○×誤問題の指摘にお答えします

メリカ横断ウルトラクイズのブログで、噂話の中で出たお話にお答えします。
最初の情報は、第4回の何問目かでカットされた問題として「日本では太陽が頭の真上に来ることはない」と出題され、正解は×なのに○だったという噂でした。
私はカットされた問題の事まで現在調べようがないので、水掛け論になる話とお答えしました。
すると別の方から第4回の7問目に出ている、間違った答えだから、証拠もあるのだし私が認めて謝るべきとのご意見を頂きました。

私が第4回7問目を調べると確かにその問題が出題されていました。
正解もとなっていました。
その意味では問題制作の責任者だった私が謝って、この問題に幕を引くという方法も有ります。

でも、ここからは私の弁明です。
最初のコメントがあえてカットされた問題と指摘している理由は何でしょうか?
都合の悪い事は編集でカットして隠している。
そのよう意見だったので、私は問題そのものの記憶が無いとお答えしました。
最初から7問目に出されていた問題が誤問題とのクレームであれば、調べて正当な回答をする事ができたのです。
いま、出題された事実が判明したので、ハッキリお答えします。
放送上でもカットはされていませんでした。

この問題は最初から我々はが正解と判断して出題しているのです。
つまり、クイズは一般的な常識です。
沖の鳥島が東京都の小笠原村に属する日本最南端のサンゴ礁である事は、この問題の裏取りをしていた時に知りました。
厳密には日本である事も事実で承知しています。
でも、日本と言えば普通は人間の住んでいる場所を指すのではないですか。
我々の中で、岩礁は島とは言わないだろう!という意見も有りました。
ウルトラクイズには審査委員会というものがあって、正否の決定はここで行われます。
この問題も、当然審査委員会で討議され、番組としては○で行こうと決まった問題なのです。

我々は単なる海の上に浮かぶサンゴ礁を題材に、「この真上に太陽が来ることはない」など、あり得ない状況を問題にするはずがありません。
従って、この問題はチェックの段階で「沖の鳥島」という調査は上がっていましたが、あえて採用したという経緯があります。

勿論、厳密に言えば沖の鳥島は日本の領地でしょう。
だから×としたのでは、○に答えた人が収まらないでしょうね。
クイズ会議では、その様なクレームがあるという事も予想していましたので、我々は理論武装の準備もしていました。
しかし、当時は全くクレームが来なかったのです。

クイズの正解には、重箱の角をほじくるような事でも隙があってはならないと思ってチェックをしていました。
この問題は、その隙を突いた噂話で、論議をすれば私の負けになるでしょう。
でも、当時は「単なる岩礁を日本と称して、面白い問題を没にするようなは避けよう」というのが結論でした。
岩礁は岩礁であり、それ以上でもそれ以下でもない、これが我々の意見でした。
現在のご時世であれば、ナーバスになるような問題でしょうが、当時は領土問題で世間が騒ぐこともあまりなかったのです。

事情はそのような訳ですから、この問題は確かに存在しました。
ですから、「そのような問題は無かった」と私がコメントしてしまった事に関しては、ごめんなさい。
しかしながら、問題の正誤に誤りがあった、という事に関しては、認めるわけにはいかないのです。
何故かと言えば、番組が承知で出題した問題を、私個人の判断で誤問題と認めてしまったら、他のスタッフを否定する事になってしまいます。
屁理屈のように聞こえるでしょうが、問題に誤りはなかった、これが私の結論です。

沖ノ鳥島

「○×誤問題の指摘にお答えします」への37件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    私も現役を離れてだいぶ経ちますので、今のクイズ界の事は良くわかりません。ただ問題集のマル覚えだけで勝つクイズ番組は面白くないでしょうね。時代に合った工夫が欲しいものです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    分かる気がします。クイズを『研究対象』として、より多くの高度な知識を集め、それを正確に正解に導く隙のない文法の問題を求めるのか、エンターテイメント性を重視するのか、といったところでしょうか。テレビ屋なら答えは決まってますよね(笑)
    他番組で申し訳ないですが『クイズ・タイムショック』の問題も名物「今、難問目?」なんてクイズ研究会では思いつかないでしょうし、あの番組も知識となぞなぞのような柔軟な思考を求める問題のバランスが絶妙でした。
    あ、私はクイズ研究会を毛嫌いしている訳ではありませんよ。正統派知識クイズの日本一決定戦みたいな番組の問題作成にはむしろ期待をしています。
    ただ、ミスコン出身だらけの女子アナ界、落研出身だらけの落語界に疑問を感じるようにクイズ研究会出身だらけのクイズ界に疑問を感じるだけです。
    今まで全く出題されたことがない問題を作るのは、ほぼ不可能なのも分かっていますが、そうではなく出題者も解答者も自作問題で蓄えた知識ではなく、両者ともクイズ界で出回った問題集等も含めて出題・解答しているように見えるのです。
    見ている側からはスゴくても、その実クイズ界では使い古された問題を身内で回しているような…。
    もしもこれが私の偏見でしたらクイズ界の方、ご指摘ください。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    因果応報、確かのそうですね。プロとアマチュアの違いとも言えます。反論が沢山有りそうですが、我々はプロのプライドを賭けて楽しい問題を提供した、それがお答えです。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >にいさん
    ウルトラを楽しんで戴き有難うございます。
    疑問1、高校生も最初は同じスタッフで作っていましたから、YESがお答えです。
    疑問2、記憶が薄れていますが多分そのような形式だったかもしれません。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    そこで、この問題です。
    曖昧だ詳細だ…という事ではなく、その当時はその解答で問題はなかったのでしょう。それは今のように厳密に事柄を線引きするようなものではなかった時代だったと。もちろん、決していい加減なものではなかったのは言うまでもありません。
    しかし、現在の定義に当てはめてみると、当時のは通らない…という事になってしまっているのでしょう。
    やはり、クイズというものは生き物であり、その時代を映す鏡でしたね。
    挙げでみればキリがないでしょうが、ただ単に問題の文章の変化も著しいものがあります。
    「○○の○○は何?」といった趣向から「○○の○○を○○した○○の○○は何?」といった具合に階層的に複雑化したものも多く見受けられました。
    それは恐らく、回数を重ねるにあたって挑戦者の皆さんのレベルも上がった故の事もあったのでしょう。以前に話された「切り口」の角度を変える事で、問題の趣向をより面白く、尚且つ決して視聴者や挑戦者を置き去りにしないコンセプトの元に編み出された工夫のように思います。
    しかし…私感ですが、当時の問題や答えは、やはり「それが答え」なんですよ。それがその当時の「100%」なんです。それを今見て「100%未満」だからとモノを言っても何の意味も持たないと思います。
    そして、それらがあったから、その後に続いたんだ…という事も含めて改めてウルトラという「名物」に触れ合う事が出来たんだと。
    言いながら、今この時点でウルトラを超えるようなクイズが出てくるのは、困難この上ない事とも思います。
    長くなりすみません。
    またの楽しいお話を楽しみにしております。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    色んな見識やご意見があるのを見て、やはりウルトラのもたらした影響の大きさを今更ながら実感しています。筆者様、意義ある「仕事」をなさっていましたね。その番組を見ていた者として、とても幸福に思います。
    さて、この題材の内容を見て一つ思い出した事がありました。
    それは、とある「原器」が今は全く役に立たないものになっているというものです。
    その「原器」には線が引かれており、広く世界中の基準になっていたものでしたが、いつしか引かれている「線」自体の太さが問題になって、定義そのものが揺らいでしまい、終いには「原器」としての役割を終えてしまったというものです。
    今この時点でモノを言えば、その「原器」に変わる定義がごく普通なのでしょうが、取って代わる前まではごく当たり前にその「原器」が扱われていた事実は否定できませんね。そして、それがあったから、今の定義が生きている事も。(続きます。)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラクイズは多くのファンに夢を与え、特に少年少女に憧れを抱かせました。社会人のクイズサークルはともかく、大学のクイズ研究会の誕生はウルトラなしではあり得なかったでしょう。
    TVクイズには『番組内のルール』はありますが、そもそもクイズには統一された公式ルールというものが存在しません。
    それでも問題研究と研究会同士の交流が進み、文法・限定などがより正確で、クイズ問題とはかくあるべしという形が学生クイズ界を中心に固まっていったように私には見えます。
    これによって、いわゆる『草クイズ』はTVクイズとは別に独自の発展、発展といってもより先鋭的で大衆的ではない狭い世界になってしまいましたが(泣)
    今のTVクイズの問題はクイズ研究会出身者が作成している場合が多いので、クイズ研究会でのクイズの考え方が強く反映されているように思います。
    私は本音をいえば、TVクイズの問題作成にはクイズ研究会の考え方をあまり持ち込んで欲しくありません。
    もっとウルトラのように多彩な人材で自由に問題を作れば、あっと驚く面白い問題が生まれてくると思います。
    出題者に対して問題の精度にクレームが付くという状況も、元を辿れば熱心なクイズファンを生んだウルトラクイズがあったからこそという皮肉なお話でした(笑)

  8. SECRET: 0
    PASS:
    野球の審判だって人それぞれストライクゾーンが微妙に違うのだから、クイズにもそういったことがあるんじゃないですか?
    勿論、どんな理由があっても審判が下した判定が絶対なワケです。
    ウルトラクイズの例では、13回・ブルーマウンテンの二重音声Q、ファンには有名な「巨人ジャイアンツ」でも大目に見ましたよね。
    さらに、♪としのはじめの~で始まる曲のタイトル、正式には「いちがついちじつ(一月一日)」だけど、世間一般でこの事を知ってる人は少ないでしょう。だから、「~ついたち」でも正解にしてますよね。
    今のテレビで出たクイズについて局に問い合わせしても、大抵「間違いはない」と言い張ってます。
    例え「日本人初の宇宙飛行士は毛利さんで、(先に宇宙に行った)秋山さんは違う」と納得いかない返答があってもですが…

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >とどさん
    クイズは知識を豊かにする教材、と考えれば、問題をきっかけに考えるチャンスがあるわけですね。皆さんが問題の先まで論議出来れば、クイズ番組の目的以上の効果が発揮でき、それこそ理想のテレビ番組と言えるでしょう。その様な番組が生まれても良いように思います。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >とどさん
    ご意見、有難く拝読しました。
    クイズはみんなで楽しむ番組ですから、その時代の方達が楽しんでくれるのが一番でしょうね。形式も問題もエンターテインメントとして楽しむ方向で作っていました。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >怪獣野獣猛獣ママさん
    ウルトラが青春時代の思い出に繋がっていたなんて、嬉しいコメントでした。
    これからも面白い話をお伝えするために老骨に鞭を打って頑張ろうと思います。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >southさん
    このブログをお楽しみ頂き有難うございます。
    野球の審判みたいに、これは嬉しいご意見ですね。また、色んな事を思い出しながら続けますのでよろしくお願いします。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    問題の責任者としては、耳で一度聞いただけで理解できるシンプルな文章。これに力点を置いたので、福留さんのリスム感のある読みで、進行できました。
    正確は当然ですが、みんなで楽しめる問題を提供したつもりです。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    >やっぴいさん
    色んなご意見有難うございます。
    問題に限定を付ける、「日本の有人島」とのご意見は、確かにそうなのです。我々の配慮が足りなかったのは認めます。
    岩礁が島、の賞品との矛盾はその通りで、一本取られました。あれはウルトラ独自のユーモアとご理解ください。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラクイズがスタートした1977年に生まれたクイズ好きの男です。
    昨年、このブログを見つけ、大好きなウルトラクイズの色々な話を読むことができ、更新を楽しみにしています。
    特に○×クイズはとても好きでした。「よくそんな
    事を思いつくなあ」といつも感心してました。
    この第4回の問題にかんしては、ここでいう日本とは、人の住んでいるところとする。という一言を付け加えていたらよかったかも知れませんね。
    いままで気になっていた事、2点だけ質問させて下さい。
    1.高校生クイズのYES NOクイズもウルトラの作家さん達が作っていたのでしょうか?
    2.今世紀最後のドームの○×クイズは「自由の女神」問題5連続の予定だったのでは?(配られた○×の紙に5問目まで穴が開けられるようになっていたので)
    この17回が僕が唯一参加できたウルトラです。「ミミズもバックする」という問題で敗れましたが・・・この問題は一生忘れません!

  16. SECRET: 0
    PASS:
    この問題は○で良いと思います。
    日本でとなっていますので、沖の鳥島とその周囲の海何㎞だったかは忘れましたが法律で日本の領海であることに間違いありませんので。
    これは高校の地理で習いました。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    私が挑戦した今世紀最後の大会でも正解発表後に解説をされてましたし、放送ではカットされた問題もありましたしね。
    これからも楽しい裏話を楽しみにしております。

  18. SECRET: 0
    PASS:
     先ほどコメントをさせていただきましたが、もう少しコメントさせてください(大昔、クイズ番組のクイズの製作側(セットや機材、企画なども含めですが…)に興味を持っていましたので…)。
     問題の答えに関しての正誤の件ですが、ウルトラクイズ放送当時、民放以外の有名なクイズ番組では、今回のように厳密に言えば的な内容を問題にした場合は「番組として」の線引きをしていたそうです。歴史物や教科書の内容を問題にするにしても議論が分かれるものがあったようです(ウルトラクイズ同様、確実な裏付けが必須だったようです)。でも、その番組でもウルトラクイズと同様に何回も何回も議論して決定したようです(さらっと「諸説ありますが…」などと解説していたかもしれませんが…。大昔、何かの記事で読みましたが、少し誤りがあるかもしれませんが…)。
     でも、クイズは知識を豊かにする一つの教材なので、過去のことは、先ほどコメントしたとおり、知識を追加するなら追加するで良いのではないでしょうか。もしかするとこれを機に「島」や「領土」の国際的な定義やローカルルールなど調べる人もいるのではないでしょうか(その当時どうなっていたかも含めて…)?少なくとも、無駄な知識ではないのですから…。

  19. SECRET: 0
    PASS:
     この記事を拝読させていただきました。また、以前の記事も拝読させていただいております。その中で、私的意見ですが、一言二言。論点が外れていれば申し訳ございません。
     この問題に関して…ではなく、世の中に出ているクイズ・雑学について、いままでクイズ番組等で取り上げられたり、教養番組で取り上げられたりしておりますが、「厳密なことをいうと…」という定義になれば、ウルトラクイズも含めて成立していないものがたくさんあります(もちろん、当時の最先端の情報の中で見た場合ですが…)。では、現在のクイズ番組などでは、「わが番組の判断としては…」とか「クイズ製作班としては…」とか、ある語学番組でも「○○講座スタッフの見解としては…」と線引きをしています。
     ただ、当時はまだ今ほど重箱の隅をつつくようなことはあまりしない時代だったのでしょう。また、「クイズ番組も=娯楽」の時代です。一家団欒でテレビを囲みながら見るような時代ですから…。「クイズの答えも時代が変われば…」という記事がありましたが、「クイズ番組の見方も時代が変われば…」ではないでしょうか?
     余談ですが、答えが○であれ×であれ「知識をたくさん持つことは人生を楽しくしてくれるもの」なので、超難易度の知識から誰でも納得できる知識まで、幅広く吸収するのが良いと思いますよ(修正することもあるならば修正して…)。
     結論として、ウルトラクイズの問題は他のクイズ番組と一味違うのだから…多少のゆらぎも多くの人が大きな器で見ていたところはあると思いますよ(予選までは…)。

  20. SECRET: 0
    PASS:
    「今世紀最後」に、ダンナとドームへ
    お邪魔させていただきました。
    当時はダンナも彼氏のポジションで、
    きゃぁきゃぁ言いながらウェーブを何周もした事を、
    昨日の事のように思い出せます。
    初めてウルトラを拝見したのは12回の途中。
    あまりの衝撃に、小学校で毎朝書く日記に
    詳細に書いた記憶があります。
    来年は最初から見るんだと心に決め、
    そして秋が来ると新聞のテレビ欄に張り付き、
    いつかいつかと心待ちにしていました。
    幸か不幸か、13回はあの方たち。
    私はすっかりオタクと化し、宿題もせず
    雑学の本ばかり読み漁ったり
    家にあったワープロで問題文を入力したり
    自分は立命館に入るんだといってみたり
    両親を困らせたものでした。
    結局受験しませんでしたが。
    とですね まぁ、
    パーソナル形成に多大な影響を与えていた
    訳でございます。
    重箱の隅をつつくようなクレームが多いそうですが
    重箱の隅の隅まで、ウルトラが大好きだった
    愛情の裏返しとも取れる気がする最近です。
    これからも、楽しい記事を読ませてくださいませ。

  21. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    小5の時に第3回をリアルタイムでウルトラクイズを拝見、衝撃を受けて以来現在までその呪縛が解けずに不惑超えをしてしまいました。
    tsutomu様のブログを一読者としてずっと楽しく拝見しております。
    しかし今回のテーマは非常にデリケートといいますか、クイズ番組の根幹に関わる事案ですね。
    事情はどうあれ、その時点で作成者が是としたものは是、なのだと思います。
    乱暴な言い方をすれば、野球における審判なのですから、抗議はナンセンス。文句があるなら退場!のスタンスが必要なのだと。
    もちろん間違いがあったのならそれは我々視聴者の管轄外で、作り手側のルールで懲罰があって然るべきではあろうかと思います。失礼な物言いはご容赦ください。申し訳ございません。
    しかしこんなシビアなお話が読めるのは、このブログならではだと思います。
    今後も楽しみにしていますので、御身お大切にお過ごしくださいませ。

  22. SECRET: 0
    PASS:
    第4回の判断と第11回の景品の整合性を指摘するなら、前後関係が逆であるべきかと思います。
    過去10回の数十万問全ての解釈に、ある種の「ジョーク」である景品を厳密に合致させるべきというのはナンセンスです。
    「今なら厳密性が問題になるけど、当時は細かい例外よりも常識的な解釈が優先された」
    ある種、時代の違いなのかなって。

  23. SECRET: 0
    PASS:
    クイズの花形といえば、なんといっても『早押しクイズ』ですよね!
    ウルトラでもやはり見せ場ですし、これを制しない限りクイズ王にはなれないのでクイズ研究会などでも文法の分析が徹底的に行われたようですね。
    これによって、常識的にそこまでいわなくても正解はこれを求めていると分かる問題でも、別解が出ないところまで問題文が続くのでクイズ研究会の問題や、クイズ研究会出身の人が作っているクイズ番組の問題は長文に感じます。
    例えが悪いですが、個人情報の漏洩を防ごうとするのはいいですがクレームを恐れて、あれもこれも個人情報に該当するんじゃないかと気を回し過ぎて町内会の名簿すら作れなくなってしまう状況のような…(笑)
    ウルトラの早押しクイズの魅力はなんといっても、我らがトメさんのスピーディーでスリリングなテンポのいい問い読みです。正にクイズ史に燦然と輝く名調子です。これを活かすにはあまり長文は向かない気がします。
    正確さを求めるなら人によってはトメさんの読み方はよくないという人もいるかもしれません。
    クイズに正確さは絶対必要ですが、ウルトラをガチガチに縛っていたら、あそこまでクイズ番組を突き抜けたエンターテイメント番組にはならなかったと思います。

  24. SECRET: 0
    PASS:
    >短髪専の元ガイコツさん
    ご心配有難うございます。
    本当は個々の問題に答える気持ちは無かったのですが、あまりの噂に耐えかねて書いてしまいました。反省しています。
    ○×問題の解説はロケ現場では福留さんがその都度やっていましたが、放送上は時間の関係で編集された事も多かったのが現実です。

  25. SECRET: 0
    PASS:
    「日本と言えば"普通は"人間の住んでいる場所を指す」というコメントについては…そうお答えになるだろうと想像していたものの…残念に思います。これが興を削ぐ理由は、ウルトラファンの観点から次の二点です、
    前回書かせていたきましたが、この一問の取り扱いで、ウルトラの素晴らしさが色褪せるとも思っていません。が、以下に同意いただける方も多いと思いますので、敢えて書かせていだきます。
    1)『問題文を恣意的に解釈する余地がある場合、その決定権は出題側にある』と見受けられる
    出題に対し異議を唱える余地があるとはおっしゃっていますが、即興で回答を求められる出場者に対し、十分な準備をもって出題に臨める主催者の立場の優越は言うまでもありません。
    国民的行事となった大会の主催者に期待されるのは、解釈の違いにより正誤が影響されないよう、問題文の限定にご配慮いただくことです。例えば「日本の有人島で…」とされていれば、この議論は起きませんでした。
    #これにより、北回帰線より南の日本の「領海」内で漁をし生活をされている方からみて、「この海域は日本だ」、と主張される曖昧さも回避できます。「日本」には「領海」も含まれますよね?
    2)「岩礁は岩礁であり、それ以上でもそれ以下でもない」の立場と、11回優勝賞品を「島」と称していたユーモアとの整合性が失われ、ダブルスタンダードとなる
    「パチンコ島」は「パチンコ岩」ではなく、ウルトラファンにとっては永遠に「島」なのでは?
    以上、私が揚げ足を取るつもりで、第4回7問について質問したわけではないと、ご理解いただけば幸いです。これからも、ブログの更新を楽しみにしております。

  26. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    この指摘について、1エントリーを割いてまで取り扱いいただき、大変感謝しております。私は「放送カットの暴露」について言及してませんし、これに与する立場ではありません。謝罪を求めてもいません。第4回7問目の正誤については、クイズ出題の本質を孕んでいて、問題責任者がどのようにお考えであるか、純粋な雑学的興味から質問させていただきました。
    この問題は良問です。学校で習う地理と地学の知識を融合して初めて正答が導かれる点で、大変興味深いと思います。それだけに、答えを"O"にするのは、問題の本質を損ねるという観点から疑問だと思っていました…これは私の「解釈」で、優位性を争うものではありませんが。
    沖ノ鳥島は、「日本の領土」に関連し、中学の教科書に記載されている一般的な内容です。これを通じ、生徒は「領土」の定義(自然の陸地で満潮時に水没しない陸地にであることや発見者優先)や、日本の「領海」が世界的に見て広大である(EEZと領海を合わせた順位で6位)事実を学ぶのです。
    ここで、「最南端が北回帰線よりも南にあるほど日本は広い」事実の方が、この領土を「岩礁」と称して矮小化する愚より、ずっと雑学的に「面白い」…と思うのですが、これは主観です(続きます)。

  27. SECRET: 0
    PASS:
    >ともさん
    一番のテレビ番組とは、嬉しいコメントでした。これからもブログを頑張りますので、宜しくお願いします。

  28. SECRET: 0
    PASS:
    こういうのを書かれると『あれはどうなる。これはどうなる』と言った質問があふれかえりそうなので、tsutomuさんがBlogに辟易としてしまいそうなのが不安材料なのですが……
    本題。
    後楽園球場での○×クイズでは福留さんが必ず解説を入れていた記憶があります。その解説文によってこの問題のとらえ方はずいぶんと変わるような気がします。
    番組内でどのような解説が行われたのかは、放送ライブラリー(横浜市)で公開されていない回でもあるので、知る由もありませんが、クレームが来なかったのはそのような事情もある気がします。

  29. SECRET: 0
    PASS:
    第6回からの大のウルトラクイズファンです。tsutomuさんのブログいつも楽しく拝見させて頂いています。今でも私の中で一番のテレビ番組です。これからも沢山のお話聞かせて下さいね\(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください