日本の伝統、茶道の今は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、誰でも知っている常識ですから知らない人は「非常識」と呼ばれるので、知識を蓄積しなければ恥をかきます。

とは言え、知っているようで知らない事象も結構あります。我々は、そんな盲点を探し問題を作る事もありました。

第3回のグランドキャニオンで、知っていそうで知らない人も居る盲点の問題がありました。

問・「湯加減はいかが?」と言えば風呂のお湯の具合。では、服加減と言えば何の味加減?

答・茶・抹茶

解説 日本の伝統芸「茶道」では、茶の温度、濃淡などの加減を訊ねる言葉として使われます。

茶道は千利休を元祖として発展したものですが、最初は相手を感服させたㇼ、ある種の心理闘争の場であったようです。

戦国の武将達が強く惹かれていったのも、実践の場で役立つ心理的な駆け引きの術として学んでいたようです。

歴史的には織田信長が「茶の湯」に熱を入れ、千利休を厚遇したのはドラマなどで知られています。

本来は「茶の湯」の作法だけに限らず、人間の道徳や正しい生き方を習得する場として、嫁入り前の女性の習い事でした。

勿論、女性だけに限らず男性でも茶道の精神を学ぼうとする人も多く、日本の伝統芸となっていました。

因みに、日本の茶道人口は10年前には四百万人も居ました。しかし残念ながら、2,018年には半分近い220万人に減少です。

確かに、昭和や平成前期に比べ若い女性の考え方も変化しているので、伝統芸は古いとの人も増えているのかも知れません。

本日の裏話は、茶の湯のクイズ問題からその源流の話にまで及んでしまいました。

日本には伝統的な古い建造物を始め、文学、芸能、芸事などが数多くあり文化国家としての誇りを保っています。

その意味では、日本古来の「茶道」は末永く続いて欲しい文化と言っても良いでしょう。

新しい流行も結構ですが、反面には古いものも大切にしたい、との気持ちも残して欲しいです。お年寄りも大切に頼みますよ~。

 

 

長編小説の歴史は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

今日は子供の日なので、どんな子供に育って欲しいか? 親の気持ちを代弁するような問題を探してみました。

第2回のレイでは、美男の代表とされる歌人は?

答・在原業平

解説 六歌仙の一人に数えられる平安時代の歌人です。「伊勢物語」は、業平の自由奔放な生活を描いた物語。

今的に表現すれば、イケメンの彼は歌人としても才能を発揮、プレイ・ボーイとして女性を泣かせた男といったところです。

世の親としては、自分の子供が美男・美女に育ってくれるのは理想ですが、業平のような遊び人は御免ですね。

紫式部の「源氏物語」も平安時代の長編小説で、主人公はイケメンのプレイ・ボーイ光源氏です。

彼も容姿端麗に生まれ、「源氏物語」は恋愛と没落を描いた作品で、歴史的には日本初の長編小説となっています。

古来の日本の小説は「伊勢物語」「源氏物語」も男女の恋愛を描いた小説でした。

共に貴族社会の話で、閑を持て余した上流階級は、士農工商の一般国民とは異なる生活をしていた事が解ります。

本日の裏話は、古代の小説のクイズ問題から、昔の物語は「恋愛小説」が主流だったとのお話でした。

現代では小説の分野も多岐にわたり、その他に映画、芝居、テレビ・ドラマなど娯楽も千差万別です。

「コロナ騒動」で、閑はたっぷりありますが外出は禁止状態です。本を読むかテレビを観るか、選択肢は狭いので困りもの。

そこで結論。元のような自由気ままな生活が懐かしいですね。毎度お馴染みの締めで恐縮です。良い言葉を忘れゴメンなさ~い。

番組開始、最初の問題は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

このブログでは、毎回クイズ問題を振り返って「今だから話せる裏話」を書いて来ました。

では、番組がスタートした最初の問題は? と思う方が多分いることでしょう。

そこで本日は、第1回の最初のクイズ問題を振り返って、当時の状況をご紹介したいと思います。

昭和五二年のスタートですから、四〇年も前の出来事であり記録は全て残されているので正確な報告が出来ます。

第一次予選は、後楽園球場を借り切るほどの大番組では有りません。そこで内野席を借り切ってのスタートでした。

球場ではジャイアンツの試合がある為、選手が練習している中での〇✖の札を上げての開始でした。

全国から集まった挑戦者は四〇四名。この中で八〇名が第一次予選を通過するという戦いです。

その記念するべき第一問目は?

問・上野動物園のパンダ夫婦の名はリンリンとランランである。〇か✖か?

答・✖

解説 カンカンとランラン。その後昭和五四年九月のランランが死亡。翌年の一月に新婦のホアンホアンがやって来たのです。

因みに「リンリンとランラン」は、当時双子の女性アイドルが存在したので、勘違い問題でした。

この問題は、四〇四名の中で三八〇名が正解し、一次予選の八〇名に入ろうと懸命の戦いが始まったのです。

因みに第二問目は?

問・巨人軍長嶋監督の背番号は「3」である。

答・✖ 3は現役時代で、目の前でノックをしていた監督の背番号は90で三八〇名中一三名が脱落しました。

MCの福留さんも、「目の前で監督の背番号が見えるでしょ」と冷やかし爆笑を買ったものです。

こんな長閑なスタートでしたが、第一回の放送があると爆発的な視聴率を上げ、即第二回が放送される事になったのです。

二回目からはご存知のように、第一問は球場の外に張り出され〇と思えば内野席、罰と思えば外野席の形式になりました。

球場の外で問題が解るので、「何処で調べても良いです」と挑戦者に挑戦状を突きつけた方式になりました。

但し、何処で調べても正解が解らない「自由の女神」の問題になったのです。

そのため、アメリカ大使館に電話で問い合わせをする人間も居ましたが、日曜日なので電話には出てくれません。

その後、「自由の女神」問題が固定され、問題を創る我々も苦労する事になり笑えない状態が毎年続いたのです。

本日の裏話は、ウルトラクイズの第一回目の第一問の問題を振り返り、その当時の懐かしい状況をご紹介しました。

諺で「一〇年一昔」の言葉がありますが、我々の番組は「四〇年四つ昔」の古い話です。

でも、そんな話を毎回読んで下さる皆さんに、心よりの感謝を申し上げると共に、まだまだ気力の続く限り頑張ります。

本日は、読者の皆様への感謝の気持ちをお伝えした次第です。