方言は面白いクイズ・ネタ

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語の方言の問題が時々出題されていました。

その地方の人にとっては当然の常識も、他の地方の人には全く理解出来ない言葉も結構多く、これが方言の特徴ですね。

第14回のグランドテイトンで、その典型的な問題が出されていました。

問・西日本では「おどし」、中部地方では「そめ」北九州では「そうず」田んぼの真ん中で辛抱強く立っている、この頑張り屋の全国的な名前は?

答・かかし

解説 問題を最後まで聞けば、誰でも解る易しい問題です。

「案山子」の画像検索結果

でも、挑戦者の中に地方の人が居れば、途中で早押しボタンを押す可能性もありました。

案山子(かかし)は日本の童謡であり、小学唱歌にもなっているので、日本人なら全員が歌った事のある歌と言えます。

歌詞も忘れるほど、複雑では無いので 〽田んぼの中の一本足のかかし……。で単純に答えられます。

最近では村興しの材料に、この案山子を利用して人気となっている街がマスコミで取り上げられています。

徳島県三好市の山里・名頃(なごろ)集落は人口40名に対し、案山子は350体で、世界の通信社がニュースに取り上げました。

一体毎に名前が付けられ、案山子の戸籍簿が展示され、人々を楽しませているとの話も伝わっています。

お蔭で、日本国内は勿論、世界中から観光客が訪れ、SNSで更に人気が広がり村興しは大成功を収めています。

「案山子の里」の画像検索結果

それにしても、この案山子の顔は全て異なり、訪れた観光客を感心させているそうです。

制作者は一人の主婦で、2日に一体の割で着物から顔まですべてを制作との事。世の中には無名の偉人がいるものですね。

本日の裏話は、一問のクイズ問題から楽しい話題のご紹介でした。

 

 

日本の防衛を考えよう

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、一般人の日常生活とは関係の無い、専門分野の知識を試す問題もありました。

例えば医者の知識、研究者の知識など様々ありますが、これを知らなくても日常生活に困る事はありません。

でも、多方面の出来事に興味を持ち、他人よりも多くの知識を持ちたいのがクイズ好きの人達の特徴と言えるでしょう。

最近の社会状況の中では、クイズ好きでなくても、知っておいた方が良いとの言葉があります。

冬季オリンピックが終わり、北朝鮮に対してアメリカの戦闘行為が勃発しそうな昨今、この言葉は知っておいた方が良い問題がありました。

第15回のロスアンゼルスでの問題でした。

問・地上待機中の戦闘機が、緊急発進することを何という?

答・スクランブル

解説 空軍用語としては「緊急出撃」「緊急発進」を意味する言葉で、領空侵犯された時に指令が出ます。

因みに、日本の航空自衛隊で実際のスクランブル発進はどのくらいの頻度であるのでしょうか?

実は驚いた事に、平成28年度に出されたスクランブル発進は1,168回との事だそうです。内訳は中国851回、ロシア301回 その他16回との数でした。

領空侵犯の場合は、相手の航空機に警告を与え、圏外に出てもらうのが目的です。もし発砲などが有ると戦争行為となるので慎重に行うのは当然です。

簡単に表現すれば、怪しい奴を「あっちへ行け!」と追い払う役目です。

「スクランブル発...」の画像検索結果

通常でも、こんなに緊急発進があるとは驚きですね。日頃は忘れ勝ちですが、国を守る自衛隊の皆さんのご苦労には感謝するべきでしょう。

日常生活で気にも留めない知識も、クイズ問題で思い出させる。クイズって為になるゲーム(遊び)なんですね。

改めてクイズ番組を楽しみましょう。本日の裏話はクイズ番組のCMでした。

 

日本独特の年号は難しい

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、記憶するのに難しい問題が時々採用され、挑戦者を悩ませていました。

代表的なのは歴史の問題で、元号に関する出題でした。

現在も平成が間もなく終わり、新しい元号に代わるのを待っている状態で、人々の興味は新元号は何? という事でしょうね。

そもそも元号(げんごう)は中国で始まった年に付ける呼び名でした。日本では645年の「大化」が始めとされています。

古くは天災、事変、即位などによって改めましたが、明治以降は一世一元とされています。

元号で使われる漢字は、縁起の良い文字が選ばれ、長寿の「亀」などが問題に出された事が思い出されます。

また、第16回のニューヨーク決勝戦でも、歴史的知識として是非覚えて欲しい元号の問題がありました。

問・江戸幕府が開かれたのは1,603年だが、そのときの日本の元号は何?

答・慶長(けいちょう)

解説 慶長8年に徳川家康が征夷大将軍になった時に江戸幕府は開かれました。この時から江戸時代と呼びます。

「江戸時代 生活」の画像検索結果

江戸時代が終わるのは265年後で、江戸城を明治政府に明け渡した慶応4年の事でした。

余談ですが、江戸時代は始まりも終わりも偶然ながら「慶」の文字が付く元号で、この漢字は慶賀、慶事、慶祝など目出度く喜ぶ意味があります。

と、いう事は江戸時代は、「お目出度い喜びの多い時代」だったと考える事も出来そうですね。

江戸の街は、世界でも珍しい100万都市で、しかも下水道など文化的な設備も整い欧米人も文明の高さに驚いたと記録されています。

日本はマルコポーロの「東方見聞録」で黄金の国(ジパング)と紹介されていただけに、夢のような国のイメージがあったのかも知れません。

「日本の年号は難しい」の話から、江戸時代は良い時代とお国自慢になりましたが、現代でも自慢のタネはあります。

それは戦争放棄の平和国家なのです。

本日の結論!世界にもっと胸を張りましょう。