諺の真実を探る?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、時にはクイズ作家に注文を出して創る場合がありました。

新聞や雑誌の記事に頼らず、自分の素朴な疑問を調べて問題に仕上げるのが理想、というお話を良くしていたのです。

問題作者と雑談の中で、日本人が好きな「諺」が話題になった事がありました。

学校のテストであれば、諺の持つ意味を問うのが普通でしょうね。

でも、クイズはテストとは異なり、面白味が無いと視聴者が喜んでくれません。

良く知られた諺の意味を問う以外で、クイズ問題に仕上げる事を宿題にした事があります。

その時に創られた問題が、第7回のグアムの○×問題に出題されています。

問・爪を隠す鷹はいない。

答・○

解説 諺には動物の習性を使った教えが沢山存在します。

「馬の耳に念仏」「猿も木から落ちる」などがその代表的な諺でしょうね。

「能ある鷹は爪を隠す」も良く使われる諺です。

「鷹」の画像検索結果

では、この諺は真実なのか? という点に着目した作家が調査して、実態を問題に仕上げたのです。

猫は爪を隠す事が出来るのですが、鷹はその様な動作が出来ない鳥と言う事が判明しました。

能ある鷹が、獲物を狙う時に爪を隠して相手を油断させ、突然襲うという事はないのです。

という事は、この諺は人間が想像で作った教えだったのです。

こうした素朴な疑問を追及する作業は、楽しくもあり、聞いた人にも興味が沸く面白い問題となったのでしょうね。

クイズの問題作者は、ノルマで苦しみながら、一方ネタ探しを楽しんでいたのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください