自由の女神から派生する問題

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの象徴的な存在は「自由の女神」でした。

番組の象徴なので、東京ドームの○×クイズの第1問にも数多くの問題が創られていました。

クイズ問題作家の皆さんは、自由の女神に関してあらゆる情報を集めていましたが、その関連で別の問題が数多く生まれています。

自由の女神が誕生したのは、1,886年(明治19年)の10月28日と記録されています。

従って、1,886年という年号に執着し、この年に完成した建造物や歴史的な出来事を調べるのがクイズ作家達の作業になりました。

例えば、日本では北海道庁がこの年の1月26日の設置されています。

それまでは根室県、札幌県、函館県と呼ばれていましたが北海道庁の誕生で、この県は廃止されていました。

自由の女神の設立年が判明しているので、「道庁が同じ年」という○×問題は、調べれば解ってしまうので、第1問の問題としては成立しません。

また、この年に誕生した日本の著名人も沢山いました。

経団連会長の実業家・石坂泰三さん、作曲家の山田耕筰さん、画家の藤田嗣治さん、作家の谷崎潤一郎さんなど錚々たる面々です。

これ等の人達も、即・誕生の年を調べられるので、第1問には使えません。

この明治19年に着目して創られた問題が、数々ありましたが多くはになっています。

その中から生き残った一つが、第16回の機内ペーパー・クイズの第1問に採用されています。

問・ニューヨークの自由の女神像が完成した1,886年に発表された小説は?

①赤毛のアン ②ああ無情 ③小公子

答・③

解説 アメリカの女流作家バーネット夫人が1,886年に書いた児童向け小説の名作です。

「小公子」の題名は、日本語訳者の若松賤子さんの訳題で明治23年に付けられたものでした。

その他、自由の女神が創られた1,886年に拘ると、アトランタでコカコーラが販売を開始したのも、この年の出来事でした。

話のタネとしては面白い情報ですが、自由の女神と重ねてクイズ問題に仕上げるのには無理があります。

こうした資料を、日本語では「帯に短し、襷に長し」と言います。

 

世の中の移り変わり

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズが放送されていたのは、20年~30年も前の時代でした。

クイズ問題を振り返って見ると、時の流れと共に、世の中の移り変わりの激しさに驚く事があります。

変わるもの、変わらないもの、この両者がハッキリと数字に表れたクイズ問題がありましたのでご紹介します。

第12回のパシフィカでの問題でした。

問・日本人が最も多く住んでいる外国は何処?

答・アメリカ。

解説 第12回が放送されたのは昭和63年で、28年前でした。

この時代にアメリカに住んでいた日本人は約17万人で他の国を大きくリードし、第1位でした。

現在の統計を見ると第1位は変わらず、人数も2倍以上増えて39万7千人です。

日米の密接な関係が、数字の上で歴然と現れていますね。

でも、第2位以下が大きく変わっています。

当時の第2位はブラジルで11万人でしたが、最近の統計では5万6千人で第6位と後退しています。

現在の第2位は中国で、在留邦人が年を重ねる毎に増え14万人に達しているのだそうです。

都市別の統計でも、第1位はアメリカのロスアンゼルスで7万人に対し、第2位は中国の上海市で5万6千人と多くの日本人が住んでいるのです。

日中の関係は政治的にも、経済的にも数々の問題があり緊張した難しい関係です。

でも、来日する外人は中国人が一番多く、人々の関係だけは密接になっているのが解ります。

クイズ問題から世界の動きが見える、クイズ研究会の皆さんは、こんな卒論を書けるかも知れませんね。

 

在りそうで無さそうな?

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の形式は、早押し、○×、1問多答、3者択一などが在りましたが、一番難しいのが○×問題でした。

或る事象が実際に在るのか、無いのか、2者択一なので丁半バクチに近い感覚です。

挑戦者にとっては、正解を知らなくても運が良ければ正解になるラッキーな問題とも言えます。

とは言え、問題制作者は挑戦者が「どちらだろう?」と頭を混乱させるような面白い事例を創らなければ採用されません。

実際に在りそうで無さそうな物を探すという作業は、中々骨の折れる仕事です。

新聞や雑誌などの記事から探すのも可能ですが、素朴な疑問を調べ、問題に仕上げるのが通常の方法でした。

第11回の東京ドームで次のような問題がありました。

問・「旅カラス」の言葉の通りカラスの中には渡り鳥もいる。

答・○

解説 「旅鴉」とは定まった住居も無く、旅をしながら暮らす人を指します。

時代劇では「道中合羽に三度笠」でバクチ場を渡り歩くヤクザ者を旅鴉と呼んでいますね。

いずれにしても他所者を卑しめて、鳥のカラスに例えてその様に名付けていました。

でも、鳥の中に渡り鳥のカラスがいるのか? というのが問題作者の素朴な疑問でした。

挑戦者は、単なる語呂合わせと否定派。いや、旅をするカラスがいるので、この言葉が生まれたのだと肯定派に分かれます。

実在するワタリカラスは、体長60cm、翼長100~120cm。普通のカラスに較べると一回り大きいのが特徴です。

シベリア、カムチャッカ、サハリンなどで繁殖し、11月頃に北海道へやって来て越冬します。

もし、正解が×であれば、単なる語呂合わせの出鱈目な問題になります。

でも、渡り鳥のカラスが存在した、という事実は面白い話のネタになりますね。それが、問題の価値になった訳です。

恐らく、答えが×であれば採用されず「没」になった問題かも知れません。

と、いう訳で○×問題の価値は、面白さに在ります。

でも一方「そんな訳無いだろう」と笑える出鱈目な問題も存在しました。

結論! ○×は「時の運」が頼りの丁半バクチ! だったのです。