国を動かす頭脳集団!

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、時代を先取りした問題が、時々出されていました。

現代人が問われたなら常識的な問題。しかし30年も前の挑戦者でも正解した人がいたのには驚きです。

第14回のオレゴン街道・団体戦!幌馬車マラソンクイズで、次の問題が出されていました。

問・専門的な知識やアイディアを持ち、自分たちの頭脳そのものを資本として商売をする集団を何という?

答・シンク・タンク

解説 当時の日本では野村総合研究所が最初に発足し、後を追って次々と誕生しています。

現代では、各シンクタンクの専門家がテレビ番組のコメンテーターとして名前を売っているので、一般常識となっています。

シンクタンクの歴史を見ると、19世紀後半に英国で創設されたフェビアン協会が元祖との説が有力です。

そのため、英語の「シンクタンク」が研究団体の共通な名称になりました。

更に、20世紀初期に米国で「米国型リベラル思想」に基づいて創設されたシンクタンクが始まりと言われているのです。

現在も、欧米においては、そのほとんどが非営利団体という形態を取り、政策研究を展開し続けているようです。

即ち、世界中の国がシンクタンクの意見で国の進む方向を決める事になるようですね。

そういえばシンクタンクの専門家が、政府の方策研究のメンバーに名を連ねているのはテレビのニュースで時々見ますね。

本日の裏話は、クイズ問題から我々が名前を記憶しているシンクタンクの専門家が日本を動かす役目を手伝っている人という事。

そこで結論! 今後はシンクタンク所属のコメンテーターの意見に注目しましょう。

国を動かす人物ですから、意見は正論だと思いたいですね~。そうと知ったからには、彼らの意見を真面目に聴こうかな~?

 

 

 

小説家の個人情報も問題になる

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には文学との枠組みがあり、更に国内・外国の作品に関する問題が出されていました。

小説を読んでいれば完璧でしょうが、読まなくても作家の私生活や心理状態などからも問題は作られます。

即ち、文学好きな挑戦者は文学関連の知識を多く蓄えているので正解率が高くなります。

第6回のアラスカで行われた「1対1早押しクイズ」で、作家関連の問題が出されていました。

問・「生まれてすみません」という言葉で有名な小説家は?

答・太宰治(1909~1948)

解説  本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表しています。

主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』などが有名で、若い男女のファンが多いのが特徴です。

没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなり戦後は、典型的な自己破滅型の私小説作家と称されました。

昭和23年6月13日、玉川上水で愛人の山崎富栄と入水した奇しくも太宰の誕生日に発見されたのです。

この日は彼が死の直前に書いた短編「桜桃」にちなみ「桜桃忌」と名付けられ、毎年ファンが集まって彼を忍んでいます。

何れにしても彼は女性問題が多く、しかも心中未遂を含め何度も自殺を決行しているので自己破滅型私小説家と呼ばれています。

それにしても日本の小説家は、自殺する人が多いのは不思議ですね。古くは芥川龍之介がいましたね。

その芥川賞を受賞した川端康成、切腹をした三島由紀夫は歴史に残る大事件として国民にショックを与えました。

アメリカでも第8回に訪れたキーウエストで、問題にも出されたヘミングウェイがやはり銃による自殺をしています。

理由は様々異なるにしても、高名な有名人が何故自ら死を選ぶのか? 小説家は理解不能です。

人間は誰でも悩みは有るでしょうが一度しかない人生です。不況やコロナウイルスが来ようと負けずに生き抜きましょ~。

歴史上の人物の面白情報

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には意外性や愉しさを求める問題が多数ありました。

例えば、日本人なら誰でも知っている歴史上の人物の、知られざる現実には面白い話があるものです。

その典型的な問題が、第4回のグアムの「正しいか誤りか」の問題として出されていました。

問・天草四郎のクリスチャンネームは、ジェロニモである。正しいか、誤りか?

答・正しい

解説 天草四郎はキリスト教伝来時代、キリスト教禁止令が出され、その抵抗運動の指導者でした。

また、西部劇でお馴染みのジェロニモは、西部開拓時代に白人に抵抗したアパッチ族の有名な酋長です。

共に強大な勢力に抵抗した二人の名前が同じという意外性が面白くこの問題が創られたのです。

現実の天草四郎は江戸時代初期リシタン禁止令の時」 島原に於ける一揆軍の総司令官でした。

本名は益田四郎時貞(ますだしろうときさだ)で洗礼名はジェロニモでした。しかも十代半ばの少年だったのです。

熊本県にある「天草四郎ミュージアム」は、現在も毎年全国から熱心なキリスト教信者が訪れる観光名所になっています。

本日の裏話は、歴史上の人物の知られざるエピソードをご紹介しましたが、昔は少年でも偉い人がいたのですね。

そう言えば、前世は天草四郎だったと名乗る方もいましたが、有名人ともなると面白い話が出る物ですね~。

外見で判断はいけません

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、世の中の森羅万象の中から創られていたので、知識の豊富な人が有利でした。

知識欲が旺盛な人は、分野を分けず「面白そう」と感じた事象は何でも記憶するタイプなので、クイズに強かったのでしょうね。

第12回のイグアスで、次のような雑学的な問題が出されましたが、挑戦者は競って早押しボタンを押していました。

この時は九人の挑戦者が残っていましたが、いずれ劣らぬ実力者ばかりだったようです。

問・元々は、牛と戦うためにイギリスで作られたペット犬は?

答・ブルドック

解説 牛と戦わせる見世物として改良された犬だけに、強く獰猛そうな面構えが印象的ですね。

最初は見世物も大当たりしたようです。しかし、1,835年に動物虐待法が成立。牛イジメの見世物は禁止になったのです。

と、なるとブルドッグは強そうなイメージから番犬として飼われるようになったのです。

その内に、闘争に必要だった獰猛な性格も取り去られ、現在では強面とは裏腹に、温厚で大人しいペットの人気犬になりました。

人間の場合も「人は外見で判断するな」との言葉もあるように、顔や身形(みなり)で判断するのはいけませんね。

それにしてもブルドックは強そうな顔で「優しい性格」とは意外中の意外な話でした。

逆に人間の場合は、優しそうな顔で女性を騙したり、詐欺を働いたり、そんな奴もいるので善悪の判断は難しいですね~。

 

 

天国に近いタヒチの歴史

アメリカ横断ウルトラ・クイズは、アメリカ大陸を始めとして、世界各地を旅しながらクイズを行ってきました。

我々は、世界各地のロケ地を紹介する事も番組の目的でしたので、毎回ロケ地の当地問題を出題していました。

クイズが終了した時に、次の目的地は「〇〇」と発表しているので、挑戦者は移動期間に猛勉強していました。

その結果、我々は難問と思える難しいクイズにも、結構正解者がいましたので、優勝候補として注目していたのです。

第14回のタヒチで行われた「奇襲! ゲリラになった私クイズ」で次の問題が出されていました。

問・航海時代のタヒチで起こった「バウンティ号の反乱」。「バウンティ」はどこの国の戦艦?

答・イギリス

解説 1,780年代イギリスはスペインから奪った太平洋の島々で、大規模なサトウキビ農場を経営していました。

1787年12月、パンノキ移植の命令を受けたバウンティ号は、イギリスを出航。喜望峰を経由し、タヒチに向かう航海でした。

乗組員は46人、艦長はクックの航海で航海長をつとめた男でした。彼は規律に厳格で、乗組員達から嫌われていました。

1788年10月、バウンティ号はようやくタヒチに到着。苦しい航海に耐えた乗組員にとってそこは天国でした。

彼らはパンノキの採取をしながら、島での生活を楽しみ、現地の女性と結婚する者も現れたのです。

そんな愉しい生活の最中に、イギリスから帰国命令が出たので船員は反乱を起こし、船長と忠実な海軍士官を追放したのです。

この事件を「バウンティ号の反乱事件」と呼ばれ、イギリスでは歴史の残る犯罪でした。

結局、島に残った乗組員はその後逮捕されて帰国。また、小さな離れ島に逃げて、生き延びた船員と家族もいました。

しかし、彼らの家族は何も無い島ですから、疫病に罹り全員が死亡したと記録されているようです。

タヒチは我々から見ると、美しい島国で人々も親切でした。天国に近い島国ですが、過去には悲惨な歴史が潜んでいたのです。

本日の裏話は、南太平洋の「夢の島タヒチ」のご当地問題から、意外とも思える歴史のご紹介でした。

このお話は有名な事件だけに、何度か映画化されていますのでご覧になった方もいるかも知れませんね。

タヒチと言えばゴーギャンを思い浮かべますが、もう一つ「イギリス海軍の反乱事件」という話のネタに出来ましたね~。