お隣さんとの仲好は難しい❓

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、今年の問題としても「旬」と言える設問が時々あります。

第7回ですから昭和58年、35年前にニューヨークの決勝戦で出された問題です。

問・国家と国家の緊張緩和を示す〈ゆるみ〉という意味のフランス語は?

答・デタント

解説 国際関係に於ける緊張緩和を、このような言葉で世界的に通用する単語となっています。

処で、世界を見渡すと緊張関係にある国は、常に存在し中東では戦争が無い時代が存在しないくらいですね。

日本と緊張関係にあるのは、中国・北朝鮮でしたが、今月になってから韓国がその仲間入りをしました。

戦時中に日本の工場で強制的に徴用された元徴用工の韓国人が日本企業に損害賠償を求めて告訴していました。

この問題は、半世紀も前に日韓共同で協議を行い、全て解決済として、平和条約が締結されているのです。

また、前・朴うね大統領の時代に慰安婦問題で、韓国、アメリカ各地で慰安婦像を建て日韓が緊張状態になりました。

それに加えて、今度は徴用工裁判で10月30日、韓国の最高裁判所が賠償を命じる判決を言い渡したのです。

こうなっては、日本国民として認める訳には行きません。国際法を無視した蛮行として、日本人は怒って当たり前です。

正に、日韓両国には「デタント」が必要になっているのです。

お隣さんとは仲良く暮らすのが理想ですが、現実は理想通りには行かないものなのですね。

本日の裏話は、クイズ問題から理想と現実のギャップを暴くお話になってしまいました。

個人的には、韓流ドラマ大好きな叔母ちゃま、韓流アイドルに夢中な若者などが多いですね。

また、老若男女を問わず焼肉はみんな大好き! 個人としては嫌う必要のない人も多く、そこが救いと言えそうです。

 

考えが及ばない盲点を探す

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、人々が興味を持っていそうで、実は見逃されている事があります。

一般に盲点と呼ばれ、知らなくて当たり前。知ったところで何の役にも立たない、そんな中に我々は面白さを探していました。

地球儀を見ると、世界の国々がどの辺りにあり、昔から戦っていた地域やその理由が漠然と想像出来ます。

また、何でヨーロッパの船が東洋へやってくるのに、アフリカの先端(喜望峰)回ってくるのかも解りますね。

コロンブスが喜望峰、マゼラン海峡を回って辿り着いた島をインドと勘違い。地球の全体像を理解していなかったからです。

地球の全体像を知っていれば、大西洋を渡るだけで、簡単に南北アメリカ大陸に辿り着けたはずでした。

大航海時代には、ヨーロッパ各国の航海士は大西洋の対岸にあのように大きな大陸がある事を知らなかったのですね。

東洋へは地中海経由では、スエズ運河も出来ていない時代ですから、あえて遠い海を航海してやってきた訳です。

それでも東洋、特にジパング(日本)は黄金の国と呼ばれ、大航海時代には、オランダやスペインから商団がやってきました。

そんな中、1,543年ポルトガルの商船が種子島に漂着し、火縄銃が日本に伝来、我々は年号の記憶を以後死惨と覚えました。

何故なら、織田信長が戦いに火縄銃を使用、戦国武将の戦いの形式が一気に変貌、死惨な状況になったからです。

地球儀を眺めながら、これらの歴史的出来事を、各々の知識の中で想像する事が出来ます。

しかし、そんな皆さんもまさか考えないであろう問題が、第8回のキーウエストで出されていました。

問・地球上の海の広さは地球の全表面積の何割?

答・7割

解説 海が7に対して陸が3、これが大まかな地球の配分と言われています。

因みに北半球では約6割、南半球では約8割が海で占められているそうです。

それにしても、海と陸の割合は今が限界で、これ以上海の割合が増えると、沈んでしまう島国が多数出てきます。

南太平洋では、何年も前から島民がオーストラリアへ避難を開始している島が多数有るそうです。

こうした状況を予見して、今から21年前に京都で開かれた地球温暖化防止京都会議で議決した「京都議定書」があります。

先進国が排出する二酸化炭素などを減らす取り決めですが、これも大量に出す国々が、様々な理由で脱退するなど困難続きです。

今年の異常気象も、実は自然災害というよりは、地球温暖化の人災だとの説が強くなっています。

それにしても、コロンブスを初め、マゼラン、或は太平洋を3度も航海しハワイ諸島やオーストラリアを発見したクック船長など、名のある航海士は、地球が丸い事を知らなかったのか?

疑問が湧いて来ますね。同じ時代に生きたガリレオ・ガリレイは地球は丸いとの説を唱えていました。

天文学の父と呼ばれる彼は、地球も宇宙に浮かぶ星の一つで、丸いのだとの説を曲げず囚われの身となりました。

「それでも地球は丸い」は、ガリレオ・ガリレイの辞世の言葉として有名です。

航海士達の誰かが、大西洋を進んでいれば対岸に南北アメリカ大陸がある事を知り、世界史も変わった事でしょう。

地球儀を眺めながら様々な盲点を探し、思いつく出来事を羅列してみました。

島国の日本が、将来海に沈んで消える事はありませんが、現実に危機を迎えている国が在る事も事実です

本日の裏話は、地球に危機が迫っている事を考えさせる内容でしたが、空想ではなく真実なのが怖いですね。

 

 

 

日本語の成り立ちは面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語の成り立ち、語源など言葉に関する問題がありました。

普通の会話で使われている言葉も、その語源や成り立ちを知ると、言葉の使い方にも味わいが出てきます。

その典型的な言葉の問題が、第8回のインディアナポリスで出されていました。

問・城の表門は大手門。では裏門は何?

答・からめて

解説 東京では、大手門のある側の街名が大手町と呼ばれ、ビジネス街の中心地になっています。

この現状を想像して、反対側の門を「半蔵門」と考えた人もいたかもしれませんね。

江戸城の場合を考えると、そんな過ちになり、実は問題セレクト会議で「半蔵門」と答えて爆笑を買ったスタッフがいたのです。

実際の現場では、このような誤答はありませんでしたが「からめて」が城の裏門とは初耳だった人も多い事でしょう。

日本語の辞書によれば「搦め手」と漢字で表現。城の裏門、敵の背後。また、そこを攻める軍勢の事を指します。

それが転じて、攻めやすい側面、弱点や注意の届かぬ部分との意味で使われるようになった言葉なのです。

普段の会話では、あまり使われない言葉ですが、でも難しい言葉を多用するビジネスの世界では、結構使われているようです。

「〇〇さんが弱点だ。彼をからめてとして攻めろ!」のような使われ方のドラマがありました。

本日の裏話は、日本語の難しさと面白さに関してのお話でした。