自由の女神から派生した問題

アメリカ横断ウルトラクイズの第一問が「ニューヨークの自由の女神」関連の問題に定着してしまったために、クイズ問題作家は毎年、自由の女神問題の提出を義務付けられていました。

たった一つの銅像から、興味深い面白い情報を見つける、というのは至難の技と言えるかもしれません。

しかし、クイズ問題作家達は何かあるはずだ、と必死に考えさせられた訳で、随分頭を悩ませたことでしょう。

そうなると、「自由の女神」に関連して沢山のクイズ問題が作られてきます。

毎年、採用されるのは、第一問目のたった一個ですが、それだけでは労力の無駄になってしまうので、関連問題として採用される事がしばしばありました。

例えば第16回の機内ペーパークイズ400問の最初の問題がその代表例です。

ニューヨークの自由の女神像が完成した、1,886年に発表された小説は?

blog_import_53c3990095451

①赤毛のアン   ②ああ無情   ③小公子

解説

「小公子」はバーネット夫人が書いた児童文学の傑作と言われています。この作品は2度も映画化された他、アニメでも放送されているので知名度は抜群ですが、発表の年を問題にするというのは、マニアック過ぎます。

でも、クイズ作者は「自由の女神」が完成した1,886年に着目し、その年の出来事を年表で調べていた時に、「小公子」の出版に行きついたのだと思います。

その努力を評価し、関連問題として陽の目を見る事になったわけです。

我々は、一問でも多くのクイズ問題を完成させたいと思っていましたので、このような地道な調査からクイズ問題が生まれていたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください