ロケ弁のお話です

メリカ横断ウルトラ・クイズは、毎年平均して1ヶ月のスケジュールでロケを行っていました。
テレビ番組の収録は、国内の場合ロケにはロケ弁というのが付き物です。
ロケ弁専門の業者もあって、その中身はスタッフの楽しみの1つになっています。
ロケ弁は、スタッフもタレントも差別無く同じ物を用意するのが、業界の慣例になっています。
もっとも2種類か3種類用意し、その中からチョイスするのが一般的といえるでしょうね。

中には、そのような弁当は自分の口に合わないと言って、特別食を注文するような我侭なスターの噂を聞く事もありますが、そのような人はスタッフの評判も最悪にならざるを得ません。
昔から、食べ物の恨みは恐ろしい、と言いますが、人間の心理はそのようなところに表れるのでしょうね。

を我がウルトラ・クイズのロケ弁に戻します。
国内の東京ドーム予選は、早朝から準備に入りますので、朝、昼と2食弁当が出ていたように記憶しています。
ただ、中身がどのような物であったかは、流石に覚えていませんが、朝と昼では異なるメニューでした。
成田では朝だけロケ弁で、昼食はグアムに向かう機内で食べていました。
これは一般の乗客と同じ機内食でした。

さて、グアム、ハワイを経由してアメリカ本土に渡ってしまうと、日本のような折に入った弁当にはめったにお目にかかる事はありません。
しかし、ロス、サンフランシスコ、といった大都市には有名な和食店がありましたので、そこに注文して和食弁当を頼んだ事もありました。
この辺は有名店のお弁当ですから、国内で食べるロケ弁よりはかなり豪華な内容でした。

ルトラ・クイズのロケは、周囲にお店の無いような場所が多かったので、ロケでの昼食はケータリングが殆どでした。
最近は、日本でもこのケータリング・サービスをしているお店も有りますが、アメリカでは一般的で、ホテルやレストランが出張サービスで、台所ごと車でやって来て、料理を作ってくれるサービスです。
アメリカの場合は、バーべキューが多く、その中には、飲み物のサービスも入っています。

BBQ

中にはアルコール類も入っていましたが、流石に日本人は仕事中はお酒は飲まない習慣が身についていますので、飲むような事はありませんでした。
ただし、我がウルトラ・スタッフはビールだけはお酒と考えていなかったようで、ロケの現場にはいつも飲み物として、ジュースやコーラと共に、冷えたビールが用意されており、水の代わりに飲みながら仕事をしていた人もいました。

ケ弁の事を書いていたら、最近はキャラ弁という言葉があるそうですね。
人気のキャラクターをデザインしたお弁当で、お母さん達が工夫をして作り、子供も好きなキャラの場合は、良くお弁当を食べるので、話題になっているのだそうです。
YouTubeでその作り方を教えている人がいて、その方が「ウルトラ・ハット」を作ってくれました。

キャラ弁_ウルトラハット

ウルトラ・クイズが放送されている時代なら、このキャラ弁も人気商品になったのでしょうが、現代の子供たちに解りますかねえ。
ご覧になりたい方は覗いてみて下さい。

http://www.youtube.com/user/channelgoldenaxe

「ロケ弁のお話です」への15件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    高島さんはスタッフ皆に大量の茶巾寿司を差し入れしてくれて、ご自分も一緒に食べていました。
    毎年の恒例行事でしたから、随分気配りをしていたのですね。
    とても良い方ですよ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    こちらこそコメントありがとうございます。
    高島さんの記事は別にありますが、急いでたので、ここで書き込みました。
    同じケースで随分前、いつみても波瀾万丈では、日テレかつトメさんMCだったので、ウルトラのスタジオパートはやってました。総合司会として最後となった12回のクイズ王へのインタビューの場面でした。
    さて、話は変わって、ロケ弁の記事なのでひとつ質問です。あの高島さんも、同じ弁当を召し上がっていたのですか?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >M.Aさん
    昔のシーンを良くご記憶でしたね。
    弁当には、いろんな思い出が詰まっているようで、取り上げてみました。
    キャラ弁の作者も喜んでいました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >MOOさん
    ロケ弁が、いろんな所で思い出を作っていたのですね。コメント有難うございました。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    コメント有難うございます。
    高島さんご本人がどのようにお考えだったか、多分ウルトラを誇りにしていたと思います。
    でも、番組制作者に上手く伝わらなかったのではないでしょうかね。ウルトラ・ファンとしては残念ですね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >MOOさん
    もう、その時点でエピソード発生ですか(笑)
    ウルトラクイズはどこをとってもエピソードの宝庫なんですね。
    ホント、ウルトラの世界の住人になった方たちは羨ましいですね。

  7. SECRET: 0
    PASS:
     第12回では、アラスカ鉄道の展望デッキで挑戦者たちが食べていたおにぎり、サンフランシスコの罰ゲームで敗者の女性が勝者たちのもとに配達したかつ丼がありましたね。
      
     ウルトラハットのキャラ弁、とてもおいしそうですね。これを作った方、このブログに集っている方たちと同世代に違いない!

  8. SECRET: 0
    PASS:
    はい、東京ドーム予選終了後、美味しくいただきました(^^)
    約一名、人のお弁当をひっくり返したヤツもいましたが・・・(笑)

  9. SECRET: 0
    PASS:
    今、フジテレビ系で高島ファミリーのスペシャルが放送している所でコメントします。
    オープニングは高島さんの懐かし映像が流れていました。ドレミファドンや特番での司会ぶりに、他局・日テレのごちそうさまのシーンがやってましたが、残念なから、我がウルトラクイズのスタジオパートはありませんでした。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >ひろゆきさん
    キャラ弁の反響を嬉しく思います。
    18回があったら、という空想はとても嬉しい提案でした。作られた方も喜んでいました。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    勝者の方にも弁当が出たのは、忘れていて書き損ねてしまいました。
    ご指摘有難うございました。
    年と共に記憶は薄れるものですね。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    細かい部分までご記憶戴き、感謝いたします。
    キャラ弁も思い付きで書きましたが、反響が結構ありましたので、安心しました。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    音符が早押し機の「ポーン」を表しているのか、それとも勝ち抜けのBGMを表しているのか、想像するだけでも楽しいキャラ弁ですね。
    第18回アメリカ横断ウルトラクイズが実現したあかつきには、東京ドーム予選を通過した挑戦者への昼食として、祝福の意味を込めて提供して頂きたいですね♪

  14. SECRET: 0
    PASS:
    ドームを勝ち抜けた方もお弁当を頂いたそうですね。誰が呼んだかその名も『勝者弁当』だとか。
    まぁ、お昼を跨ぐので配られるただのお弁当なんでしょうが、参加人数1万人を超える最大の難関『第1次予選』通過人数の僅か100名に残らなければ食べられないのですから、勝者のみなさんはお弁当と一緒に「あー、ホントに勝っちゃったんだ…」なんて通過の実感を改めて噛み締めていたのでしょうね。
    私も味わってみたかった!

  15. SECRET: 0
    PASS:
    ロケでの楽しみはお弁当なんでしょうね。
    ケータリングといえば、14回アーチーズで食事中にクイズがはじまり、福留さん、tsutomuさんがクイズを探しに出発したのを思い出します。
    ガソリンスタンド跡地での3択の作り方を見て、なるほどー こうやってクイズが出来るんだと思いました。
    ウルトラハットのキャラ弁いいですね(^-^)
    豪華に赤、青、黄、緑、紫、水色と、6パターン作ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください