世界の近代化・産業革命の主役たち

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本に限らず、世界の一般常識も知識として備えればクイズに勝ち残る可能性が高まります。

世界の一般常識も、日本の義務教育で学習するので、記憶力がしっかりしていれば、正解出来るはずです。

そこで第5回のサイパンで出された、世界の常識問題を振り返って見ましょう。

問・世界で初めて客車として蒸気機関車を走らせたのは誰?

答・スチーブンソン

解説 産業革命の当時、一八二五年にイギリスでロコモーション号を走らせたのが世界初の鉄道です。

最初の鉄道は、工業都市マンチェスターから貿易港リヴァプールまで、50kmをロコモーションが走ったのです。

18世紀後半より、イギリスでは、蒸気機関を中心とする産業技術上の変革、すなわち産業革命とよばれる変化が起きました。

経済の諸方面に多大な影響をおよぼし、社会生活の様相を根本的に変えていったのです。

産業革命は人間や物資の移動手段にも変革をもたらしました。綿工業は機械化され、大量の物資の輸送が可能となったのです。

道路運河の建設・整備を不可欠としましたが、とりわけ蒸気機関車鉄道蒸気船の登場は輸送量を増大させたのです。

石炭蒸気という新しい時代の訪れを世界の人々に印象付けた鉄道は貨物や乗客を運ぶ手段として、世の中を変えたのです。

この様な事実を並べると、スチーブンソンが近代化のスタート時点だったようですね。

勿論、産業革命には多くの発明家の功績がありますが、彼はその代表的な人物と言っても過言ではありません。

本日の裏話は、世界で初めて蒸気機関車を走らせた人物のクイズ問題から、産業革命について簡単にご紹介しました。

結論は地球が誕生以来、最も世の中が変化したのは、18世紀からの約350年から400年の間でしょうね。

でも、この間に国家と国家の戦争も近代化され、世の中が殺伐となったのも現実でしょう。

人間の知恵は限りなく発展しています。その知恵を平和な時代創りに使ってして欲しい。大天才の出現を神様に祈りたいです~。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください