ウルトラはドキュメンタリー番組だった?

メリカ横断ウルトラ・クイズはテレビ番組の分類では、視聴者参加のクイズ番組とされています。
しかし、我々は最初からドキュメンタリー番組を目指していました。
あの時代に、単なるクイズ番組や旅番組という括りでは、あれほど長い期間番組を続ける事は出来なかったでしょう。
また、費用の掛け方にしても常識を超えたものでしたから、それなりの内容を要求されました。

タイトル

ず、出演者が司会者以外全員が素人で、2時間もの番組を作るのは結構大変です。
しかも、連続で4週も放送するわけですから、内容が面白くなくては視聴者が納得してくれません。
それを乗り越えるためには、挑戦者にタレント並みの魅力を持たせなければ飽きてしまうでしょうね。
そこで我々は挑戦者を徹底的に磨き上げようと努力をしました。
参加した挑戦者の皆さんはご存じ無いでしょうが、我々スタッフはグアムに上陸した挑戦者全員の身上書を持っていました。
勿論、写真付きで本人が申告した内容が記入されています。
氏名、出生地、家族、学歴、職業、趣味、長所、短所などが書き込まれています。
しかし、これは最初の原本であって、旅の間に我々が発見した特徴が、次々と書き加えられていきます。
機内ペーパー・クイズの順位、知識の度合い、性格の特徴、本人が発した記憶に残る言葉、と言ったように情報は増えていきます。

の様な情報を重ねる事によって、挑戦者の性格付けをしなければなりません。
アメリカ本土に上陸すると、我々は彼らにニックネームを付けました。
これは視聴者が覚え易くするのが目的でした。
この様な資料は全スタッフが持っていましたので、カメラマン、音声、美術スタッフにいたるまでが、挑戦者の特徴を知っていたのです。
前にもこのブログで書きましたが、1か月も旅をしていながら挑戦者とスタッフが言葉を交わす様な場面はあまりありません。
挑戦者の皆さんは、スタッフの名前など知る由もありませんが、スタッフは全員が挑戦者の名前を始め、個人情報を詳しく知っていたのです。

ドキュメンタリー番組を作るスタッフとしては当然の配慮です。
だからこそ、挑戦者の細かい動きを見事に撮る事が出来たし、ナレーションでそれを生かす事が出来ました。

えば、敗者と勝者の別れのシーンでは、必ずといって良いほど涙の場面が描けました。
これもその様な日頃の蓄積があればこそ、涙を流すのは誰と予想が出来ますし、その瞬間をカメラマンが待ち構えていて、撮る事が出来るのです。

涙

この様な阿吽の呼吸も、長年一緒に仕事をしてきた仲間だからこそ実現出来たのでしょう。

阿吽

ウルトラ・クイズがドキュメンタリー番組だったというのには、この様な裏話が在ったからなのです。

自由の女神様も災難です

メリカ横断ウルトラ・クイズの象徴的な存在、自由の女神様が今週はとんだ災難に遭遇しています。
皆さんもニュースでご存じでしょうが、今週はアメリカの議会で予算が通過しなかったそうですね。
その結果、政府機関の一部がが閉鎖されるというとんでもない事が起きてしまいました。
80万人にも上る政府職員が自宅待機、などとニュースで伝えられています。
また、政府が管轄する公園などの一部が閉鎖されるという事も起きています。
我が、自由の女神は、ニューヨーク観光の目玉的な存在だけに、どうなるか注目されましたが、リバティー島は閉鎖され、女神様に会いたい方はフェリーの上からしか、お目にかかれないのだそうです。

自由の女神

ルトラ・クイズ・ファンの皆さんは、ニューヨークへ行ったら必ずや会いに行く女神様ですが、当分はこの状態が続くらしいのが残念です。
このブログでは、前回も女神様の事を書いたばかりでしたが、今週は女神ウィークになってしまいました。

そこで、最近の女神様の動向を調べてみたのですが、何と去年の10月にハリケーンの影響を受けて、8か月間も閉鎖されていたのだそうです。
それが、今年の7月の独立記念日に再開されたばかりで、またまた閉鎖に追い込まれてしまいました。
この様に考えると、女神様にも厄年というものが有るのかも知れませんね。

ついでに言えば、ヨセミテ公園、山に大統領の彫像を掘ったラッシュモア山、などウルトラクイズで訪れた国立公園もみんな閉鎖という事がテレビで報じられています。

ラシュモア山

ウルトラクイズが行われていたあの時代に、この様な重大な出来事が無くて、本当に良かったです。
恐らく、あの時代のロケ中に、こんな事態が発生したら
「現場で代案を考えろ!」
と、恐ろしい指令が東京から届いた事でしょう。
「くわばら、くわばら」とはこのような時に唱える呪文でしょうね。

クイズ問題作家泣かせの自由の女神さま

メリカ横断ウルトラ・クイズといえば、「自由の女神」と言えるくらい、自由の女神は番組の象徴的な存在でした。

自由の女神2

初めて番組に登場したのは第2回で、その後3回と9回を除くすべての回で、第1問が「自由の女神」という問題でした。
それほどアメリカと自由の女神は切り離せない関係にあったのですね。
しかし、我々スタッフにとって、この自由の女神さまほど頭を悩ませたものは有りません。
何故なら、本やパンフレットなど印刷物で紹介された事のない事象から問題を作る、というカセがあったからです。

った1つの銅像に関する知識で、その様な問題を考えるのは至難の技です。
何故、そんな厳しいカセを設けたかと言えば、正解を発表する前に証拠品を持った人が挑戦者の中にいたとします。
そのような情報はアッという間に東京ドームの中を駆け巡り、正解発表を待たずに勝敗が決まってしまいます。
そうなるとあの興奮も熱気もそがれてしまい、全く面白くない場面になってしまいます。
それを防ぐ手段として、正解が印刷物に無いものという決まりを設けたのです。
それからというもの毎年この条件は変わりませんでした。

この決まりで1番苦労を強いられたのは、クイズ問題を作る作家の皆さんでした。
記憶によれば、回を重ねる毎に苦しみは増し、第16回の時には選考を通過した問題だけで300問もありました。
その中で採用されたのが次の問題でした。

・ニューヨークの自由の女神像がアメリカ合衆国の硬貨に描かれたのは、1,986年100周年記念の時が初めてである。○か×か?

正解

○に進んだ人、10,842名。
×に進んだ人、15,279名。

数の上では×の方が上回り、断然有利のように見えました。
しかし、判定は○で、がっかりした人達の罵声が東京ドームに渦巻きました。

日談ですが、アメリカでは1,793年に初めて硬貨が発行された時から、自由の女神をモチーフにした硬貨は幾度も発行されていました。
しかし、これらは横顔、座った姿、立像など女神の伝説上の姿で、あのニューヨークの「自由の女神」では無かったのです。

「自由の女神」がアメリカの硬貨に初めて登場したのは、1,986年の100周年記念に発行された記念硬貨が最初だったのです。