カテゴリー別アーカイブ: 未分類

オカマの今昔物語

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本人なら誰でも知っている知識ですから、知らない人は恥をかく事になります。

一般常識は、学校で習得するだけでなく社会生活で覚える事もあり、要は何事にも興味を持つのが良いようです。

第7回のグアムで行われた敗者復活戦で出された「○×」問題を見てみましょう。

問・江戸時代、オカマの侍の事を、内股侍と言った。〇か✖か?

答・✖

解説 何となくオカマの姿を連想して〇と答えそうですね。内股侍という言葉は、確かに存在しましたが意味が違います。

これは内股膏薬の侍で、二心(ふたこころ)ある侍。調子よく時と場合で心が変わる信用の出来ない侍という意味です。

オカマの侍も確かにいましたが、彼らの事は「男色」と呼んでおり織田信長と森蘭丸が有名ですね。

 

森蘭丸は、小姓として少年時代から信長に仕えました。美少年で気配りが良く、我儘な信長にも気に入られたのです。

信長には数人の小姓が居ましたが、蘭丸は一番のお気に入りで昼夜を共にしたため男色の噂が立ったのでしょう。

明智光秀の本能寺の変では、信長と最期を共にし、わずか一八歳で生涯を閉じたのです。

信長と森蘭丸の「男色」の噂は一例で、当時の武将にはこのような噂が当然のように数多くありました。

しかし、秘め事ですから「真実は闇の中」と言った方が正しいかも知れません。

この「性的偏見」は世界的にあり、現代では人格も認められ、芸能界にはこれを売り物にしてるタレントも増えています。

性的偏見は「男同士」「女同士」で愛し合っても良い、との事で世界的には結婚が許されている国も増えています。

本日の裏話は江戸時代のオカマに関するクイズ問題から、オカマの歴史を覗いて見ました。

結論です。人種差別は昔から問題がありました。でも今では男女の区別も差が無くなる等、人間は皆平等という事ですね。

確かに「生まれた時にはみんな裸」であり、これこそ平等の原点と言えるでしょう。

その点、我が国の政治家は「二世、三世議員」が多く、なんか変ですね~。という事は日本は変な国なのでしょーか、ウ~ン?

ユーチューブ通信

11月10日に第12回の罰ゲームとして、今だから話せる、題して「想定外・国境警備隊に拘束されちゃった」を紹介しました。驚きの事態なので、お楽しみください。

日本の工芸品のお話

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は小中学校で学習します。又この他に、社会生活で会得する事も多く、好奇心を持つことが必要ですね。

さて、第6回のワシントンの準決勝で出された日本人の一般常識の問題を見てみましょう。

問・秋田音頭に歌われている曲げわっぱとは何の事?

答・弁当箱

解説 薄板を曲げて作った容器で、山仕事や野良仕事をする人達が弁当箱として持ち歩いたのが始まりです。

今では山地の人達は弁当の事を「わっぱ飯」と表現するほど便利な容器となっています。

因みに現在では全国的に愛好者も増えていますが、秋田県大館市の特産品として知られています。

曲げわっぱ(まげわっぱ)は、スギヒノキなどの薄板を曲げて作られる円筒形の箱であり、本体とふたで一組になります。

木製の箱なので、米びつなどに使われ使われ全国各地で作られていました。但し、曲げわっぱ秋田県の呼称です。

地域により呼称は異なり、日本各地の伝統工芸品となっており、青森県藤崎町の「ひばの曲物」。

静岡県静岡市の「井川メンパ」、長野県塩尻市の木曽ヒノキを使用した「メンパ」などがあります。

本日の裏話は「曲げわっぱ」とは?のクイズ問題から、実は全国各地で同じような木製の箱があったとの話でした。

それにしても「曲げわっぱ」は日本人のち密さが解る、美しい工芸品には違いありません。

そこで結論です。コロナ騒動も大部収まりつつあるので、今や紅葉の季節、山が美しいですね。

日本人らしく「曲げわっぱ」にお弁当を詰めて、お出かけになる絶好のシーズンです。皆でストレスを発散、楽しみましょ~。

 

世界の近代化・産業革命の主役たち

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本に限らず、世界の一般常識も知識として備えればクイズに勝ち残る可能性が高まります。

世界の一般常識も、日本の義務教育で学習するので、記憶力がしっかりしていれば、正解出来るはずです。

そこで第5回のサイパンで出された、世界の常識問題を振り返って見ましょう。

問・世界で初めて客車として蒸気機関車を走らせたのは誰?

答・スチーブンソン

解説 産業革命の当時、一八二五年にイギリスでロコモーション号を走らせたのが世界初の鉄道です。

最初の鉄道は、工業都市マンチェスターから貿易港リヴァプールまで、50kmをロコモーションが走ったのです。

18世紀後半より、イギリスでは、蒸気機関を中心とする産業技術上の変革、すなわち産業革命とよばれる変化が起きました。

経済の諸方面に多大な影響をおよぼし、社会生活の様相を根本的に変えていったのです。

産業革命は人間や物資の移動手段にも変革をもたらしました。綿工業は機械化され、大量の物資の輸送が可能となったのです。

道路運河の建設・整備を不可欠としましたが、とりわけ蒸気機関車鉄道蒸気船の登場は輸送量を増大させたのです。

石炭蒸気という新しい時代の訪れを世界の人々に印象付けた鉄道は貨物や乗客を運ぶ手段として、世の中を変えたのです。

この様な事実を並べると、スチーブンソンが近代化のスタート時点だったようですね。

勿論、産業革命には多くの発明家の功績がありますが、彼はその代表的な人物と言っても過言ではありません。

本日の裏話は、世界で初めて蒸気機関車を走らせた人物のクイズ問題から、産業革命について簡単にご紹介しました。

結論は地球が誕生以来、最も世の中が変化したのは、18世紀からの約350年から400年の間でしょうね。

でも、この間に国家と国家の戦争も近代化され、世の中が殺伐となったのも現実でしょう。

人間の知恵は限りなく発展しています。その知恵を平和な時代創りに使ってして欲しい。大天才の出現を神様に祈りたいです~。

 

 

海は楽しいレジャーの場

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本人なら誰でも知っている知識です。従って知らなかったり忘れた人は「非常識」と呼ばれ兼ねません。

この「忘れ易い」問題を紹介しましょう。第14回のタヒチで出された問題でした。

問・陽に当たる権利は「日照権」と言いますが、海で泳いだり、魚を取ったりする権利を何という?

答・入浜権

解説 「入浜権」とは、「すべての国民が自由に立ち入り海水浴や魚介類の採取などを享受できる権利」を意味します。

従って、海水浴を楽しんだり海辺で釣りを楽しむのは自由という事ですね。

寺泊中央海水浴場

但し、海には漁師さんの生活を守る「漁業権」があり定置漁業権、区画漁業権及び共同漁業権の3種類があります。

即ち、アクアラング等、海底に潜るスポーツで漁師の仕事に関する魚を採ったり、さざえ等の貝類を取る事は禁じられています。

つまり、これは漁師さん達の仕事を邪魔する行為なので、違反すると罰せられる場合もあるので注意する必要があります。

日本は島国で、海辺に近い場所に住む人も大勢います。また、山に近い人も海への憧れがありレジャーで海へ行きますね。

日本人は海へ行く機会が多いだけに、この「入り浜権」は一般常識として知っている必要があるようです。

本日の裏話は、海で泳いだり釣りをしたり、この権利に付いてのクイズ問題から「入浜権」の解説をしました。

最近の二年は、コロナ騒動のために海水浴を楽しむ場所も少なかったですね。

結論は「コロナ騒動」を終わりにして、自由な生活が出来る日が一日も早く来ることを望みます。

こんな決まり文句いい加減に終わりたいのですが嫌ですね~。

 

地球の温暖化の心配は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識とは言え、小中学校で学習する知識と更に高校、大学など高度の教育で習得する知識も含まれる事があります。

クイズ問題の分類では、高度の教育で習得する知識は「やや難問」として、決勝戦に近い場所で出されていました。

第11回のバッドランドで出された「やや難問」の問題を見てみましょう。

問・乾燥した空気の成分は大部分がチッ素。次が酸素。ではその次に多い成分は何?

答・アルゴン

解説 チッ素七八パーセント、酸素二一パーセント、アルゴン一パーセント弱で以下はネオン、ヘリウム、メタンと続きます。

これは誰もが知るべき一般常識の範疇では有りません。知らなくても日常生活には支障はない知識かも知れません。

でも、クイズは知識を競うゲームなので、勝ち残るためにはこうした専門分野の知識も勉強する人も居るのですね。

毎回、決勝戦に進む二人はこうした問題にも自信をもって早押しボタンを押していた姿を思い出します。

処で、クイズ問題の空気の成分に関しては、最近は地球の温暖化問題で一般人も興味を持つようになりました。

 

 

温暖化は、間違いなく自然現象ではなく人類の工業化による汚染である事は解っています。

これを少なくする国際条約がありますが、アメリカ、中国などの大国が条約を守れないようで困った問題です。

温暖化がこのまま進むと北極の氷山が解け、世界の海水が増え、島国が消えて無くなる可能性もあります。

日本も島国ですから、面積が減るという試算も出されています。そんなことにならないよう、人類の危機を考えて欲しいですね。

本日の裏話は、空気の成分のクイズ問題から、人類の将来の心配まで話が進んでしまいました。

結論です。人の性格には「心配性」という言葉があるように、余計な心配はしない方が無難ですね。

人間は歳を取ると「余計な心配」をするようですが、私は楽天家を自認しているので、世の中はなるようになるさ~、大丈夫!