影をしてきました。
第13回には、オーストラリア、ニュージーランドなどへ行きましたが、ニュージーランドではスタッフの多くが競って買った衣装がありました。

・それは何でしょう?
・ラガー・シャツ

今日のブログはいきなり、個人的なクイズ問題で始まりましたが、実は最近ニュージーランドのラグビー選抜チーム、オールブラックスの記事をニュースで知りました。
今年の11月に、日本の選抜チームと秩父宮ラグビー場で試合が行われるという事でした。

オールブラックス2

ュージーランドと言えば、ラグビーのオールブラックスが有名ですね。
世界最強のラグビー軍団として、スポーツファンにはおなじみのラグビー・チームです。
実は、あの時代にニュージランドのお土産屋さんへ行きますと、地元の人気スポーツだけに、オールブラックスの黒いラガー・シャツが必ずと言っていいほど飾られていました。

い襟に、黒い半袖のラガー・シャツで、胸にはオールブラックスのトレード・マークが輝くように刺繍されていて、なかなかシンプルなデザインです。
我々は長い旅で、いつもウルトラ・クイズのロゴ入りのTシャツやトレーナーばかり着ているので、時には気分転換のために、行く先々で衣装を買うのですが、その様な中で、この黒いラガー・シャツは、妙に気に入って、スタッフの多くが買ったようです。

オールブラックス

はお土産も兼ねて何枚か買いましたが、着てみると着心地も良いのです。
そこで、早速これを着てロケに出発すると、同じラガー・シャツが何人もいるのです。
その内に我も我もと、みんながこのシャツを買うようになり、移動で空港に行く頃には、まるで我々ロケ隊のユニホームのように、黒い軍団になっていました。
私の印象では、この年に優勝したN氏も愛用していたので、しばしばこのシャツを着て番組に登場していたような気がします。

たまたま、今年は日本でも試合が行われるので、スポーツ・ニュースでオールブラックスが取り上げられると思いますが、その時にはこの話を思い出して頂けると嬉しいです。
宣伝を頼まれた訳では有りませんが、ネットで調べたら「オールブラックスのユニホーム」というコーナーが有って、懐かしいシャツが売られていました。
でも、我々が買った時代より2倍以上高い定価が付いていましたね。

但し、20年以上前の値段ですから、上がっているのは当たり前かもしれません。