偽物にご注意を

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、誰でも知っている知識です。だが、中には忘れている人もいるので、咄嗟に思い出せない人もいるかも知れません。

そこで、忘れた人も思い出せるか?日本語の問題をご紹介しましょう。第14回のレバノンで出された問題です。

問・反対語。「創業」の反対は「廃業」。では、他人の真似をする「模倣」の反対は?

答・創造

解説 「模倣」は、絵画や彫刻など芸術作品に多いですね。音楽の詩でも、一定の量が模倣だと「盗作」と判断されます。

 

この様な「模倣」を防ぐために、著作権という法律が出来、世界の国がこれに参加し模倣を防ぐ事に努力しています。

とは言え、世界の著作権協会に参加しない国もあって、その様な国で偽物の衣料、装飾品、バッグなどが生産されています。

日本では税関で、他国から偽物が輸入されないように監視されていますが、中には密輸する連中もいて偽物を買う人もいます。

これを防ぐのは、信用のある店舗で買うか、外国旅行の時に専門店で買うのが一番でしょうね。

自分が本物と思って使用していたブランド品が、他人から「偽物よ」と指摘されたりしたらこんな恥ずかしい事は有りません。

本日の裏話は、反対語のクイズ問題から「模倣」という日本語の話になってしまいました。

結論です。本物は何でも価格が高い。偽物は安い、この値段の差が判別の分かれ道です。

日本の諺に有りますね。「安物買の銭失い」って。昔の人は良い諺を残しました。だから、お年寄りの言葉を信じましょ~、ネ。

近代日本文学は楽しいデスよ~

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本人なら誰でも知っている知識です。知識の幅は、年齢によって多少の差はあるがクイズファンには差はない筈と言えます。

そこで第11回のグアムで出された、クイズ問題をご紹介しましょう。「深夜のトレード・早押しクイズ」の問題です。

グッスリ眠っている処を起こされ、突然クイズですから、寝惚けマナコの人もいる時の問題でした。

問・夏目漱石の小説「坊ちゃん」の冒頭の一節です。「親ゆずりの無鉄砲で、子供の時から何ばかりしている?

答・損

解説 漱石は明治二八年、四国の高松中学に英語教師として赴任。「坊ちゃん」はその時の経験を基に書かれた作品です。

 

 

登場する人物の描写が滑稽で、わんぱく坊主のいたずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、学校内の物語です。

因みに主な登場人物を紹介してみましょう。

山嵐。数学の教師で、会津生まれで正義感が強いのが特徴。坊ちゃんの協力者で相棒的な活躍をする。

赤シャツ。帝大卒の文学士で物腰は柔らかだが、陰湿な性格。坊ちゃんと山嵐に嫌われている。

野太鼓。画の教師で赤シャツの腰巾着。東京生まれで坊ちゃんの大敵的存在。赤シャツと共に芸者遊びが好きな放蕩者。

うらなり。英語教師で消極的な性格。マドンナの婚約者だったが山嵐と並んで坊ちゃんの理解者でもある。

これ等の登場人物が、痴情のもつれあり義理人情あり、大衆的で漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている作品です。

漱石は、その後朝日新聞の記者となり、次々と小説を発表した日本の近代・小説家の先駆け的存在と言えるでしょう。

門弟も数多く、芥川龍之介も漱石の門下生だったという話は有名です。

本日の裏話は、夏目漱石の「坊ちゃん」に関するクイズ問題から「坊ちゃん」の内容に少々触れてご紹介しました。

漱石自身は、近代小説の先駆け的な人物だけに、読者も多く教科書にも登場する我が国の代表的な小説家と言えるでしょう。

これからは「秋の夜長」のシーズンです。時には懐かしい漱石の作品を読み直してみるのも良い過ごし方かも知れませんね~。

美術の秋、到来で~す

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本人であれば、小中学校の義務教育で学習するのが、一般常識です。従ってクイズ問題としては易しい部類の問題です。

第10回のチチカカ湖で、易しい部類の問題が出され、挑戦者は競って早押しボタンを押しました。

問・洋画家、黒田清輝の描いた「湖畔」。モデルの女性が着ているものは何?

答・浴衣(ゆかた)

解説 黒田清輝は明治時代の洋画家で、「湖畔」は一八九二年の作品です。

 

 

当時二三歳の照子夫人をモデルに箱根の芦ノ湖畔で描かれた作品で、洋画家としては珍しく日本調の作品として有名です。

解答で「和服又は着物」の場合は、誤答と判定する事になっていました。

理由は、夏の涼しい「浴衣」という固有名詞があるので、湖畔の雰囲気からも夕涼みの風景なので、厳密にしていた訳です。

本日の裏話は、日本の代表的な画家のクイズ問題で、義務教育の美術で学んだ常識問題でした。

因みに、黒田清輝の有名な作品は「湖畔」の他、油絵の「ポプラの黄葉」などがあり、複製画が売れているそうです。

今や秋たけなわ、「食欲の秋」と並んで「美術の秋」とも言われています。

暑さ、寒さも彼岸までの彼岸も過ぎたので、時には美術館へ足を運ぶのもいかがですか?

マスクを忘れず静かに鑑賞しましょう。癒される良い時間を~。