罰ゲームの宝庫オーランド

メリカ横断ウルトラクイズは、罰ゲームの面白さも番組の売りになっていました。
だから、我々はロケハンでも面白い罰ゲームの材料を探す事もしていました。
第15回でオーランドをロケハンした時の事です。
オーランドには東のハリウッドと呼ばれる、ユニバーサル・スタジオがありました。
子供達だけに限らず、大人でも充分に楽しめるワンダーランドです。
ここには、人々の夢を叶えてくれるアトラクションが、わんさか詰まっている、巨大な遊園地なのです。

ユニバーサルスタジオ_オーランド


京ドームの凡そ35個分という広いスペースに、過去の名画のセットや人物が配置されたスタジオがあります。
訪れた観客を、この映画の世界に引き込んでしまうという不思議な空間なのですね。
 
日本でも大阪にユニバーサルスタジオ・ジャパンが出来ましたので、細かい説明は省略しますが、このスタジオを初めて見学した時の驚きは相当のものでした。
いわゆるカルチャー・ショックというヤツでしょうね。
この場所をクイズ会場に使えるならば、面白い事が幾らでも出来そうな予感がしたのです。

そこで、交渉してみると、ウルトラクイズをこのスタジオ内で撮影する事を了承してくれたではありませんか。
我々は、この夢のような国を隅々まで見て廻りたいという意味で、恒例になっているマラソン・クイズ行う事にしました。
でも、「何でユニバーサル・スタジオで、マラソンなの?」という疑問が沸いて来るはずです。
それに答える意味で、ここでの出題は全てショー・ビジネスに関するクイズ問題にする、という事で、視聴者に納得してもらう事にしたのです。

ゲームの為に、スタジオで活躍するスタントマンの養成学校を見学しようという事になりました。
大勢の観客の前で即戦力になるスタントマンを訓練する学校ですから、授業は過酷なものですが、素人でも出来そうなスタントは、カースタントだというのです。
猛スピードで走る車の屋根にしがみ付き、車が急ブレーキをかけるのだそうです。
すると、その瞬間に屋根の上の人間が前方に転がり落ちるというスタント。
聞いているだけで、ぞっとするような危険なワザと言えるでしょうね。
そんな事を、素人が出来ますか、と聞いたところ
「OK,、ノー・プロブラムよー」
との事でした。

罰ゲーム_カースタント

いでに同じように、素人が体験出来るスタントがもう1つある、というのでそれを見学したところ、のスタントがありました。
これは防火服の上から火をつけると、全身が炎に包まれ、過激で危険な演技なのです。
しかし、先生の講義をしっかり聞いて、手順さえ間違いが無ければ、素人でも可能な演技だというのです。

罰ゲーム_炎

こうなったら、この罰ゲームは2つとも「採用!」です。
その結果、オーランドでは、もう1つクイズをやる事になりました。
それが、オーランド・パート2、その夜グッスリと眠っている挑戦者の部屋を突如襲う「突撃、奇襲クイズ」だったのです。
これは罰ゲームが先に決まったために、行なわれたクイズだったのでした。

アメリカの出発点ドミニカで思うこと

メリカ横断ルトラクイズは、その名の通り毎年アメリカ各地を横断して、クイズを行なってきました。
クイズ地を選ぶために、毎年ロケハンという名目で、各地を旅してクイズ会場となる場所を探し、実際に目で見て決定に持ち込むという手順を踏んで進行していました。
各地を訪ねるには、何らかの理由が必要になります。単にその場所に行ってみたいから、という理由では会社側の許可は出ません。我々は、毎年ロケハンの前に、その場所に行く理由を考え、それに沿ってコースを決めていたのでした。
第15回で、カリブ海の楽園の島、ドミニカ共和国へ行きましたが、その時の理由は、アメリカの出発地点を見てみようというこじつけでした。

Dominican_republic


1492年、かのコロンブスが黄金の島、ジパングを目指してスペインを出発、90日後に辿り着いたのがこの島だったのですね。これは中学校の教科書で習ったので、誰でも知っている常識。それをやっと思い出して、ドミニカをロケハンの地に選びました。

年なら、WBCがらみで話題の国ですから、視聴者だって「どんな国?」と興味をもたれる事でしょうね。
もっとも、当時も野球の盛んな国という認識は皆さん持っていたと思いますよ。
例えばアメリカのメジャーで、当時スーパー・スターだったサミー・ソーサー選手がドミニカ出身で、これは日本の野球ファンには、広く知られた情報だったと思います。

実際にドミニカ共和国に行ってみると、スペインの文化が色濃く残っていて、エキゾチックな雰囲気で季節は陽気な常夏の島でした。

ドミニカ2


勿論、コロンブス関係の旧所、名跡は各所にあって、クイズ地としては全く問題は無さそうです。

ドミニカ3


車で、ドミニカ各地をアチコチ走り廻り、人々の生活を見て歩いたのですが、確かに野球は盛んで、グラウンドでは子供たちが熱心に練習をしていました。
他の国では、道路でサッカー・ボールを蹴って遊んでいる子供が多いのですが、それよりは野球の方が目に付いたという印象でした。
当時の資料によれば、野球はドミニカの国技とも言われている、と書かれていますので、盛んなはずですね。

この頃、ドミニカでもう1つ知られていたのは「メレンゲ」というリズムでした。
これは、ドミニカで生まれたカーニバル舞曲で、タンボーラという太鼓を使って演奏され、2小節毎に連打のリズムが入るのが特徴、との事です。
何故私がそんなに詳しいのか? 実はご当地クイズで出題されたので、その資料を見ながら書いている情報なのです。

ドミニカは発見当時、インドと間違われたために、今でも西インド諸島の中にあるイスパニオーラ島と呼ばれ、島の半分はハイチ共和国なのです。
これもご当地クイズで出題された知識からの引用です。
こうして振り返って見ると、ウルトラクイズのご当地問題は、結構ためになる事を問題として採用していたのですね。
ウルトラクイズでは、単なる知識は「教科書問題」と呼ばれて、採用しないようにしていましたが、教科書を作る皆さんも、クイズ問題を作るような気持ちで、子供たちが興味を持つような話を加えて、教科書を作ったら、もっと勉強が楽しくなるのではないかなぁ、と思うのです。
今日は手前味噌のお話でした。

スーツケースに凝ったスタッフ達

メリカ横断ウルトラクイズでは、毎年1ヶ月の旅を続けます。
旅の荷物を入れるのは、スーツケースですが、どんなに丈夫な造りでも、1ヶ月間旅を重ねると、アチコチが傷だらけになってしまうのは仕方が無い事ですね。
何しろ飛行機に載せたり、降ろしたり、バスに積んだり降ろしたり、その度にポンポン放り投げられるような扱いを受けるのですから、新品のスーツケースも半月もしないうちに、アチコチ傷が付いて、それをいちいち気にしていたのでは、とても旅は続けられません。

は最初の頃は、ソフトタッチの合成皮革製のスーツケースを使っていました。
これだと乱暴に扱われても、その都度凹むような事がないので、気にならなかった利点がありました。
しかし、これも3年4年と使ううちに傷が目立ってきました。
この頃、あるスタッフがハリバートン社製のZEROのスーツケースを使い出したのです。

ZEROは、その頃宇宙飛行士が宇宙へ旅発つ時に、お揃いのアタッシュ・ケースを持ってニュース映像に出て人気のブランドになっていました。
それだけに、普通のスーツケースの何倍かの高価な値段が付いていました。
しかし、例えば水に浸かっても、ケースの中には水が入らないという神話があって、それだけのお値段が付いていたのでした。
いくらなんでも、そのような高価なスーツケースを持つ身分ではないと、横目で見ながら、羨ましく思っていたのでした。

ゼロハリバートン

ころがある時、ニューヨークZEROの店を発見し、値段を見ると日本で買う半額以下の定価だったのです。
そこで、店員さんと交渉すると更に3割程度値引きをするというのです。
しかも、ゴールド、シルバー、ブラックと色も揃っています。
これを見逃す手は無いとばかり、最初は大型のスーツケースを買って、得意な顔で持ち帰ったのです。
すると、これを目ざとく見つけたスタッフが、「幾らだった?」と聞くので、正直に答えると、彼も仲間とすっ飛んで、そのお店に駆けつけ、同じようなスーツケースを買い求めました。

は思いは同じで、スタッフはみんな最初のZEROを横目で眺め、何時かは自分もと思っていたのでしょうね。
私は次の年も、また次の年も我が構成作家の後輩には、「このスーツケースは丈夫だぞ」と勧め、我々のチームは全員お揃いのスーツケースを持つようになりました。

こうした流れは、演出チーム、技術チームにもすぐに伝染し、「もっと安い店を見つけた」というような情報が乱れ飛び、たちまちウルトラのロケ・チームの荷物は高価なZEROのスーツケースのオンパレードとなったのです。
ホテルでは、ポーターが荷物運びを手伝ってくれるのですが、彼らは我々のスーツケースを見るなり、「Oh!」と目を見張るのです。
日頃彼らは、旅行者の荷物を見て、客の品定めをする癖が付いているのでしょう。
多分「上客だ」と喜んだと思うのですが、その割にはチップの額が荷物1個1ドルという決まりで渡していたので、がっかりさせたかも知れません。

ZERO