天空に現れる神秘の光は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、小中学校の義務教育で学習しますが、更に高校、大学と進むに連れて更に知識が増えるのは当然です。

義務教育以外は、クイズ問題としては「難問」と区別して、番組の後半で出題されるように配分していました。

即ち、前半よりも強い人が残っているので、強者同士の戦いに出題していたのです。

第7回のオルバニーで、やや難問と思われる問題が出されていましたので、ご紹介しましょう。

問・地球外から侵入してくる電子群や陽子群が、地球の大気に衝突した時に、超高層大気中に起こる発電現象は何?

答・オーロラ

解説 問題の言葉を聞くだけで、難解な問題と思い込む方も多いでしょうが、これは正に錯覚を狙ったものです。

 

 

 

 

落ち着いて聞けば、「超高層大気中に起こる発電現象」といえばオーロラ意外に有りません。

空に出る発電現象には「虹」が有りますが、これは超高層ではないので除外すればオーロラしかないので正解出来ますね。

オーロラは、北半球では北極の上に出ます。南米大陸ではアラスカ州で見る事が出来、我々も第12回でチャンスが有りました。

アラスカ州では、天気予報のように「オーロラ情報」が出されるのも土地柄で面白いですね。

日本では古く六百二十年、推古天皇の時代に「天に赤気(せっき)」が現れたと記録され、日本書紀に残されています。

この「赤気」は、その後も度々観測され1,957年には長野、東北地方、北海道などで観測された記録があるそうです。

オーロラを見るツアーとしては、アラスカ州やヨーロッパに北の地方スェーデンフィンランドへの旅も人気だそうです。

そんな費用を掛けなくても、運が良ければ日本でも見られるチャンスがあるので、運に任せる手もありますね。

本日の裏話は、自然現象のクイズ問題から「オーロラ」に付いて多少の知識のご紹介でした。

オーロラの語源は「女神様」というのも、神秘的で憧れの現象と言えますね。

そう言えばディズニーの「眠れる森の美女」の中にオーロラ姫が登場しますね。

女の子に取っては、誰でも一度は憧れる存在のオーロラ姫。でも近代は宇宙開発が盛んで、夢よりも科学に目が向いています。

科学の発達は結構ですが、人間には夢を見るのも大切な要素です。動物は夢を見ませんから人間の特権を生かしましょ~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください