子供を思う親心のお話です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語の語源を問う問題が時々出て来ます。

語源は、その意味を理解して使うのと、知らずに使うのでは同じ言葉でも、大きな隔たりがあるのは当然ですね。

良く使う言葉でも、語源を知って使うと意味合いが深まり、心が通じるもので言葉とは面白い性格があります。

そんな語源の典型的な問題が、第12回のサンパウロで出されていました。

問・俗に、親が大切に育てた娘は何に入っている?

答・箱

解説 外国人が聞いて「娘を箱に入れて育てる」となると「それは虐待だ」と誤解されそうな日本独特の表現ですね。

語源の基は江戸時代の商人の感覚です。

大切な品物は、誤って傷が付かないように箱に入れて「保管」したり「運んだり」していました。

特に大切なものは「桐の箱」に入れ、高級感を演出しますね。この様に「箱入り」とは大切な物の比喩として使われた言葉です。

別に、娘を箱に閉じ込める訳ではなく、箱に入れたいくらい大切に育てた、との親心の表れでこの言葉が使われていました。

逆に、息子の場合「箱入り息子」と言わないのは何故でしょう?

多分、男は跡取りとして大切どころか厳しく育てなければロクな者にならない、との親心でしょうね。

時代劇でも、甘やかされて育った息子は奉公人に「馬鹿旦那」と呼ばれ、放蕩息子に成り下がっています。

だから息子は、奉公人と区別なく厳しく育て立派な跡取りに育て上げたのでしょう。

大切な物を「箱に入れる」習慣は現代にも残っており、特にブランド品は箱のデザインまで有名デザイナーが担当します。

一方、資源の無駄を省こうとの動きが世界的に広まり、包装や梱包を簡略化しようとの運動も活発になっています。

木製、プラスチック、段ボールなど様々ですが、箱の運命も時代と共に変化しています。

近い将来、箱などと言う無駄なものは要らない!と言う時代が来るかもしれません。

本日の裏話は、娘と息子に関して箱に入れたいのはどっち? 親心の違いを江戸時代の親を例に考えて見ました。

 

 

長壽のもとは枝豆から?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本人の常識として、生活習慣を問う問題が多々ありました。

日本人の大好きな習慣に、夏の夕方ビールを飲むという人が多いですね。そんな時のつまみは枝豆と相場が決まっています。

ところで、この枝豆に関して人々はどの位の知識を持っているのでしょうか?

実は、知ったらビックリする様な事実があり、それがクイズ問題になった事がありました。

第11回のデビルスタワーでの問題です。

問・枝豆が熟したものを何という?

答・大豆

解説 あの柔らかい食感の枝豆と、硬い大豆が同じものと知っている人はどのくらいいるでしょうか?

農家の方なら当然知っている常識でしょうが、一般人にはイメージとして結び付かないのが普通と言えるでしょう。

クイズ問題の選考会議でも、この問題に「そら豆」「サヤエンドウ」の他「なた豆」と答えたスタッフもいました。

枝豆はその後大きく成長し、なた豆になるだろうとの意見でしたが、会議では爆笑を買って問題は成立しました。

この位、解答が分かれるなら面白い問題だ、との判断です。

枝豆はそのまま育てるとやがて枯れ、更に乾燥して収穫の時期には硬い大豆に変身するのだそうです。

大豆は、粉にして「きな粉」に変身する他、納豆、豆腐など重要な蛋白源として、食生活に貢献しています。

昔から大豆は畑の肉と呼ばれ、健康に役立つ蛋白源として知られていました。

味噌、醤油など和食には欠かせない原料ですね。

そう考えると、日本人が世界一の長寿国になったのも大豆のお蔭かも知れません。

本日の裏話は、枝豆の話から発展して、大豆こそは健康維持と増進の源である事が解ってきました。

そこで結論! 早く来い来いビールに枝豆の季節。日本人でこの組み合わせが嫌いな人はいませんよね。

 

日本人は美味しい米が大好き

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本人の常識でありながら、実はハッキリと知らない事があります。

我々は知っていそうで、実は確実な知識になっていない事柄を探して、クイズ問題を創っていました。

中でも2者択一の問題は、知識として曖昧な事象が多く〇×クイズには適していました。

日本人の主食である「お米」に関する知識は、常識のようですが実は、曖昧な点も多いのですね。

第10回の1次予選、後楽園球場で次の問題がありました。

問・お米をつくる時は必ず農林水産省に届けでなければならない。〇か✖か?

答・×

解説 世の中には自給自足で、自分たちが食べるお米を自分の畑で作っている方も沢山います。

このような皆さんは、別にお役所に届ける必要はありません。

この問題は、農家のみなさんなら簡単に正解出来る超易しい問題かも知れません。

お米に関して、監督官庁に届けるのは売買をする時と決められています。

これに関しては「米穀の出荷又は販売に関する法律」があり、細則が定められています。

法律なので、違反をすれば当然罰則もあります。とはいえ自給自足でお米を栽培している方は何も心配はありません。

最近は、お米よりもパン食との若い人も増えていますが、しかし炊き立てのご飯を嫌いな日本人は滅多にいません。

また、災害などが起こった場合、炊き出しの「おにぎり」が定番ですが、これを食べている時の笑顔は実に嬉しそうです。

本日の裏話は、日本人の主食はやっぱりお米ですとの思いで、米に関する雑学の一端をご紹介しました。

日本の年号は難しい

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、今年の問題としても「旬」なクイズがありました。

平成は今年で終わり、新天皇が即位すると新しい元号が始まります。新しい元号はどの様な漢字が組み合わさるのでしょう?

何れにしても、国民の関心が高まっている事だけは確かですね。

その元号に関する問題が、第5回のハワイで出されていました。

問・日本で一番古い年号は「大化」である。〇か✖か?

答・〇

解説 日本独特の年号で、西暦645年に付けられた「大化」が日本初です。時の天皇は第36代・孝徳天皇でした。

大化は645年~650年と僅か5年でしたが、日本の歴史に大きな変革をもたらした事で知られています。

それは646年に宮中で起きた曽我入鹿暗殺事件です。当時、天皇をないがしろに権勢を誇っていた蘇我一族を滅亡させたのです。

事件の立役者は中大兄皇子、中臣鎌足の2人でこの事件を切っ掛けに、日本の政治が大転換しました。

これを名付けて「大化の改新」といいますね。日本の義務教育では、歴史の時間に必ず勉強する常識と言えるでしょう。

因みに天皇の在位期間を調べて見ると、一位は124代の昭和天皇で、62年2週間でした。

その間に、第2次世界大戦という惨劇を体験、その後は焼け野原になった日本を近代国家へ復興させるなど、ご苦労は大変でした。

今生天皇は、在位期間は31年4カ月で譲位され、今後の呼称は「上皇陛下」となるそうです。

平成時代は、戦争のない平和な時代であり、上皇陛下・美智子妃殿下の功績は末永く讃えられる事でしょう。

本日の裏話は、今年は年号が新しくなるため、日本独自の年号について、歴史の一端を覗いてみました。

 

簡単なフランス料理

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、料理に関する問題が多数ありました。

世の中は、グルメブームと呼ばれて数十年、老若男女問わず美味しい食べ物は大好きです。

テレビではワイドショーは当然として、ニュース番組でも全国各地のグルメ情報をあの手この手と工夫を凝らし放送しています。

従って、女性に限らず男性でも、料理学校に通うなど料理に関する知識は、今や一般人の常識とさえ言われています。

そんな料理の、基本的な知識を問う問題がありました。

第7回のレイクパウエルで、フランス料理に関する初歩的な問題が出されました。

問・フランス料理で魚のバター焼き料理を何という?

答・ムニエル

解説 魚に塩、胡椒などの調味料で下味を付け、小麦粉をまぶしてフライパンで焼いたものです。

舌平目やスズキなど、白身の魚がよく用いられ、両面をこんがり焼くのがコツと言われます。

レモンソースやバルサミコソースなどをかけると風味が出て、美味しく召し上がることが出来ます。

フランス料理と聞くと、難しそうに感じますが、ムニエルは初心者にも簡単に出来るので、挑戦してみると良いでしょう。

年の初めに「今年の目標!」を決める方がいますが、得意な料理を作るというのも、家族や友人に喜ばれる特技ですよ。

その意味では、ムニエルは簡単でグルメ通のようなイメージがする恰好の料理かも知れません。

本日の裏話は、今年の目標として、得意な料理を一品作ろうとの提案でした。それにはムニエルが結構行けそうですよ。