反対語とは?

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を、大きく分けると一般の常識問題と、知って得をする面白い知識、に分ける事が出来ます。

但し、クイズは知識を競うゲームですから、一般常識をそのまま問題にしたのでは面白味に欠けてしまいます。

そのため視聴者が興味を惹くように、文章化しなければなりません。

或いは知っているようで、つい忘れているような事柄を探し出し、問題に創り上げる事もあります。

日本語には「類似語」「反対語」という分け方がありますが、これもクイズ問題になり易い範疇ですね。

第5回のサイパンで次のような反対語を求める問題がありました。

問・季節によって棲む場所を変える鳥は渡り鳥。では、1年中同じ場所に棲む鳥は?

答・留鳥

解説  クイズ問題会議でも「地鳥」「地元鳥」のような珍答があったために、「留鳥」は忘れ易い単語として採用されました。

知っているようでも、普段使わない言葉は忘れ易いというのが普通の人でしょうね。

この問題も「1年中日本に棲む留鳥の反対は?」と問われれば、大多数の人が「渡り鳥」と答えられる筈です。

「渡り鳥」の画像検索結果

渡り鳥には、ツバメやカッコウのように春に日本にやって来て繁殖し、秋に南方に帰る鳥を夏鳥と言います。

逆に、白鳥や雁のように、秋に日本にやって来て冬を越し、春に北へ去る鳥を冬鳥と呼んでいます。

人間が避暑地や避寒地に別荘を持つように、鳥は暑さ、寒さを避ける自然の能力を持っている訳ですね。

何故、季節や方角が解るのでしょう? 動物の持つこのような能力は、自然の不思議としか言えません。

動物の本能、との一言で片付けていまいそうですが、クイズ好きの人は「何故?」と謎を追い求める姿勢が強いようです。

夏鳥、冬鳥の例でも解るように、「何故」を追い求めるとその鳥の種類や習性が解ります。

また、カラスのように「留鳥」と思われていた鳥でも種類によっては渡り鳥だった、という説もあります。

「何故」を調べる習慣を付けるとこの様に、知識の幅と深さが蓄積されて行くのですね。

言い換えれば「好奇心が強い」これがクイズに勝ち抜くための最大のコツと言えるでしょう。

 

 

危険な動物とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、誰でもが知っているようで知らない知識を探し、クイズ問題を創っていました。

例えば、「日本に棲んでいる猛獣は?」と問われると一瞬動物園の動物を思い浮かべます。

野生のライオンや虎は日本にいない。オオカミはすでに絶滅しているので、日本に猛獣は居ないと考える人も居るでしょう。

いや。熊やイノシシのように危険な動物を思い浮かべて、アレを猛獣と呼ぶのか? 思案に悩む人も居るかもしれません。

因みに日本語の辞書では、「猛獣」とは気性の荒荒しい肉食の動物と説明されています。

その様な迷いを起こす問題が、第10回のエルパソで出題されていました。

問・日本に棲む最大の肉食獣と言えば何?

答・ヒグマ

解説 ヒグマは雑食と考えられていますが、鮭などを食べる肉食獣でもあります。

大きいものだと、450㎏にもなり人間を襲う事もある危険な動物です。

「秋田 人食い熊」の画像検索結果

最近の事件で言えば、秋田県の鹿角市の山林で、熊に襲われ殺害された女性の遺体が発見されました。

その他、5月から付近の山林で3人の男性が熊に襲われて亡くなっており、計4人が被害者になっています。

このため、熊の生態に詳しい学者がテレビに出演、その解説によると「一度人間の肉を食べる」と、人食い熊に変身する可能性が高いとの事です。

つまり、熊は立派な猛獣なのですね。その熊による被害は毎年ニュースになっています。

特に、今年は山中の食料が不足したのか、熊の他、鹿、猪などが人里に現れ、畑を荒らすという被害が各地で発生しています。

鹿は猛獣ではありませんが、でも「猪」は雑食なので危険な猛獣と考えた方が良いかもしれません。

「熊のプーさん」のように子供達に愛されるイメージの熊ですが、現実は危険な動物という事も忘れないで欲しいものです。

 

 

 

 

数字で一括する問題

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、一定の決まり事で記憶する事象が有りました。

例えば、同じような物を3つ並べてそれを当てさせるという手法が有りますね。

日本3景とは? 日本の3名園とは? 出羽3山とは?のような問題がありましたね。

また、優秀な4人を指す言葉で「四天王」という表現もよく使われます。

「織田信長の四天王と言えば誰?」と言う問題もあったような気がします。

お芝居でお馴染み。盗賊を五人を揃えて「白波五人男」とは誰? といったリレー・クイズもありました。

昔から日本人は、同類を一括りにして表現するのが好きだったのでしょう。

その代表的な問題が第7回のグアムの「敗者復活ドロンコカルタ取りクイズ」で出されています。

問・江戸時代の錦絵、安藤広重は「東海道五十三次」。では、葛飾北斎は「冨獄何景」?

答・三六

解説 この時は、泥んこクイズの敗者復活戦だけに、敗者が泥んこプールの縁に並んで座ります。

プールには、アトランダムに書かれた数字の札が沢山浮いていて、その札を奪い合うという設定です。

blog_import_53c399608351e

数字は22、1、36, 56、80などバラバラの数字です。

一枚の札を取り合う訳ですから、泥んこの中ではプロレス状態の奪い合いが想定出来ます。

クイズに強い人は、数字を観て問題を予想し、素早く札に飛びついて復活する猛者もいました。

我々はクイズ問題と同時に、挑戦者の札の奪い合いのような場面展開を考えながら、それに沿った問題を創っていたのです。

ウルトラクイズは知力だけ優れていても勝てません。

体力時の運が揃わないと勝てないというのが番組のキャッチフュレーズでした。

我々は、体力と時の運をどのように盛り上げるか? そのアイディアを出すのが一番苦しい作業でした。

1枚の札を奪い合う、泥んこプロレスはその代表的な成功例っだったと思います。

 

架空の人物名は落とし穴

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、挑戦者が勘違いで誤答するだろう、と狙ったような意地悪問題も含まれていました。

架空の人物を問う場合、小説や映画、ドラマ等に出てくる場合が多いのですが、小説は読んだ人なら間違えるはずが無いのです。

中味は読んでいないのに、作者と作品だけを記憶しているだけでは正解出来ません。

でも、人物をその様に記憶しているクイズマニアもいるので、知識の奥行きを探る問題も創っていたのです。

その典型的な例が、第7回のオルバニーで出題されていました。

問・夏目漱石の「三四郎」。三四郎の苗字は何?

答・小川。

解説 「三四郎」は、夏目漱石の代表的な作品で、九州の高等学校を出て、東大に通うため単身上京した小川三四郎の物語です。

一方、同名の架空の三四郎は、富田常雄の長編小説に出て来る柔道の強い「姿三四郎」です。

「姿三四郎」の画像検索結果

こちらは黒沢明の監督第1作になったのを初め、5回も映画化されたヒーローでした。

テレビでも、TBS, NHK, フジTVなどで数回に亘りドラマ化され、人気のヒーローですから「三四郎」と言えば反射的に「姿」と誤答する可能性が大です。

この時の挑戦者が、正解or誤答の記憶はありませんが、この様に最初から「引掛け」とも言える問題を随所に忍ばせて、問題の配列をしていたのです。

観て楽しい番組を創るためには、全体にあの手、この手の工夫を凝らす、我々は常に新しいアイディアを求めていました。

随所に問題の落とし穴を仕掛けていた、そんな意地の悪い集団だったのですよ、スタッフは。

今だから話せる懺悔です。

芸能界の歴史的出来事

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、歴史的な出来事が時々登場します。

政治の歴史は勿論ですが、スポーツ界、芸能界など細分化された歴史も、クイズ問題になり易い話題と言えるでしょう。

番組初期の頃、第3回のニューヨーク決勝戦で、芸能界の歴史に関わる問題が出されていました。

問・流行歌手で初めて歌舞伎座の舞台を踏んだのは誰?

答・美空ひばり

解説 当時、歌手で大物と言えば美空ひばり、三波春夫など、ごく限られた人達に絞られます。

「歌舞伎座、」の画像検索結果

特に三波春夫は「お客様は神様です」の流行語を生み、歌舞伎座出演も多かったので、誤答する人も居ると思われ、問題採用が決まりました。

1,952年当時14歳の美空ひばりが歌手としては初めて歌舞伎座の舞台に立っています。

元々歌舞伎座は、日本最高の芝居の舞台だけに、歌手の出演には多くの障害があったと伝えられています。

特に、男性だけが上がる事の出来る神聖な歌舞伎の舞台に、女性が上がるなど言語道断という声がありました。

でも、風当たりが強い割に、それ以上に世間の注目と期待も大きかったと言われています。

1952年4月28日、サンフランシスコ平和条約が発効されたこの日、第1回歌舞伎座公演『美空ひばりの會』が初日を迎えたのです。

戦争で焼かれた歌舞伎座が、1,951年にようやく復興が終わり、その翌年に当時人気絶頂の14歳の少女が記念するべき公演を果たしたのです。

正に戦後、芸能界の歴史の1ページですね。

ひばりさんは没後27年になるとはいえ、未だに多くのファンがいる偉大な歌手でした。

それだけに、記録を作った曲も多く、ウルトラでも幾多のクイズ問題が出されています。

芸能界では戦後最大のスターと評価される訳ですね。