再放送がありますよ

アメリカ横断ウルトラ・クイズは再放送の無い番組と思われていましたが、2年前からCS放送の「ファミリー劇場」で12回、13回、7回が再放送されていました。

その反応が良かったのでしょう。今月から来年の3月までの期間に8回、16回が再放送される事になりました。

興味のある方は「ファミリー劇場」の番組表にご注目ください。

第8回はテレビ史上初、海底でのクイズが行われるなど我々にとっても忘れられない回でした。

この件に関しては、すでにこのブログで記してありますので、別の裏話を書きたいと思います。

第1次予選、後楽園球場の〇✖問題に次のような問題がありました。

問・バストの大きな人は、胸のレントゲン写真の写りが悪い。

答・〇

解説 「そりゃあ、そうだ」「いや、科学技術は進歩している」とまっ2つに分かれ、迷う問題です。

当時、オッパイの大きい「ボイン!」という言葉が流行していて、時流に合った問題でした。

医学に関する問題は、異説を唱える専門家もあるので、問題のチェックは厳重でした。

幾つかの大学病院の放射線科で、間違いないとの確認を戴きました。

「レントゲン 肺...」の画像検索結果

でも、安心は出来ません。次は医療機器の会社に確認、新型でも写りは悪い、との証言を得たのです。

それでも、会場でこの問題が読み上げられた時には、問題責任者だった私は胸が痛くなるほど緊張したのです。

若し「自分は医者だがそんな事は無い」とのクレームが来るかも知れません。

そうなると、〇✖問題全体が信頼できない、となり会場はパニックになる可能性さえあります。

1万人を超える大衆が、真剣に挑戦している事を思えば例え1問でも、問題に誤りがある事は許されません。

ウルトラ・クイズは笑う場面の多い楽しい番組でしたが、スタッフは常に緊張の連続、精神的にキツイ番組でもあったのです。

森友学園問題に思う

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って眺めると、現代に通じる知識が結構あります。

このところ、テレビのニュースやワイドショーを賑わせている、森友学園問題に通じるクイズがありました。

第6回ですから、35年前に後楽園球場で出された〇✖問題に次の様な設問がありました。

問・幼稚園は学校ではない。〇か✖か?

答・✖

解説 教育基本法に基づいた、学校制度の基本には幼稚園から大学までの細かい制度が規定されています。

文部省の管轄で、幼稚園も学校であると明記されており、森友学園問題でも、文部省のOBがコメンテーターとして出演し、盛んに発言しています。

もし現代に、この問題が出されたとすれば、迷う挑戦者も少なく、多分全員正解になった事でしょう。

「森友学園」の画像検索結果

この問題は、総理大臣夫妻を巻き込んだスキャンダルで、間もなく有耶無耶に終息しそうな疑惑の事件になりそうです。

恐らく、将来のクイズ番組で、問題に採用されるような出来事にはならないでしょうね。

若し残るとすれば「忖度」と言う言葉で、今年の流行語にノミネートされるくらいでしょう。

日本語で有耶無耶とは、物事がはっきりせず、忘れ去られると言う意味なので、忘れ去られる運命でしょうね。

これを理不尽と言いますが、世の中には時々理不尽な事が起こるのも現実です。

推測では、籠池理事長は何らかのペナルティーを科せられるでしょうが、それで幕引きでしょう。

この件に関しては、上級官僚も与野党の政治家センセイもお粗末で、世界の一等国と威張れませんね。

まるで何処かの後進国のようで、残念な事としか言いようがありません。