世界の理想郷はカンクーン?

りカ横断ウルトラクイズは、アメリカ各地でロケを行った番組です。
ロケで一番心配なのはスタジオ収録と違って、当日の天気に左右される事があるという点です。
前にも書きましたが、ウルトラクイズは雨が降ろうが、槍が降ろうが、ロケを中止しないで決行しないと番組が成立しないという過酷な条件で始まった番組でした。
だからこそ、17年間一度も天候に左右されずに、ロケを行ってきました。

天候に左右されずにロケを行うのは、我々スタッフの常識になっていましたが、しかし、天候がクイズ形式を左右するようなものもありました。
その良い例が、第11回のカンクーンでのクイズ形式でした。
それは「日の出タイムショック」という形式でした。
これは、クイズ形式案として前々から出ていて検討されていましたが、当日の天候に左右されるというリスクが高い形式でした。
ルールは、早朝薄暗い内に準備を始め、夜が白々と明ける前にセットアップを終え、太陽が東の空に顔を見せたのを合図にクイズがスタートします。
そして、太陽が丸い姿を全部見せたところで、クイズは終了するというものです。

その間に早押し問題が次々と出され、終了までの間に正解獲得の多い順に勝ち抜けるというルールでした。
お手付き、誤答はマイナス点が付きます。
太陽がすかっり出るまでの短い時間の戦いです。
太陽がすっかり顔を見せた時に、得点が一番低い一人が敗者になる訳です。

の形式を成立させるには、クイズ当日、東の空が快晴で雲一つ無いのが条件となります。
私達の経験ではアメリカ西部の砂漠地帯なら、どこでも実現出来る環境はありました。
しかし、その様な場所の場合、恒例のばら撒きクイズが行われていたのです。
その様な時に、メキシコのカンクーンの情報が入ってきました。

cancun

カンクーンは、その頃はまだ無名の観光地で、アメリカの新婚さんの旅行先として人気が出始めたばかりの地でした。
10年前にはユカタン半島のジャングルだった場所で、観光地としては全くのニューフェースだったのです。

では、何故このジャングルの地が観光地に変身したのか、実はメキシコ政府の涙ぐましい努力の成果なのですね。
海の透明度砂の美しさ温度湿度などリゾート地としての条件をコンピューターにいれて調査したところ、世界中で最もリゾート地として相応しい場所として選ばれたのがこのカンクーンだったのです。
そこで急遽ジャングルは切り開かれ、観光地建設が始まったのです。
年間の平均気温が28度C,湿度は低く、雨季も無いし、ハリケーンが襲ってくる心配もまるで無いという理想郷なのです。

この地をロケハンした我々は、早朝の暗い内からクイズ会場候補地に出向き、胸をわくわくさせながら東の空を眺めました。
すると全く雲一つない東の空が次第に明けて来て、真っ赤な太陽が顔を見せ始めました。
「これなら行ける!」と確信出来る手応えを掴み、この地のクイズ形式は決定しました。

クイズ当日、挑戦者は、暗い内にホテルから連れ出され、一体何をさせられるのか、不安に思った方もいるでしょうね。
でも、それから間もなく世界一美しい日の出の場所での、クイズを体験したのでした。
あれから20年以上、カンクーンがハリケーンで被害を受けたというニュースも聞いた事が無くやはり、あの地は世界一の理想郷なのかもしれません。

ラッコが日本から消える?

メリカ横断ウルトラクイズの昔の問題を読み返すと、時代の移り変わりを感じる事があります。
今では小さな子供でも、その姿を見れば誰でも良く知っているラッコ
最近のテレビで、そのラッコが日本の水族館から消えるかもしれないという話題が取り上げられていました。
そこでウルトラクイズでも、ラッコの問題が出た筈だ、とかすかな記憶で調べて見ると、確かにありましたね。
第7回のジャスパーで、次のような問題でした。
・北太平洋の沿岸に棲んで、仰向けに泳ぎ、貝などを石で割って食べるカワウソの仲間は何?

ラッコ

・ラッコ

解説
いくら何でも、この様な単純で易しい問題が、アメリカ本土で出題されるなど、今考えると不思議な気がします。
でも、それには次のような時代背景がありました。

ラッコが日本で飼育されるようになったのは意外に歴史が浅く1982年の事でした。
この頃はまだ全く無名の珍獣に過ぎなかったのです。
それが翌年の83年に鳥羽水族館で一般公開されたのです。
それまでは年間に80万人だった小さな水族館に全国から、ラッコを見るために何と200万人もの人が訪れ、大フィーバーとなったのです。
こうなると無名の動物も一挙にスターダムに上り詰めて行きます。
クイズ問題が出されたのは、その様な時期だったのですね。
ラッコのピーク時は94年で、全国28の施設で122頭のラッコが存在しました。
ところが、その様な人気者のラッコが日本から消えてしまうかも知れないという状態に置かれています。
現在は全盛期の122頭が、27頭にまで減少しています。

消え行く理由は、生まれるラッコよりも死んでいくラッコの数が多いとの事です。それも高齢化が進み、27頭の内9頭が15歳以上と老齢化しているのだそうです。なにやら、我が国の人間社会に似た危機的な状況ですね。

閑話休題

ラッコは、択捉島東部、千島列島、アラスカ州、カリフォルニア州などに分布し、日本はアメリカから輸入していました。
所がアメリカでも希少動物なので、90年代の後半から輸出禁止の方針を打ち出したので、簡単には輸入できなくなってしまったのです。
高齢化が進み、出生率も悪い、これでは本当に日本からラッコの姿が消える日が来るかも知れません。
貝やウニが大好物で、貝をお腹の上に載せ、石でゴンゴンと貝を叩いて貝殻を割って食べる、その様な姿が人気の的でした。
わが国にはラッコ・ファンも多く、愛らしい姿に心を癒された方も多いと思います。
少子高齢化、人間界だけでなく動物の世界にまで及ぶとは、
世の中厳しいですね。

第12回を数字で見ると!

メリカ横断ウルトラクイズが、現在史上初となる再放送されています。
放送局はCSの「ファミリー劇場」で、第12回を放送しています。
そこで今日は第12回のデーターを数字で振り返ってみたいと思います。

★東京ドーム参加人数は20,744人、北は北海道から南は沖縄まで、交通費自前で参加して頂きました。たった1問で惨敗なさった方もいらっしゃるでしょうが、クイズのお祭りに参加した、という満足感に浸っていたと我々は感謝しています。

★移動距離、55,000km。ウルトラクイズ史上一番の距離でした。

★飛行機の搭乗回数は何と18回、地球一周が4万キロですから、一周して更に15,000kmもおまけが付いたので、乗っている時間だけでも相当なものでした。但し、その数字は残っていないのが残念です。

★最低温度、氷点下12度(バロー)北極圏で人類の住む最北端でした。

★最高温度、摂氏37度(モハーベ砂漠)、この猛暑の中でばら撒きクイズが行われたのです。但し、熱射病にかかる人は0でした。目出度し、メデタシと言えるでしょう。

★北の果て。北緯71度17分(バロー) 寒さに負けず、挑戦者も頑張りました。遥か彼方に野生の白熊が肉眼で見えたり、すごい体験が出来ました。

★南の果て。南緯54度50分(フェゴ島) 人類の住む最南端の街で、マゼラン海峡に面し、世界一周のヨットマンは必ず通る港がありました。

★クイズ問題作者64名。この人達が約半年間、頭を絞って、クイズ問題を作りました。東京ドームで敗者になった皆さん、いや、どこでも敗者になった皆さんが口惜しさをぶつけるなら、標的はこの64名の皆さんと言えるでしょう。徳光和夫さんの頭をピコハンマーで殴っただけでは、収まらなっかったでしょうね。

★番組制作にかかった日数。248日でした。

★番組制作に関わったスタッフ。169名、一番組のスタッフとしては、ケタ外れの大所帯です。これだけ多数の人間を投入して作られた番組だったので、視聴率が常に求められました。

★この回を見た人の数。噂では日本人の3人に1人が見たというのですが、実態は霧の中のようで、掴みどころがありません。

でも、このブログを書いて知った事ですが、老若男女多数の皆様からコメントを戴き、本当に多くの方々に親しまれた番組だったのを改めて知らされています。
第12回の再放送は今夜8時から、第2話です。
             ご期待ください

ファミリー劇場

第12回の思い出です

メリカ横断ウルトラクイズは30年以上も前から20年前に放送された昔の番組でした。
それが最近になって、CS放送の「ファミリー劇場」で、初めて再放送される事になり、ウルトラファンから大歓迎されていました。
では、ウルトラクイズを知らなかった世代の皆さんの反応はどうだったのか?
これが気になりましたが、私のブログへのコメントでは「合格!」といった評価が多いのでホッとしています。

確かに最近のテレビ番組では現実的でないほど、大袈裟な作りでしたね
最初の東京ドームのシーンを見た時に、何と大掛かりなセット、配置、仕掛け、と我々がやった事ながら、あまりの贅沢な作りに、費用の事が頭をかすめ、良い時代の「番組遺産」という気がしました。
今の時代、この様な壮大な演出をも許してくれる局は先ず、無いでしょうね。
旅のコースにしても、北極圏から南極圏まで、延々と55,000kmものロケを敢行するなど、大作の映画ならいざ知らず、一テレビ番組ではとても夢の又夢の世界と言えるでしょう。
こうした中で作られた番組ですから、懐かしさが加わり、すっかり視聴者になっている自分に気が付き、思わず苦笑いしたものでした。

さて、第12回の裏話です。
最南端の地、南米のフェゴ島からアメリカ本土に戻った最初の地が、陽光降り注ぐ常夏のフロリダ半島のゲインズビルでした。
フロリダ半島の中央に位置する小さな街ですが、ある種のマニアにとっては憧れの地でもあったのです。
それはドラッグレースの本場として、スピード狂にとっては聖地だったのです。

drag_race

アメリカ各地のスピード狂が、大型トレーラに愛車を乗せ、毎週のように金土には集って来てレースを楽しんでいる街なのです。
ドラッグレースは又の名を「ホットロット」あるいは「ゼロヨン・レース」と呼ばれ、2台の車が400メートルの直線コースでタイムを競い合うという、本当のスピード狂のレースです。
モータースポーツの本場、正にアメリカらしいレースと言えるでしょう。
では、何故この様なレースが生まれたのか、その歴史は意外に浅いのです。
第2次世界大戦の後、戦争から帰った若者たちが怒りをぶつけるはけ口に、スピードに命を賭けるようになったのだそうです。
集団で車をブッ飛ばして遊んでいる内に、400メートルの出だしを競おうという遊びに進化したらしいのです。(元祖、暴走族みたいな皆さんです)
最初は直線の公道で遊んでいる内に、飛行場の滑走路で走り始め、この頃からスポーツに格上げして行きました。それがドラッグレースの始まりです。

ゲインズビルには、毎週100台近い車が集結してレースを楽しんでいたので、我々はこのレースをそっくりクイズに取り込んで、番組を作りました。
即ち、早押しクイズで正解すると、2台のゼロヨンレースの車の内、どちらが勝つかを予想します。
見事、予想が的中すれば勝ち抜け。
外れた場合は振出しに戻ってクイズに挑戦しなければなりません。
勝つか負けるか人任せ、これぞ、知力、体力、時の運ですね。
因みに全国から集まった暴走族とは?
コックさんから弁護士、修理工のお兄ちゃん、大学教授、美容師さんと年齢も職業も幅広く
老若男女すべて、まるでウルトラの視聴者の皆さん と同じでした。
この模様は金曜日「ファミリー劇場」で、まだ見る事が可能です。お楽しみに!

ファミリー劇場

世の中の変化

メリカ横断ウルトラクイズの当時出題されたクイズ問題を眺めていると、世の中の変化が手に取るようにわかる事があります。
クイズは知識を競い合うゲームですから、時代が移り変われば、当然のように答えも変わってしまう事があります。
何時の時代であれ不変の正解、時代とともに移り変わる正解、これらが入り混じってクイズ番組は成立しています。従って、昔のクイズ番組の問題を現在の番組がそのまま使用すると正解が違ってくる事も起こりうるのです。

第8回の準決勝フィラデルフィアで、次のような問題が出されました。
・国鉄で団体とは何人以上の事?

国鉄

・15人

解説
国鉄は中曽根内閣の政治改革の目玉として、1987年に分割民営化され、幾つかのJRという企業に変身しました。
民間企業ですから、それぞれの会社で規則を決めるのでしょうが、全国を結ぶ列車で旅をする訳ですから、協定で団体の規則は決められているのだと推測できます。
それによると、現在の団体の人数8人と当時に比べ半減しています。
団体の規定を調べたところ、8人以上が同じ工程を一緒に旅行する場合に適用される割引サービスとなっていました。
更に団体の種類も「一般人を対象にした普通団体」「学生団体」 これも生徒、児童、園児と細かく分けられて割引運賃が計算されます。
更に人数によって、無料の切符がサービスされますが、30人~50人で1枚、人数が増える毎に無料券の枚数も増えて行きます。

この様な細かな規定は、クイズ問題としては一般的とは言えません。
但し、「オタククイズ」のような専門分野を競う場合は、ありうるかもしれませんが、少なくともウルトラクイズでは、「重箱の角を突っつく問題」という判定で、採用されないでしょうね。
日本語には「隔世の感」という言葉がありますが、正に時代がすっかり変わってしまったな、と実感させられます。
クイズ問題は、世の中を反映しているだけに、その影響を受けやすいのでしょう。
ウルトラクイズは、昔の思い出の世界に存在した番組、というのが真実でしょう。