問題チェックの難仕事

アメリカ横断ウルトラクイズのクイズ問題を作っていて、一番の苦労は問題が正確か否か、の問題チェックの皆さんでした。

特に、東京ドームでの○×問題は神経を使った代表例でしょうでしょうね。

もし、問題に誤りがあったとしたら、本来は負けた人が勝ち組になり、逆に負けた人達が勝ち進む事になるのですから、番組として成立しない事になります。

莫大な費用と手間をかけて作っても、放送出来ない事になってしまいます。

それだけに細心の注意をし、3人の人が別々のルートで3重のチェックをするという手法が取られていました。

特に人間が絡んだ問題には、格段の配慮が必要です。例えば漫画の問題などは、漫画家の事務所の確認だけではダメというルールを作っていました。

事務所がOKと言っても、漫画家のご本人の承認をもらって、そこではじめて完了となるようになっていました。

そうでもしないと事務所の社員の記憶だけでは、ご本人が「違う」と言い出した時に収拾がつかないからです。

その様な中で一番苦労した問題があります。

第14回の東京ドームで出題された問題でした。

問・海部総理大臣は、就任以来、水玉以外のネクタイで国会に登院した事がない。

解説  この問題は、当時新聞などで良く報じられていたので、国民には知られたエピソードでした。

yjimage

しかし、全ての登院となると、そこまで徹底していたのかが疑問となり、問題として採用されました。

確認作業は国会担当記者、専門家など沢山の方々に聞いて回ったのですが、ほとんどが○のお答えでした。

勿論、総理大臣の事務所で秘書からの確認を取りました。でも、我々はそれでは不十分という判断でした。

やはり、海部総理大臣ご自身が「その通り」と言わない限り、完了とはなりません。

そこで、どのような手を使ったかは解りませんが、総理ご自身の口から「間違いなく○」というご返事を戴き、採用された訳です。

因みにテレビ局には総理番という政治記者もいますので、そのようなルートだったと記憶しています。

当時の資料によると、常に水玉模様で登院し、内閣の撮影や政治家の追悼演説のようなモーニングに黒のネクタイ着用との決まりがある時も例外ではなく、黒とシルバーの水玉模様のネクタイで通したそうです。

問題の正誤に、ここまで神経を使ったのですから、問題を作る人も、チェックをする人も、ロケ隊が出発した時には、「バンザーイ!」と両手を挙げて、開放感に浸ったという話を聞きました。

 

元祖、疑獄事件は?

 

アメリカ横断ウルトラクイズのクイズ問題には、犯罪を扱ったものは少なかったと思います。

クイズは家族で知識を競い合うゲームですから、そのテーマが犯罪に関する知識というのは相応しくないと、我々が自己規制していたのかも知れません。

でも、歴史に残るような犯罪ならば、クイズ問題にしても良いだろうとの判断で、例外的に作られた問題もありました。

例えば、ウルトラクイズが始まった前年に世の中をひっくり返す様な騒ぎになった「ロッキード事件」がありましたね。

現職の総理大臣が逮捕されるという昭和を代表するような疑獄事件でした。この事件をクイズ問題にした記憶はありませんが、似たような事件が100年も前に起きているのです。

その問題は第13回のツインレークスで出題されていました。

軍艦購入に関する汚職事件がもとで、時の山本内閣が退陣したこの事件は?

答・シーメンス事件

解説  この事件は1914年(大正3年)に発覚した、日本海軍高官への贈賄事件です。

日本海軍の長老だった山本権兵衛が総理大臣だったために、総理への疑惑も囁かれ、内閣の総辞職に発展しています。
ya2[1]

面白いのは、その62年後に世間を騒がせた「ロッキード事件」が実に良く似た構造だったのですね。

シーメンス事件はドイツのシーメンス社が、軍艦を日本海軍に売り込むために海軍の高官に賄賂を贈ったという贈賄事件です。

そのお金が政治家にも流れただろうという疑惑でした。

一方のロッキード事件は、航空機の売り込みで、政界の1部に多額の賄賂が渡されたという事件で、総理大臣経験者が逮捕されるという事件でした。

総理以外にも疑惑の政治家が何人も登場し、新聞、テレビは大騒ぎになりました。

シーメンス事件の山本権兵衛は当時第16代の総理でしたが、事件とは関わりが認められず、その後、第22代総理に帰り咲いています。

歴史は繰り返すという言葉がありますが、この様な歴史はもう繰り返す事の無いように願いたいものですね。

こんな古い事件に正解する人が居るなんて、クイズ・マニアの幅広い知識にはいつも驚かされていました