若き天才達の台頭

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、時代の先端を行く話題を取り上げていました。

今、当時の問題を振り返って見ると、その時代にニュースで話題になった出来事がクイズ問題になっています。

第16回のグアムで次のような問題がありました。

問・バルセロナ・オリンピックの競泳で、オリンピック最年少の金メダリストとなった女の子は誰?

答・岩崎恭子

解説 この年の7月27日、女子200mの平泳ぎで、2分26秒65のオリンピック新記録を出し見事金メダルを獲得しました。

スポーツ界では若い選手が先輩の記録を更新するのが通例になっています。

この偉業で、岩崎恭子ちゃんはこの年に、水泳界の大スターになりました。

毎年、水泳、陸上、体操、卓球、アイススケートなど数え上げればキリが無いほど、新しいスターが誕生しその都度マスコミを賑わせています。

天才が現れ、先輩の偉業を超えて行く、これが人間の自然の進歩と言うものでしょう。

最近も、囲碁の世界で若き天才が出現しニュースで話題になっています。

今年4月、若き天才棋士の井山裕太(26)が日本囲碁界の歴史に新しい金字塔を打ち立てました。

前人未到と言われた囲碁の七大タイトルを独占したのです。

「井山裕太 7冠」の画像検索結果

囲碁は世界中に普及した頭脳の遊びで、囲碁の競技人口は2,007年の調べでは240万人と言われています。

正に天才の出現で、この偉業はしばらくは破られる事も無いでしょう。

でも、破られない記録というものも聞いた事が無いので、何時の日か更新される日が来るかもしれません。

と、いうことは囲碁に関する限り、当分の間この偉業がクイズ・ネタの第1候補になるでしょうね。

もし、現在ウルトラ・クイズが有ったなら、囲碁の七大タイトルとは? といった団体のリレークイズが出来そうです。

 

知っておきたい日本人の常識

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、人々の常識を問う問題が多数ありました。

常識の範囲は年代によっても差があるので、若者の常識を年配の人が知らなかったり、その逆の状況も生まれてきます。

お年寄りなら常識に近い知識を、若者が知らないという事が良くあり、「近頃の若者は!」と年配者を嘆かせたものでした。

でも、歴史的には何時の時代の若者もその様な非難を浴びながら育って来たとも言えるようです。

ジェネレーション・ギャップというものでしょうね。

閑話休題。

5月5日は子供の日。昔から人形を飾ってお祝いをしますが、それにはそれぞれ理由が有ります。

日本人ならこの程度の知識は常識にして欲しい、という問題がありました。

第15回のエルパソで出題されています。

問・唐の玄宗皇帝の夢の中に登場したとされる人物で、魔除けや守護神として5月人形でもお馴染の、ヒゲボウボウの神様とは何?

答・鍾馗(しょうき)

解説 江戸時代から端午の節句に取り入れられた鍾馗様は疫病や魔を払うと言われる中国の神様です。

日本では天然痘除けの守り神と信じられていたようです。

「鍾馗様」の画像検索結果

問題文で示されたように、或る時玄宗皇帝が病に侵され苦しんでいると、夢の中に現れ、「魔」を退治してくれたという伝説があります。

癒えた玄宗は、お抱えの絵師を呼んで、夢で見た姿を描かせたのがあの鍾馗様の姿だったと言われています。

この様な人形の意味を知ると、子供達に伝えたくなるのが親心なのでしょうね。

親から子へ、子から孫へ、順送りで知識が伝えられていたのが昔の日本の家族でした。

でも、現代では、住宅問題も有って核家族化が進んでいますが、昔を懐かしむ人も増えているとも聞きます。

お年寄りから教えられた常識、懐かしいですね。

でも、孫達は爺さん、婆さんの話は中々聞いてくれそうも有りません。これが現実!

 

お寺の名前

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、知識の幅や深さを試す、見方によっては意地の悪い問題もありました。

最近は、毎年外国人観光客が多数日本にやって来ますが、彼らも迷うのは日本語の難しさと、建物など名称のややこしさでしょう。

特に歴史的に古い寺院などには、複数の呼び名が有る場合が多いのです。

例えば「金閣寺」と言えば、日本を代表する観光スポットで、日本人なら誰でも知っているお寺です。

「金閣寺」の画像検索結果

歴史的には室町時代に足利義満の邸宅として創られた豪華な屋敷でした。

しかし、義満の死後、禅寺の「鹿苑寺」と呼ばれるように変化しています。

名称として「金閣寺」でも「鹿苑寺」でも、通用するわけで外国人には理解し難い日本独特の文化でしょうね。

第6回のアラスカで、同じような有名な寺院の呼び名に関する問題があrいました。

問・別名、斑鳩寺(いかるがでら)とも呼ばれ、聖徳太子が建てたと伝えられている寺は?

答・法隆寺

解説 奈良県生駒郡斑鳩町にあり、地名を取って別名を斑鳩寺とも呼ばれています。

7世紀に聖徳太子が建てたと伝えられ、日本最古の木造建築として中学校の「歴史」、又は「社会科」で習った知識と記憶している人も多いでしょうね。

この問題は斑鳩寺を知らなくても、聖徳太子が建てたというヒントで正解出来るとの判断で採用されたのです。

我々はクイズ問題に、可能な限りヒントになる文言を含ませ、正解率を高める努力をしていました。

知識の幅や深さがあれば、このヒントで正解出来るわけで、クイズに強い人は例外なくこのタイプでした。