第一問の危険な賭け?

アメリカ横断ウルトラクイズの第一問はニューヨークの自由の女神に関する問題に定着していました。

blog_import_53c3990095451

たった一つの銅像に関する問題で、挑戦者が知らない情報を見つけて問題を創作しなければならず、これは簡単なようで大変な作業になってしまいます。

何故ならば、第一問が自由の女神に定着してからというもの、書店には自由の女神に関する書籍が沢山並び出したのです。

書籍の著作者が調べたものから引用して、問題を作るような愚を我々はする訳には行きません。

こうなると、自由の女神の著作者や、各大学に誕生したクイズ研究会の皆さんとの戦いのような気分になってしまいます。

でも、我々は懲りずに自由の女神の問題を作り続けたのです。

しかも、第一問は「何処で調べても良いですよ」と挑戦状の様にドーム球場の正面で発表する訳ですから、挑戦者は走り回って正解を探す事になります。

友人や家族、大使館などへ電話をかけて調べる状況が面白いので、このやり方はエスカレートして行きました。

その頂点とも言えるのが第14回でした。

誰よりも早く、第一問を知りたいという挑戦者が、早朝から東京ドーム前に集まるのが恒例になっていたのです。

早起きをして、或は徹夜をして誰よりも早く問題を知りたいという心理でしょうね。

その様な皆さんに我々は挑戦状を突きつける様な危険な賭けに出たのです。

それは日本テレビの朝5時半の生放送で、第一問の問題を発表してしまったのです。

テレビを見た全国の誰かが正解を知っているかもしれません。

現在の様に携帯電話やインターネットが発達していれば、この様な危険な賭けは出来る筈がありません。

その第一問とは以下の問題でした。

ニューヨークの「自由の女神」には、災害や事故に備えて、損害保険が掛けられている。

続きを読む

「君が代」の問題

アメリカ横断ウルトラクイズは、クイズ番組ですから森羅万象あらゆる分野から問題が作られていました。

今日はお正月なので日本らしい問題を振り返ってみたいと思います。

第9回の第1次予選、後楽園球場で出題された○×問題に次のような問題が出されていました。

問・

「君が代」の歌には、二番がある。○か×か?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きを読む

「ボルチモアの戦い」にはキツーイ罰ゲームを

アメリカ横断ウルトラクイズはテレビで再放送されない番組として、知られていました。

が、昨年には初めてCSの「ファミリー劇場」で再放送が実現し、神話が崩れてしまいました。

そして今年は1月中に2回目の再放送が実現します。

今度の再放送は平成元年に放送された第13回で、当時は5週間に亘って放送された番組でした。

この13回はウルトラ・ファンによると、最強の挑戦者の戦いだったという評価を戴き、クイズ・ファンの伝説になった「ボルチモアの戦い」という素晴らしい熱戦がありました。

Battle of Baltimore

それはさて置き、この回はグアムからオーストラリア、ニュージランドを経由して、アメリカ本土に辿り着いた時には、すでに最強の挑戦者が選ばれていたのです。

アメリカ本土のロスアンゼルスに上陸したのは、何と全員が男性だったのです。

続きを読む

新春のお話を

明けましておめでとうございます。

獅子舞

アメリカ横断ウルトラクイズの裏話のブログを書きだしてから、2回目の新年を迎える事になりました。

そこで今日はお正月らしいお話をしたいと思います。

第7回のニューヨークの決勝戦で出題された問題の中に含まれているお話です。

角兵衛獅子は、その発生した地方名を取って別名何?

続きを読む